TOP > 軽自動車のメーカーによる特徴(目次) > マツダ

マツダ - 軽自動車メーカーの特徴

マツダ

小型車や普通車ではSKYACTIV技術や「魂動〜Soul of Motion〜」の統一デザインで好調な売れ行きを見せるマツダですが、軽自動車部門では販売している車種のすべてがスズキからのOEMとなっています。

マツダは1960年に2+2シーターのR360クーペを販売、革新的な技術と当時としては洗練されたボディデザインの軽自動車として高く評価され、その後も4ドアセダンのキャロルを世に送り出すなど軽自動車部門では人気のあるメーカーでしたが、1990年代の多販売チャンネル化で失敗した以後は軽自動車部門から撤退しました。

スズキの車種を購入する際はネームバリューの低いマツダのOEM車を比較検討すれば、コストパフォーマンスに優れた車を手に入れる可能性が高くなります。

マツダの代表的な軽自動車

キャロル キャロルエコ フレア フレアワゴン
キャロル キャロルエコ フレア フレアワゴン

マツダはスズキのOEMばかりです。OEMについてはこちらを参照→OEMとはなにか?

ですので、マツダの特徴は、OEMばかりという説明しかできません(^^;)

キャロルはスズキ アルトのOEM、キャロルエコはアルトエコのOEM、フレアはアルトエコのOEM、フレアワゴンはパレットのOEMとなっています。

OEM供給を受けていますので、メーカーエンブレム以外はほぼ同じ仕様となっています。

マツダは現在CX-5やアテンザをはじめ、非常に魅力的な車種を次々と発売しています。そのうち軽自動車部門も自社で開発する日が来るかもしれませんね(^^)

OEMのキャリアが長いマツダ!

小型車と普通車の販売成績が好調なマツダはOEM供給を古くから受けているメーカーで、1998年にはすでにスズキから2BOXハッチバックのアルトをOEMとしてキャロルの名前で販売していました。

現在は軽自動車だけでなく、中型トラックのタイタンはいすゞから、小型商用車のボンゴはニッサンからOEM供給を受けており、逆にこれまでも多くの車種をニッサンやスズキに供給しており、OEMに関しては筋金入りのメーカーといえます。

かつてはマツダも軽自動車を製造していました。その代表車種がキャロルです。1962年に登場、水冷4気筒360ccのエンジンをリアに配置し、3BOXセダンのボディフォルムで販売されました。

ロックミュージシャンの矢沢永吉さんが所属していたバンド、キャロルのネーミングはこの軽自動車にメンバーが乗って移動していたことから付けられたのは有名な話です。

キャロルは1989年の2代目になると、早くもスズキと技術提携を行い、エンジンやプラットフォームの供給を受けながらもボディはオリジナルのデザインを採用、その丸型のフォルムは軽自動車の自由な設計を存分に活かした形となって一時、人気車種となりました。

現在のキャロルや他の車種もスズキからのOEMですが、知名度が低いことからスズキの車種ほど売れておらず、中古車市場ではオリジナルモデルよりも安い販売価格で売られています。

ガリバー のように中古車販売の大手で検索すれば同じ車種を比較的安く手に入れることができます。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

同カテゴリ「メーカーによる特徴」でよく読まれているページ

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.