軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > アウトドア・キャンプに最適な軽自動車比較人気ランキング!

アウトドア・キャンプに最適な軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、アウトドア・キャンプに最適な軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 悪路走破性の高い4WD車もラインナップ!
  • テントやバーベキューセットなど、荷物がたくさん入る車種
  • 室内空間が広く、長距離も疲れにくい
  • 燃費がよいものがいい
  • 見た目がオフロードライクな車種もある
  • シートに撥水加工がされているとなお良し!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

アウトドア・キャンプに最適な軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  ウェイク N BOX N BOX+ ハスラー ジムニー パジェロミニ エブリィ ハイゼットカーゴ NV100クリッパー エブリィワゴン
車名 ウェイク N BOX N BOX+ ハスラー ジムニー パジェロミニ エブリィ ハイゼットカーゴ NV100クリッパー エブリィワゴン
メーカー ダイハツ ホンダ ホンダ スズキ スズキ 三菱 スズキ ダイハツ 日産 スズキ
室内長(mm) 2215 2180 1885 2160 1685 1665 1910
*荷室長
1860
*荷室長
1910
*荷室長
2040
室内幅(mm) 1345 1350 1350 1295 1220 1220 1320
*荷室幅
1315
*荷室幅
1320
*荷室幅
1355
室内高(mm) 1455 1400 1400 1250 1210 1210 1240
*荷室高
1235
*荷室高
1240
*荷室高
1420
最高出力 64ps 58ps 58ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps
最大トルク 9.4kg・m 6.6kg・m 6.6kg・m 9.7kg・m 10.5kg・m 9.0kg・m 9.7kg・m 9.3kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m
車両重量 990kg 950kg 990kg 750kg 980kg 900kg 840kg 880kg 920kg 940kg
最小回転半径 4.4m 4.5m 4.5m 4.6m 4.8m 4.8m 4.1m 4.2m 4.1m 4.5m
JC08モード燃費 25.4km/L 25.6km/L 24.4km/L 32.0km/L 14.8km/L 14.6km/L
※10.15モード
20.2km/L 17.2km/L 20.2km/L 16.2km/L
エコカー減税 60%減税 60%減税 60%減税 100%減税 - - 100%減税 25%減税 100%減税 -
車体価格帯 135万円

189.5万円
119.8万円

185.9万円
134万円

172.9万円
107.8万円

178.3万円
129.6万円

162.5万円
124.1万円

169.6万円
92.3万円

146.6万円
92.5万円

146.7万円
95.1万円

136.8万円
142.5万

181.4万円
評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー N BOXの評価・レビュー N BOX+の評価・レビュー ハスラーの評価・レビュー ジムニーの評価・レビュー パジェロミニの評価・レビュー エブリィの評価・レビュー ハイゼットカーゴの評価・レビュー NV100クリッパーの評価・レビュー エブリィワゴンの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

車内や荷室はアウトドア用にアレンジ!

アウトドアやキャンプに最適な軽自動車とは、本格的な悪路走行に向いているヘビーデューティーなクロスカントリーではなく、荷物の収納に便利で車内に長くいても苦痛にならない多目的SUVです。最近は軽自動車を利用してアウトドアを楽しむ人が増えていることから各メーカーもアウトドア仕様の車種を販売しており、アウトドア・キャンプに最適な軽自動車人気ランキングでもそれらの車種が上位にランクインしています。

アウトドア志向の購買層に向けて先陣を切ったのがスズキのハスラーです。ボンネット部分を設けてフロントウィンドウを直立させたスタイリングはアメリカのボンネットバンを彷彿とさせるフォルムで、フロント下に設けたアンダーカバーや黒い樹脂製のフェンダーカバーがヘビーデューティーなイメージを作り出しています。

車内は一般的なスーパーハイトワゴンと変わりありませんが、収納スペースや装備に工夫が見られます。ラゲッジフロアは汚れが取りやすい防水加工の樹脂を使い、車内の各所にあるユーティリティナットを使えばアッパートリムの空間にラゲッジネットなどを取り付けられ、収納の幅が大きく広がります。

意外な人気はキャブオーバー型の商用バン!

ハスラーに対向するダイハツのアウトドア向け車種はウェイクです。全高は軽自動車の中でもっとも高い1835mmを実現、車内高も1455mmを確保しており、積載容量で競合車と差異化を図っています。前席のヘッドレストを外し、後部席を前倒させるとフルフラットの車内が作れるのでオプションのジョイントクッションを用意しておけば車中泊でも快適な睡眠を取ることができます。

ハスラーやウェイクのように最初からアウトドア向けに作られた車種ではなく、商用のエブリイやハイゼットカーゴなどキャブオーバー型もランクインしています。

キャブオーバー型はエンジンが前席下に設置されているので運転ポジションを前方にレイアウトできるため、車内長を長く取れることが特徴です。とくに2人乗りのハイゼットカーゴの場合、荷室長は1950mmになるので、身長の大きい人でも窮屈さを感じることなく車中泊が可能です。

もっとも商用車は荷台がフラットであるという利点はあるものの、そのままではアウトドアに向いていません。商用車をアウトドアやキャンプに使う人はカスタマイズしていることが多く、中にはキャンピングカーに改造する人もいます。設計が商用向けなのでシンプルかつ頑丈なため、自分好みの仕様にするアウトドア用のカスタマイズには最適な車種といえます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > アウトドア・キャンプに最適な軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >