軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 車体価格が安い軽自動車比較人気ランキング!

車体価格が安い軽自動車比較人気ランキング!(乗用・商用含む)

こちらのページでは、車体価格が安い軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 同じ車種でも1番低グレードで安いモデル同士を比較
  • ボディサイズが小さめの車種が多い
  • 機能や装飾は最低限
  • 営業車や商用車に最適
  • 維持費が安く購入費用も安い
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

車体価格が安い軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  アルトバン ミラバン プレオバン ピクシスエポック ミラ イース アルト(新型) キャロル アルトエコ キャロルエコ プレオ
車名 アルトバン ミラバン プレオバン ピクシスエポック ミラ イース アルト キャロル アルトエコ キャロルエコ プレオ
メーカー スズキ ダイハツ スバル トヨタ ダイハツ スズキ マツダ スズキ マツダ スバル
室内長(mm) 1350
※荷室長
1260
※荷室長
1260
※荷室長
2000 2000 2040 2040 1895 1895 2000
室内幅(mm) 1200
※荷室幅
1255
※荷室幅
1255
※荷室幅
1350 1350 1255 1255 1260 1260 1350
室内高(mm) 855
※荷室高
930
※荷室高
930
※荷室高
1240 1240 1215 1215 1240 1240 1265
最高出力 49ps 58ps 58ps 49ps 49ps 52ps 52ps 52ps 54ps 58ps
最大トルク 5.9kg・m 6.6kg・m 6.6kg・m 5.8kg・m 5.8kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 6.6kg・m
車両重量 610kg 710kg 710kg 730kg 730kg 610kg 610kg 710kg 730kg 750kg
最小回転半径 4.2m 4.2m 4.2m 4.4m 4.4m 4.2m 4.2m 4.2m 4.2m 4.2m
JC08モード燃費 26.2km/L 24.2km/L 24.2km/L 35.2km/L 35.2km/L 37.0km/L 37.0km/L 35.0km/L 35.0km/L 24.0km/L
エコカー減税 100%減税 25%減税 - 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 - 100%減税 100%減税
車体価格帯 69.6万円

93.4万円
74.0万円

94.8万円
74万円

94.8万円
76.6万円

131.6万円
76.6万円

135.4万円
84.7万円

126.6万円
84.7万円

112.3万円
86.2万円

107.3万円
89.9万円

108.5万円
88.4万円

102.5万円
評価・レビュー アルトバンの評価・レビュー ミラバンの評価・レビュー プレオバンの評価・レビュー ピクシスエポックの評価・レビュー ミラ イースの評価・レビュー アルト(新型)の評価・レビュー キャロルの評価・レビュー アルトエコの評価・レビュー キャロルエコの評価・レビュー プレオの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

エントリーモデルを作り続けるスズキとダイハツ!

かつて、軽自動車は家族の2台目の車、初心者のエントリーカーという位置づけだったことから安価な車両本体価格で販売されていましたが、現在はスーパーハイトワゴンやスーパーハイトワゴンの登場によって、家族が持つ最初の車、ファーストカーとしての役割も果たせることから価格が高騰(もちろん価格に相応しい装備を持っていますが)、コンパクトカーを凌ぐ価格の車種もあります。

そのような軽自動車市場の中で、高価なファーストカーを作りながらも軽自動車の原点となる安価な車種を作り続けているのがスズキとダイハツです。

スズキのアルトは初代の登場が1974年と、40年近い歴史を持つ車種で、2014年12月にフルモデルチェンジされた現行車は8代目となります。現行車の開発テーマは「原点回帰」となっており、初代のようにシンプルな設計で安価な軽自動車を提供するというコンセプトが根底にあります。

初代アルトは79年当時、47万円という低価格が大きな魅力となって好調な販売成績を残しました。原点回帰となった現行車は、もっとも低いグレードのFが847,800円と最近の軽自動車市場の中では破格の設定となっています。

燃費効率はベーシックグレードがもっとも高い!

ベーシックなグレードのFですが装備は充実しており、運転席と助手席にはSRSエアバッグ、坂道発進が簡単にできるヒルホールドコントロール、横滑りを防止するABSなど安全性や走行性に関わる重要な装備が最初からついており、抗菌処理タイプのエアコン、AM/ FMラジオ付きCDプレーヤーなど快適装備も標準仕様になっています。

何よりFの最大の魅力は現行車アルトの中でもっとも燃費が良く、カタログ値のJC08モードで37.0km/Lを記録していることです。

一方のダイハツ・ミラはアルト登場の1年後、1980年に発売され、こちらもアルトに負けない長い歴史を持ちますが、現行車7代目ミラは2006年以降、フルモデルチェンジが行われておらず、低価格のエントリーモデルというポジションは変わらないものの設計の古さは否めません。

このミラをカバーすべく発売されたのが低燃費仕様のミライースです。エクステリアはミラを流用していますが燃費向上には最新の「イーステクノロジー」を投入、カタログ値のJC08モードは35.2km/Lを記録しています。最新モデルのアルトにはスペック的に及ばない部分もありますが、ミライースは低価格という面で勝っており、ベーシックモデルのDは766,286円となっています。

スズキとダイハツはアルトとミライースを他のメーカーにOEM供給をしていることから、車体価格が安い軽自動車人気ランキングは、ほぼアルトとミライースが独占しているといっても過言ではありません。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 車体価格が安い軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >