軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > セミトールワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

セミトールワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

  • セミトールワゴンタイプの軽自動車は、ちょうどいい室内空間の広さと運転のしやすさが魅力!
  • 軽自動車の中では最も激戦区なので、価格と性能のバランスが良くコストパフォーマンスに優れる!
  • かっこいい車種・かわいい車種・男性向け・女性向け・ファミリー向けなど、あらゆるニーズに対応した豊富なラインナップ!
  • 普段3~4人で乗ることが多い方は、室内空間の広さと足元空間の広さ、荷室容量は十分か確認しよう!
  • 高速道路や坂道でも十分なパワーが欲しい方は、ターボ付きを検討しよう!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

セミトールワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  DAYZ(デイズ) ムーヴ(新型) N-WGN ワゴンR キャスト eKワゴン ステラ フレア モコ ピクシススペース
車名 デイズ ムーヴ N-WGN ワゴンR キャスト eKワゴン ステラ フレア モコ ピクシススペース
メーカー 日産 ダイハツ ホンダ スズキ ダイハツ 三菱 スバル マツダ 日産 トヨタ
室内長(mm) 2085 2080 2055 2165 2005 2085 2080 2165 2135 2000
室内幅(mm) 1295 1320 1355 1295 1320 1295 1320 1295 1285 1335
室内高(mm) 1280 1280 1300 1265 1245 1280 1280 1265 1260 1350
最高出力 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 52ps
最大トルク 10.0kg・m 9.4kg・m 10.6kg・m 6.4kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 6.4kg・m 9.7kg・m 6.1kg・m
車両重量 830kg 820kg 830kg 750kg 840kg 830kg 820kg 750kg 800kg 830kg
最小回転半径 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.7m 4.4m 4.4m 4.4m 4.2m 4.5m
JC08モード燃費 30.4km/L 31.0km/L 29.4km/L 33.0km/L 30.0km/L 30.4km/L 31.0km/L 33.0km/L 30.0km/L 27.6km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 80%減税
車体価格帯 115万円

182.5万円
113.4万円

150.6万円
109万円

147万円
107.8万円

159万円
122.0万円

174.4万円
108万円

158.6万円
113.4万円

150.6万円
115.5万円

149.3万円
119.3万円

165.6万円
115.7万円

138.4万円
評価・レビュー デイズの評価・レビュー ムーヴの評価・レビュー N-WGNの評価・レビュー ワゴンRの評価・レビュー キャストの評価・レビュー eKワゴンの評価・レビュー ステラの評価・レビュー フレアの評価・レビュー モコの評価・レビュー ピクシススペースの評価・レビュー
中古車検索
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

セミトールワゴンタイプの軽自動車のスペック比較表の見方

こちらのページでは、セミトールワゴンタイプ軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

広い空間のセミトールワゴン

かつて軽自動車といえば、日本の道路環境に合わせた小回りの利く小さな車であり、車内は当然狭いものという認識がありました。しかし、最近では車内環境に快適性を求める風潮があり、広く見せるべく開発されたセミトールワゴンタイプの軽自動車にも人気が集まっています。

面積が変わらずとも体積が大きくなると広く感じるもので、これは建築においても天井を高くすることで広々とした設計になっている住宅があることからも分かる通りです。セミトールワゴンタイプの軽自動車は車高が少なくとも1250mm程度、特に高いものになると1400mmに迫るほどの高さがあり、「軽自動車は狭いもの」という認識を覆す車内空間となっています。

セミトールワゴンの軽自動車として人気が高いのは、ワゴンRです。ワゴンRは1993年の発売当初から一貫して高い人気を誇っています。従来の軽自動車ではほとんど実用性と経済性ばかりが重視されていましたが、広い車内空間、乗り心地の良さ、安全性などを追求したことで今の人気を確立したのです。

また、燃費面でも進化を続けており、2014年8月のマイナーチャージではS-エネチャージを搭載することによって、燃費を向上させました。現在のワゴンRの燃費は最高で33.0km/Lであり、現行モデルが登場した当初の燃費(28.8km/L)から大きく進化しています。

各メーカーがセミトールワゴンを開発

これまで軽自動車市場はダイハツとスズキがシェアを二分していましたが、最近では他のメーカーの参入が著しくなっています。セミトールワゴンのデイズとeKワゴンも人気が高いです。この二車種は日産と三菱が共同出資でつくったNMKVが開発したものであり、日産ではデイズ、三菱ではeKワゴンとして販売されています。

日産と三菱がお互いの技術を持ち寄って作られたものであり、この両メーカーの「いいとこどり」をした軽自動車に仕上がっています。例えば、三菱のエンジンをベースとしつつ、日産のエンジン技術を融合させることで燃費向上を図るなどしています。

このほか、日産のアラウンドビューモニターの技術を取り入れて車庫入れが格段に楽になっています。もちろん、デイズとeKワゴンはそれぞれのメーカーが独自に外装デザインを作っており、互いにオリジナリティがあります。

このほか、セミトールワゴンではホンダのN-WGNも人気があります。人気が急上昇しているホンダNシリーズの第3弾であり、ワゴンRやムーヴといった大人気の軽自動車に勝負のライバル的存在としての認識もあるほどの高い人気を得ています。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > セミトールワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >