TOP > 軽自動車のデメリット(目次) > 燃費が悪いものもある

軽自動車は燃費が悪いものもある

軽自動車燃費悪い

軽自動車には売りになる要素がいくつもありますが、その中でも非常に大きなものが燃費の良さです。

最近の軽自動車は燃費が非常に良くなっており、第三のエコカーなどとも言われるほどです。燃費が向上すれば維持費は確実に安くなるため、燃費の良さから軽自動車を選ぶ人が多いです。

しかし、軽自動車だからといって、必ず燃費がよいかといえばそうではありません。確かに、燃費がよい軽自動車がたくさん開発されていますが、燃費がそれほど良くない軽自動車もあります。そのことについて解説していきます。

サイズが大きい車種は燃費面で不利!

軽自動車はエンジンが660ccまでと決められております。

どれだけ車体を重くしようが、ボディサイズを規格内ギリギリまで大きくしようが、エンジンは660ccまでです。

しかし走行性能はできるだけ下げたくないので、同じ660ccでも、エンジンを調整したり、ターボを付けてみたりしますが、元が660ccしかないため、どうしてもエンジンを多く回転させて、無理やり力をださせるしかありません。

そのためエンジンが多く回転するので当然ガソリンも多く消費します。軽自動車は普通車に比べて、一般的にエンジンの回転数が高い(高回転型)です。

かといって、軽自動車は燃費がすごく悪いのかといわれれば、決してそうではありません! 軽自動車には”軽さ”という長所があるのです。

軽自動車で一番燃費がいいのは現在”スズキ アルト”です。ロングセラーの軽自動車の定番ですが、燃費が37.0km/Lという驚異の燃費を実現しています!

燃費に幅があるのは、グレードによって燃費も違うからです。アルトの車体重量は610kgです。

一方、他メーカーの軽自動車でいかにも燃費が悪そうな、”ダイハツ アトレーワゴン”で見てみましょう!燃費13.4km/L〜 15.2km/Lで、車体重量が970kgです。

いかがでしょうか?

同じ660ccのエンジンでも、重量が300kg以上も違うと、燃費も倍以上変わってくるのです!

ちなみにここで掲載している燃費は、カタログに載っている燃費ですので、実際は5〜10kmほど燃費は悪くなります。

まとめますと、軽自動車も普通車と同じように、燃費がいいものもあれば、悪いものもある。基本的には車体が大きく重いほど、燃費も悪くなるということです。

カタログの燃費は正しいか?

2014年は一時期ガソリン価格が160円/Lを超えたこともありましたが、最近(2015年12月現在)では120円/Lを下回っており、ガソリン価格がどんどん安くなっています。

しかし、そのような中でも、やはり燃費は良いに越したことはありません。軽自動車を選ぶ大きな理由の一つは、燃費の良さが必ず挙げられます。

軽自動車のカタログなどを見ると燃費が記載されていますが、実際に燃費を測ってみると、どうしてもカタログに記載されている燃費を下回ってしまうことがあります。

カタログに記載されている燃費と実際の燃費に差があるのは、昔からしばしば問題として挙げられることですが、なぜここまで違いが出るのかといえば、メーカーが燃費テスト方法として使用している「JC08モード」に電装品の使用が考慮されていないからなのです。

これはどういうことかというと、実際に自動車を運転しているときは、ほとんどの方がエアコンやカーナビ、オーディオなどを使用しているのに対し、「JC08モード」の検査をする時にはこれらの電源はOFFの状態にして検査しているのです。

電装品を使用している場合とそうでない場合では燃費は15〜20%もの差が生じると言われています。

維持費の安さが最大の武器である軽自動車なのですから、今後は新しい検査方法を導入してカタログ値と実際の燃費が近い数値になってくれるとユーザーとしてはわかりやすく嬉しい限りですが、今のところそのような気配はありません。

カタログを見るときには、カタログに記載されている燃費を安易に信じるのではなく、その値よりも20%ほど低い燃費が実際の燃費になると考えておきましょう。

もっとも、そのことを考慮したとしても、最近の軽自動車は燃費が飛躍的に向上していることは疑いのない事実です。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.