軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > ファミリー(家族)に人気がある軽自動車比較人気ランキング!

ファミリー(家族)に人気がある軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、ファミリー(家族)に人気がある軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 4名乗車時でも広々した室内空間
  • 燃費がよく経済的
  • 荷物がたくさん積める
  • パワーのあるターボ付きの設定がある
  • スライドドアを搭載している
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

ファミリー(家族)に人気がある軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント スペーシア ウェイク エブリィワゴン デイズルークス eKスペース フレアワゴン N BOXカスタム タントカスタム
車名 N BOX タント スペーシア ウェイク エブリィワゴン デイズルークス eKスペース フレアワゴン N BOXカスタム タントカスタム
メーカー ホンダ ダイハツ スズキ ダイハツ スズキ 日産 三菱 マツダ ホンダ ダイハツ
室内長(mm) 2180 2200 2215 2215 2040 2235 2235 2215 2180 2200
室内幅(mm) 1350 1350 1320 1345 1355 1320 1320 1320 1350 1350
室内高(mm) 1400 1365 1375 1455 1420 1400 1450 1375 1400 1365
スライドドア
の有無
あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 64kg・m 64ps 64ps 52ps 58ps 64ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 10.0kg・m 10.0kg・m 6.4kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m
車両重量 950kg 920kg 840kg 990kg 970kg 920kg 950kg 840kg 960kg 940kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 32.0km/L 25.4km/L 16.2km/L 26.2km/L 22.2km/L 32.0km/L 25.6km/L 28.0km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 60%減税 25%減税 80%減税 25%減税 100%減税 60%減税 80%減税
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
127.4万円

193.6万円
135万円

189.5万円
142.5万

181.4万円
133.7万円

209.3万円
123.9万円

169.0万円
136.0万円

158.9万円
148万円

185.9万円
152.8万円

187.3万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー エブリィワゴンの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー eKスペースの評価・レビュー フレアワゴンの評価・レビュー NBOXカスタムの評価・レビュー タントカスタムの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

小さな子供が立って着替えられるスーパーハイトワゴンが断トツ!

小さな子供のいる家族に人気の軽自動車といえば全高1.7mを超すスーパーハイトワゴンです。2014年に販売された軽自動車総数の中で、約40%がこの車種であることを考えると人気の高さを推し量れます。ランキングでも上位を占めており、今後もスーパーハイトワゴンが小さな子供のいる家族から支持されていくのは間違いありません。

スーパーハイトワゴンの特徴は車内の広さだけではなく、ボディ回りやインテリアの上質感にあります。軽自動車はスズキのワゴンRに代表されるスーパーハイトワゴン登場までは若年層男性や商用、あるいは家族が持つ2台目の車という位置づけから装備品の簡素化を行って低価格で販売するという戦略を取っていました。

しかしワゴンRは大人4人が快適に座れる空間を実現したことから軽自動車でも家族が持つ1台目の車、ファーストカーとして購入する人が増えたため、小型車に匹敵する装備品がレイアウトされるようになりました。スーパーハイトワゴンはスーパーハイトワゴンよりもさらに豪華になり、小さな子供のいる家族に向けた装備の充実が目立ちます。

三者三様の特徴でライバルと差異化!

ファミリー(家族)に人気がある軽自動車ランキング上位を占めているスーパーハイトワゴンはダイハツのタント、スズキのスペーシア、ホンダのN-BOXです。スーパーハイトワゴンは軽自動車のボディサイズ規格ギリギリのデザインを取っているので、どうしても外観には似た部分を持ちますが、機能性や居住性に関してはそれぞれ独自の技術を用いて、ライバルとの差異化を図っています。

スーパーハイトワゴンの先駆けとなったタントは助手席側スライドドアのセンターピラーを取り払った「ミラクルオープンドア」を開発、助手席側ドアを90度開くと1490mmの開口部を実現しました。一般的にセンターピラーを取り除くとボディ剛性が弱くなってしまいますが、タントはスライドドア側と助手席ドア側に通常鋼板より3倍以上の強度を持つ超高張力鋼板ピラーを内蔵させ、強いボディ構造を維持しています。

N-BOXは小型車フィットなどで培ったセンタータンクレイアウトの技術を投入して小さな子供が立ったままで着替えられる車内空間を確保、スペーシアは回生エネルギー充電装置を進化させたハイブリッド、S-エネチャージを搭載して高い燃費性能を発揮しています。

これら3車に追従しているのが日産と三菱による共同開発のデイズルークスです。スーパーハイトワゴンは軽自動車の激戦区となっているだけに、今後も各メーカーの開発競争に注目が集まっています。

室内空間は広々、ハイルーフタイプの登場が軽をファミリーカーに変えた!

手軽にのれるコンパクトサイズの自動車を探している、セカンドカーとして日常の移動の際に取り回しの良い車に乗りたい!このように軽自動車は、気軽に乗れるのが最大の魅力として、根強い人気がありますね。

普通車と比べて税率も安く、狭い路地や駐車場も楽に運転ができ、安全性能も向上してきているのも販売台数を伸ばしている理由です。これまで軽自動車は、会社の社用車や商用の箱バンなどの商用4ナンバーと、少人数で乗る乗用5ナンバーというイメージが強かったのではないでしょうか。

しかし、1990年代に発売されたスズキ ワゴンRに始まる軽ワゴンスタイルの乗用車が登場して以来、軽自動車は室内空間が狭いという常識を覆しました。

それまでの、ロールーフセダンタイプとは比較にならないほどゆったりとした室内高、そして前後席に充分な居住スペースを取り、全長・幅ともに大きな規格が続々と新登場してきました。またインテリアにもこだわり、シートや内張り、インパネに至るまでスタイリッシュなものが次々と各メーカーから発売されました。

その後、軽乗用車は更に進化し、最近では大人4人が乗っても狭さを感じさせないほど、充分なスペースを確保している車種に人気が集中しています。ダイハツ タントや、三菱 ekスペースのようなハイルーフタイプがその先駆者として絶大な人気を誇り、高さ、室内空間の広さ、そして機能に至るまでファミリーカーとしても問題ないほどの快適さを実現しました。

その後、N BOX、ウェイク、スペーシア、デイズルークスなどタント同様軽自動車とは思えないぐらいの室内空間が広い車種が次々と登場し、軽自動車人気を牽引しています。

燃費効率・空間の広さ・手軽さ ファミリー仕様に納得の軽自動車

軽自動車取扱メーカーが今、一番力を入れていると言っても過言ではないほど、販売台数をのばしているのが全高を高く設計したスーパーハイルーフタイプです。

軽自動車の車輌規格ギリギリにまで設計されたボディで、充分な広さをもたらし、また床を低めに設計する事で、居住空間を最大限に引き出しており、背の高いお父さんや小さなお子さんも乗り降りしやすくなっている点が高く評価されています。

機能設備では、N BOXやタントなどのように、乗り降りをスムーズにする後部スライドドアを採用したモデルが特に人気があります。シートアレンジが可能な車種も注目度が高く、デイズルークスのように、後部座席を格納・折りたたむことで荷室を格段に広く使う事ができ、荷物が増えるデイリーユースの場面も想定した作りの車種が人気です。

また、ファミリー向けの普通車ミニバンと比較して価格が圧倒的に安く、軽自動車の相場はいずれも120~190万円程度です。購入と維持費が安く、エコカー減税も100%適用車種が多くなっています。

これまでも軽自動車は、普通車と比較して燃費性能が高いと言われていましたが、最近は軽自動車でも回生ブレーキを使用し、減速力をエネルギーに変換しガソリン消費を抑えたり、アイドリングストップ機能も付いた低燃費型がとても多くなっています。同じスーパーハイルーフタイプの車種の中では、JC08モードカタログ値でスズキ スペーシアが37.0km/Lという驚きの燃費効率の良さとなっています。

ハイブリッド仕様の普通車に劣らない燃費で、しかも普通車ミニバンほどの大きさを求めない人向けの、取り回しがしやすいボディサイズのハイルーフタイプは、これからさらにファミリー(家族)に人気を高めていくでしょう。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > ファミリー(家族)に人気がある軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >