軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > トラックタイプの軽自動車(軽トラ)比較人気ランキング!

トラックタイプの軽自動車(軽トラ)比較人気ランキング!【2017年版】

  • トラックタイプの軽自動車は、小回りが利く使い勝手の良さと、軽快な走りが魅力!
  • 軽自動車ならではの高い経済性と広い荷室を兼ね備えた、究極の実用車!
  • 軽トラは低回転でパワーがでるようにセッティングされているので、たくさん荷物を積んでもグングン進む!
  • どれくらい小回りが利くのかは、最小回転半径を参考にしよう!
  • 運転席の使い勝手、シートの座り心地、乗車感覚は快適かなども確認しよう!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

トラックタイプ(軽トラ)の軽自動車比較人気ランキング!【1位~9位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
  ハイゼットトラック キャリィ アクティトラック サンバートラック ミニキャブトラック スクラムトラック ミニキャブミーブトラック ピクシストラック NT100クリッパー
車名 ハイゼットトラック キャリィ アクティトラック サンバートラック ミニキャブトラック スクラムトラック ミニキャブミーブトラック ピクシストラック NT100クリッパー
メーカー ダイハツ スズキ ホンダ スバル 三菱 マツダ 三菱 トヨタ 日産
荷台長(mm) 1940 1940 1940 1940 1940 1940 1940 1940 1940
荷台幅(mm) 1410 1410 1410 1410 1410 1410 1415 1410 1410
荷台高(mm) 285 290 290 285 290 290 290 285 290
最高出力 53ps 50ps 45ps 53ps 50ps 50ps 41ps 53ps 50ps
最大トルク 6.1kg・m 6.4kg・m 6.0kg・m 6.1kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 20.0kg・m 6.1kg・m 6.4kg・m
車両重量 740kg 690kg 770kg 740kg 690kg 690kg 930kg 740kg 690kg
最小回転半径 3.6m 3.6m 3.6m 3.6m 3.6m 3.6m 4.0m 3.6m 3.6m
JC08モード燃費 21.0km/L 20.2km/L 18.4km/L 19.6km/L 19.8km/L 19.8km/L 110km
※一充電走行距離
19.6km/L 19.8km/L
エコカー減税 - - - - - - 100%減税 - -
車体価格帯 65.3万円

132.8万円
68.4万円

125.9万円
79万円

117.9万円
65.3万円

137.4万円
81.2万円

121.0万円
80.6万円

120.5万円
158.2万円 65.3万円

119.8万円
83.9万円

123.7万円
評価・レビュー ハイゼットトラックの評価・レビュー キャリィの評価・レビュー アクティトラックの評価・レビュー サンバートラックの評価・レビュー ミニキャブトラックの評価・レビュー スクラムトラックの評価・レビュー ミニキャブミーブトラックの評価・レビュー ピクシストラックの評価・レビュー NT100クリッパーの評価・レビュー
中古車検索
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

トラックタイプの軽自動車(軽トラ)のスペック比較表の見方

こちらのページでは、トラックタイプ(軽トラ)軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

燃費がよく、運搬に便利な軽トラック

軽トラックは、排気量が660cc以下のトラックです。2人乗りである、パワーが弱い、安全性があまり高くないなどのデメリットがありますが、トラックとしての性能を備えながら燃費が安いこと、小回りが利いて運転がしやすいなどのメリットがあります。農業やそれほど多くないものの運搬などに便利であり、また車両価格が安いこともあって多くの人から人気があります。

軽自動車市場ではスズキとダイハツが特に人気が高いですが、軽トラックにおいてもスズキとダイハツが人気です。スズキのキャリィはロングセラーの軽トラックです。2013年にもモデルチェンジが行われ、現行で11代目となっており、ますます熟成されています。ラインナップには2種類あり、ホイールベースが2350mmのキャリィKCと、1905mmのキャリィFCがあります。

軽トラックを選ぶうえで重要となるのが荷台の広さと小回りです。キャリィKCの荷台は2030mmの広さがあり、その他の軽トラックの荷台が概ね1940mmであることを考えると、大幅に広くなっています。もし広さをそれほど重視しないならば、荷台1940mmのキャリィFCを選べばよく、こちらは最小回転半径が3.6mであり、軽自動車の中でもトップクラスの小回りの良さとなります。

ダイハツのハイゼットトラックも人気の軽トラックです。荷台が他の軽トラックよりもやや長い1945mmであり、これが人気の秘密となっています。また、他の軽トラックでは内装や外装が貧弱なものが多い中で、手の込んだ作りになっていること、足元空間が広いこと、耐久性が非常に高いことなども人気の理由です。上位グレードならば燃費は21.0km/Lであり、他の軽トラックよりもやや燃費がいいのも特徴です。

各メーカーが軽ラックを販売している

軽トラック市場では、ダイハツとスズキだけではなく、ホンダ、三菱、スバル、日産、トヨタ、マツダなどの各メーカーも軽トラックを販売しています。

それらのなかで人気が高い軽トラックと言えば、ホンダのアクティトラックが挙げられます。アクティトラック最小回転半径が3.6mの小回りが利く軽トラックであり、サビ保証期間もトップクラスです。もっとも、これはさびやすいということではなく、ボディに亜鉛メッキを施していることや、三層構造の塗装になっていることで、サビに非常に強いボディとなっています。

また、最近注目を浴びているのは三菱のミニキャブミーブトラックです。なぜ注目を浴びているのかといえば、電気自動車の軽トラックだからです。電気自動車であるため走行音が静かであり、最大トルクが他の軽トラックの3倍ほどもあるため、軽自動車でありながら非常にパワーがあります。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > トラックタイプの軽自動車(軽トラ)比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >