TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > ホンダ N-BOX とダイハツ タント徹底比較!

ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントを徹底比較!

ホンダ・N-BOX ダイハツ・タント

ホンダのスーパーハイトワゴン、N-BOXは登場と同時に人気急上昇し、2015年度はN-BOXの派生車種を含めたシリーズ全体の販売台数売上が軽自動車No.1を獲得しました。

スーパーハイトワゴンのジャンルではダイハツのタントが長く首位の座を確保していましたが、そのタントを追い抜く勢いを見せています。こちらのページではN-BOXとタントの独自技術と走行性能について徹底比較を行います。

両車とも独自の技術でライバルと差異化を図る!

N-BOXのセンタータンクレイアウト タントのセンターピラーレス
車内長:2180mm
車内幅:1350mm
車内高:1400mm
車内長:2200mm
車内幅:1350mm
車内高:1365mm

現在、軽自動車の中でもっとも売れているジャンルはスーパーハイトワゴンですが、軽自動車のボディサイズ規格枠を最大限に使っているため、どうしても車内空間の広さやエクステリアデザインが似てしまう傾向にあります。

ライバル車と差異化をつけるためにはオリジナルの技術投入が欠かせません。

ホンダはコンパクトカーのフィットで成功したセンタータンクレイアウトを軽自動車のN-BOXにも投入しました。

これまで自動車のガソリンタンクは後部席の後ろ、荷室の下に配置することが一般的でしたが、ホンダは前部席下にガソリンタンクを配置、このレイアウトにより荷室とキャビンの空間拡大を実現しました。

車のセンターにガソリンタンクをレイアウトするという発想は以前よりありましたが、車の下部はサスペンションやフレーム、排気管などが複雑に入り組んでいるため、そこにガソリンタンクをはめ込むことは容易ではありません。

ホンダはガソリンタンクを樹脂製にして最適な下部にフィットする形状を作成し、この問題を解決しました。センタータンクレイアウトはホンダの独自技術であり、特許を取得しています。

タントがスーパーハイトワゴンのジャンルで圧倒的な人気を保っていた理由は、センターピラーレスを採用したことが大きな理由です。スーパーハイトワゴンは側面積がどうしても大きくなってしまうので開閉式ドアではボディ剛性が弱くなってしまいます。

そこでスライド式ドアが必然的に選択されますが、ドアを支えるためのセンターピラーがないとボディ剛性が確保できないことは常識の範囲でした。

しかしダイハツはスライドドア側と助手席ドア側にセンターピラーと同等の補強を行うことでセンターピラーレスに成功しました。

この発想と技術により、助手席側は助手席ドアとスライドドアを同時に開けばライバル車のスーパーハイトワゴンでは見られない大開口部となり、乗降と荷物の積み下ろしが格段に向上しました。

車の周囲の死角削減はN-BOXがやや優勢!

N-BOXのサイドビューサポートミラー タントのサイドアンダーミラーとリアアンダーミラー
Aのミラーが左側前方を映し、Bのミラーが助手席側面を映す。 後部の死角と助手席側面の死角が軽減される。

スーパーハイトワゴンは小さな子供のいる家族のファーストカーというポジションを持っているだけに、両車とも車内装備は充実しています。

N-BOXはプラズマクラスター技術のフルオートエアコン、タントはスーパークリーンエアフィルターが装着されたフルオートエアコンを搭載しており、どちらもアレルギー疾患を引き起こすアレルゲンをシャットアウトする他、紫外線や赤外線をカットするガラス、子供を日焼けから守るサンシェードなどが装備されています。

また両車とも、女性が運転することを想定して運転席のアイポイントを高くし、広い視覚を確保していますが、女性が苦手とする駐車のための工夫はN-BOXにやや優位性が見られます。

タントには後部の死角と側面死角を軽減するリアアンダーミラーとサイドミラー下部にアンダーミラーが装備されていますが、N-BOXはこれらに加え、サイドビューサポートミラーがフロントのAピラーに装備されます。

これは上下2つの合わせ鏡で、下部のミラーは運転席から見えにくい左前方を映し、上部のミラーは運転席から死角になりやすい助手席側面を映します。

感覚的に慣れるまで時間がかかりそうですが、一度、感覚を身につけてしまえば死角が大きく減少するので駐車時だけでなく狭い道を通過する時にも大いに役立ちます。

走行性能で選ぶか、燃費効率で選ぶか?

ホンダのS07A型エンジン タントのKF型エンジン
最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
最大トルク:65N・m/4700rpm
JC08モード:25.6km/L
最高出力:38kW(52PS)/6800rpm
最大トルク:60N・m/5200rpm
JC08モード:28.0km/L

N-BOXに搭載されている直列4気筒DOHCエンジンの最高出力は58PS、最大トルクは65N・mの性能を持っています。タントはそれぞれ52PS、60N・mなので自然吸気エンジンとしてのパワーはN-BOXが上回ります。

またN-BOXは最大出力を7300回転、最大トルクを4700回転で引き出すという高回転型の性質を持っているので軽快な吹け上がりを体感でき、運転する楽しさを味わうことができます。

高回転型エンジンを家族向けのスーパーハイトワゴンに搭載するという姿勢はいかにもレースで培った技術を市販車にフィードバックするホンダらしい点といえます。

ただし燃費効率になるとパワーで劣るタントが上回り、N-BOXのJC08モードが25.6km/Lであることに対してタントは28.0km/Lを達成しています。

両車ともアイドリングストップ機能やメーター機能のエコドライブアシストシステムを備えているので、エンジンの特性が燃費効率の差を生み出しているといえます。

まとめ

小さな子供を乗せる機会が多いけれど爽快な走りを楽しみたい人であればN-BOX、家計に優しい燃費効率を求める人であればタントが最適な1台となります。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.