TOP > 軽自動車のメーカーによる特徴(目次) > ダイハツ

ダイハツ - 軽自動車メーカーの特徴

ダイハツ

ダイハツの特徴は軽自動車に求められるニーズに対して、幅広く車種を揃えて応えていることです。

ダイハツの代表的な車種となったスーパーハイトワゴンのタントは、小さな子供がいる家庭でも軽自動車がファーストカーとしての役割を十分に果たせると証明しています。

その一方でスポーツカー・ファンの要望に答えて2シーターオープンカーのコペンを復活させるなど、軽自動車ユーザーの購買層を確実に広げています。スズキと並んで軽自動車業界を牽引する原動力となっているメーカーです。

ダイハツの代表的な軽自動車

タント ムーヴ コペン ミラ
タント ムーヴ コペン ミラ

ダイハツはトヨタの子会社化しているので、トヨタ同様、軽自動車の中では、上質な造りを目指しています。

走りと燃費のバランスが良く、デザインはファミリーや女性にもぴったりな、クセのないデザインが多いです。いわゆる万人向けするデザインです。

そのため購入層も幅広く、若者・ファミリー・高齢者など、すべての年齢層の方に受け入れられるデザインをしています。

軽自動車の生産に特に力を入れているメーカーで、一部で普通車(ストーリア・ブーンなど)も販売していますが、軽自動車のイメージが強いせいか、あまり売れません(^^;)

ダイハツはミラ・ムーブなど、ロングセラー車をコンスタントに販売しているので、バランスが良い車が多く、軽自動車業界での安定感を感じます。

スズキと熾烈なライバル競争を繰り広げていますが、スズキが狼ならダイハツは羊のような優しいイメージがあります。私だけかもしれませんが(^^;)

あらゆるニーズに応えるダイハツのラインナップ!

軽自動車業界のトップランナーであるダイハツは、およそ軽自動車に求められるニーズのすべてをラインナップに揃えていると言っても過言ではありません。

オープン2シーターのコペンシリーズ、2BOXハッチバックのミラシリーズ、スーパーハイトワゴンのムーヴシリーズにキャストシリーズ、スーパーハイトワゴンのタントシリーズがあり、それぞれにニーズとマッチングさせた派生車種があります。

またタントシリーズがやや女性的志向であることから男性向けのウェイクシリーズを登場させ、定番で安定した人気を保つ1BOXカーのアトレーシリーズも継続して販売しています。

走行性能を重視する、あるいはアクティブに行動する男性層から個性的な独身女性層、ビジネス向け購買層、そして小さな子供のいる家族層までを満足させるラインナップを揃えており、時代の流行に敏感なだけでなく軽自動車の潮流を作り出している姿勢があります。

ニーズに応えているのは車種だけでなく、それぞれの搭載されている新技術も時代をつねに先取りしていると言えます。

タントは助手席側センターピラーを排除して子供の乗降や荷物の出し入れを飛躍的に向上させたミラクルオープンドアを採用、JC08モード35.2q/Lという驚異的な燃費効率を持つミライースにはエンジンの熱効率を最適にするTOPAZ-NEO(トパーズネオ)エンジンを搭載するなど、軽自動車の新しい領域を次々に開発しています。

今後もダイハツが軽自動車業界のトップランナーであり続けることはけっして難しい予想ではありません。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

同カテゴリ「メーカーによる特徴」でよく読まれているページ

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.