軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > 三菱の軽自動車比較人気ランキング!

三菱の軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

こちらのページでは、三菱軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 軽自動車部門では他メーカーに一歩譲る
  • アイミーブをはじめとした電気軽自動車の先駆け
  • パジェロの弟分であるパジェロミニが根強い人気
  • シンプルではあるが価格と性能のバランスに優れる車種が多い
  • 代表車種は、ekワゴン・パジェロミニ・トッポなど
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

三菱の軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  eKワゴン eKスペース ミニキャブバン ミニキャブトラック タウンボックス ミニキャブミーブ アイミーブ ミニキャブミーブトラック パジェロミニ アイ
車名 eKワゴン eKスペース ミニキャブバン ミニキャブトラック タウンボックス ミニキャブミーブバン アイミーブ ミニキャブミーブトラック パジェロミニ アイ
メーカー 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱 三菱
室内長(mm) 2085 2235 1920 1940 2240 1830 1790 1940 1665 1790
室内幅(mm) 1295 1320 1320 1410 1355 1370 1270 1415 1220 1270
室内高(mm) 1280 1400 1240 290 1420 1230 1250 290 1210 1250
最高出力 64ps 49ps 50ps 50ps 64ps 41ps 64ps 41ps 64ps 64ps
最大トルク 10.0kg・m 6.0kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 9.7kg・m 20.0kg・m 16.3kg・m 20.0kg・m 9.0kg・m 9.6kg・m
車両重量 830kg 920kg 840kg 690kg 950kg 1080kg 1070kg 930kg 900kg 900kg
最小回転半径 4.4m 4.4m 4.1m 3.6m 4.5m 4.3m 4.5m 4.0m 4.8m 4.5m
JC08モード燃費 30.4km/L 26.2km/L 20.2km/L 19.8km/L 16.2km/L 150km
※一充電走行距離
180km 110km
※一充電走行距離
14.6km/L
* 10.15モード
19.0km/L
エコカー減税 100%減税 80%減税 100%減税 - - 100%減税 100%減税 100%減税 - -
車体価格帯 108万円

158.6万円
125.9万円

156.7万円
93.9万円

150.2万円
81.2万円

121.0万円
160.9万円

181.4万円
179.9万円

245万円
226.1万円

283.8万円
158.2万円 124.1万円

169.6万円
122.4万円

160.2万円
評価・レビュー eKワゴンの評価・レビュー eKスペースの評価・レビュー ミニキャブバンの評価・レビュー ミニキャブトラックの評価・レビュー タウンボックスの評価・レビュー ミニキャブミーブの評価・レビュー アイミーブの評価・レビュー ミニキャブミーブトラックの評価・レビュー パジェロミニの評価・レビュー アイの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

中古車市場で今も人気が高いパジェロミニ!

三菱自動車は国内でも長い歴史を持つ自動車メーカーで、軽自動車部門ではミニカを始め、数々の車種を販売していました。現在でも中古車市場で人気のあるパジェロミニもそのひとつです。

パジェロミニは2013年1月に販売を終了しましたが、普通車のヘビーデューティーなパジェロ譲りのタフな性能はスズキのジムニーに対向できる唯一の軽自動車でした。ボディの骨格はモノコックですが、もっとも強度が弱いフロアパンに鋼材をプレス加工してフロアパンに溶接、ラダーフレームに近いボディ剛性を確保しています。

特筆は軽自動車といえば直列3気筒が定番となっている中、直列4気筒DOHCに加え、1気筒当たり5バルブという精密機械のようなエンジンを搭載していることです。1998年に発売された2代目はこのエンジンにツインスクロールのターボチャージャーを装着、10.2kg・mという1.0Lエンジン並のトルクを発揮しました。

さすがにこれだけの高性能になると他車への共通部品が少なくなり、独自の部品を使わなければならないことからコストの削減が難しく、2012年6月には生産を終了しました。しかしパジェロミニのファンは現在でも多く、中古車市場で状態の良い車種は90~100万円で販売されています。車数は比較的多いので ガリバー のような大手中古車販売店であれば好みに合った1台を探すことができます。

普通乗用車のように上質な車内空間を持つeKシリーズ!

三菱は現在、軽自動車部門を縮小していますが、今後に大きく期待をかけているのが三菱の自動車人気ランキングで上位に定着している電気自動車です。乗用車のi-MiEV(アイミーブ)、商用車のミニキャブ・ミーブバンとミーブトラック、3車種を用意しており、充電ステーションの拡大次第では飛躍的に販売台数を伸ばす可能性を秘めています。

三菱は2011年に日産と共同出資の合弁会社、NMKVを設立しました。Nは日産、Mは三菱、Kは軽自動車、Vはヴィークル(乗り物)とそれぞれの頭文字を組み合わせたネーミングで、Kからも分かるように軽自動車専門の設計開発を担っています。

NMKVの開発で現在、三菱が販売しているのはスーパーハイトワゴンのeKワゴンとそのカスタム、スーパーハイトワゴンのeKスペースとそのカスタム、4車種です。

全車に共通しているのは軽自動車の売れ筋であるワゴン系でありながらもダイハツやスズキに追従するのではなく、普通車メーカーの蓄積した技術とセンスを盛り込んで独自性を出そうという方向性です。軽自動車でありながらスタイリッシュなボディとシックな車内空間は、確かに普通車からダウンサイジングを考えている人でも狭いこと以外は違和感なく受け入れられる品質に仕上がっています。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > 三菱の軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >