TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > スバル ステラカスタムとダイハツ ムーヴカスタム徹底比較!

スバル ステラカスタムとダイハツ ムーヴカスタム徹底比較!

ステラカスタム ムーヴカスタム

軽自動車のスタンダードを変えたトールワゴンは、オールラウンドな用途に適応する機能を持っていることから万人向けの車種といえます。特に小さな子供のいる家族では、ファーストカーとしても十分に利用できることから購買層の中心となりました。

メーカー側もトールワゴンに小さな子供や女性の快適性を重視したデザインや装備を充実させてきましたが、それでは男性の購買層を惹きつけることはできません。そこでトールワゴンの基幹モデルを男性向けに改造、派生車種として販売したのがカスタムモデルです。

ここではカスタムモデルとして人気を集めているステラカスタムとムーヴカスタムのデザイン性、インテリア、走行性能について検証と比較を行います。

ヘキサゴングリルを装着したステラカスタム!

ステラカスタム ムーヴカスタム
ステラカスタムとムーヴカスタムのエクステリア
ロアグリルやバンパー両サイドに変更点が見られる。
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1630mm
ホイールベース:2455mm
車両重量:820kg
最小回転半径:4.4m

スバルはトヨタのグループ企業となってから軽自動車の自社開発を行っておらず、販売している車種はすべて同じグループ企業であるダイハツからのOEM供給となっています。

ステラカスタムもムーヴカスタムのOEMなので、フロントグリルのデザインを除いてまったくの同一車種となります。

OEM関係では、供給される側がデザインを変更するとコストがかかってしまい利益率が低くなってしまうので、変更点はメーカーのバッジエンブレムを交換する程度で終わってしまうのですが、スバルはあえてフロントマスクを変え、スバルらしい軽自動車に仕上げています。

3連のヘッドライトと、それを囲むLEDランプ、ラジエーターグリルまではムーヴカスタムと同じですが、その下のロアグリルが大きな変更点で、ステラカスタムはスバル全車のアイコンとなっている六角形のヘキサゴンデザインを採用、ブラック塗装のバンパーが内蔵されていますが、見た目には大口径となり、押し出しの強いマスクとなりました。

またフロントバンパーサイドのフォグランプ位置はムーヴカスタムと同じですが、フロントフェンダーから伸びたラインをヘキサゴングリル下部とつなげてシャープなイメージも与えています。

カスタム系の多くは基幹車種のフロントマスク変更だけで、フロントピラーから後部の変更は、サイドスカートやリアスポイラーといったエアロパーツの装着やリアコンビネーションランプのクリア化などに留まります。

このステラカスタムとムーヴカスタムも例外ではなく、アルミホイールのデザイン変更はありますが、エクステリアは基幹車種ムーヴそのままです。

コストが高くなるのは分かりますが、やはりカスタムであるならばボディサイドにキャラクターラインを追加するなど、基幹車種と違うイメージが欲しいところです。

ブラックで統一したインテリアはゴージャスなイメージ!

ステラカスタム ムーヴカスタム
ステラカスタムとムーヴカスタムのインテリア
インフォメーションディスプレイは安全性、利便性、メンテナンス時期、使用者の記念日など多彩な情報を表示する。
車内長:2080mm
車内幅:1320mm
車内高:1280mm
リアシート分割スライド幅:240mm
前後乗員間距離:1030mm

ステラカスタムのインテリアはムーヴカスタムとまったく同じで、レイアウトや機能は基幹車種のムーヴと変わりありません。しかしカスタムらしい加飾が施されており、イメージは大きく異なっています。

ムーヴは万人受けするデザインが求められることから、車内色はアイボリーとブラックのツートーンとなっていましたが、カスタムはブラックで統一、インパネから助手席ダッシュボードまではヘアラインのシルバー塗装パネルとモールによって加飾されており、プレミアムセレクションのオプションを追加すると、本皮とファブリックを組み合わせたシートにブルーのステッチが施され、車内を豪華な雰囲気に演出します。

ステラカスタム、ムーヴカスタムで意外と効いた小技を見せるのが、2眼メーターの中央にあるインフォメーションディスプレイです。

シートベルトの着用やドアの開閉などの車の状態を知らせる警告灯から、オイル交換やタイヤローテーションなどのメンテナンス情報、さらに誕生日や結婚記念日などの個人情報(予め入力しておく必要があります)まで視覚的に教えてくれる機能がついています。

走行性能に大きく関わる機能ではありませんが、小技の好きな若年層に好まれる装備といえます。

ターボ装着エンジンであれば1.0L並のトルクを発生!

ステラカスタム ムーヴカスタム
ステラカスタムとムーヴカスタムの走行性能
インタークーラー付きターボチャージャー装着KF型エンジン
最高出力:47kW(64PS)/6400rpm
最大トルク:92N・m/3200rpm
JC08モード:27.4q/L
CVTトランスミッション
前進無段 後進1段 前進変速比は3.327〜0.628

カスタム系のエンジンは自然吸気型も設定されていますが、やはりパワーを求めるならインタークーラー付きターボチャージャー搭載車を選ぶべきです。

両車に搭載されているターボモデルは、最高出力が47kW(64PS)/6400rpmと業界自主規制に抑えられていますが、最大トルクは92N・m/3200rpmと1.0Lエンジンに匹敵するパワーを発揮します。

JC08モードは27.4q/Lなので自然吸気に比べるとやや劣りますが、アイドリングストップやエコドライブアシスト照明といった燃費効率を高める機能がついているので、運転の仕方次第では自然吸気に迫る燃費を実現することも不可能ではありません。

まとめ

基本的な性能やデザインは同一なので、どちらを選択してもカスタム系の楽しさを実感できます。

スバルのヘキサゴングリルとバンパー形状で好みが分かれるところですが、大きな差異はないので、購入の際はスバルとダイハツのディーラーを回り、値引率やオプションサービス、セールスの誠意やアフターサービスなどを選択基準にすることをお勧めします。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.