TOP > 電気自動車タイプの軽自動車比較人気ランキング!【2018年版】

電気自動車タイプの軽自動車比較人気ランキング!【2018年版】

モータージャーナリスト 金子
  • 執筆者
  • モータージャーナリスト 金子

現在、国内で販売されている電気自動車(EV)は2車種、そのうち軽自動車サイズは1車種しかありません。欧米ではテスラやBMWのi3など大手が積極的に開発しており、2020年までにはポルシェも販売を予定するなどEVは拡がりを見せています。それに比べると国内はハイブリッドが主流で電気自動車は日産と三菱だけが頑張っている状況です。

軽自動車にスポットを当てると、各メーカーの技術開発によりガソリンエンジンの低燃費化が進んでEVとの経済性における差があまり見えないこと、EVはどうしても重量が重くなることなどの理由からEVは普及していません。

しかし環境影響を考えるとゼロエミッションは理想なのでいつまでもガソリンエンジンに頼っているわけにもいきません。段階的な電気自動車への移行が軽自動車にも求められているといえます。

人気ランキング(1、2位)

軽自動車サイズのEVは現在、三菱しか販売していません。商用車1車種のみで。かつて商用車のトラックタイプもありましたが、ほとんど売れないため販売を終了、在庫処分を続けていました。なお、 iMiEVは現在、登録車サイズになりましたが、中古車市場には軽自動車サイズが流通していることから取り上げました。

本来、シティコミューターを考えた場合、電気モーターだけで走る軽自動車サイズの車種は都市圏でちょうど良い大きさです。日産は横浜と共同でEVのレンタル「チョイモビ」を開始しており、トヨタも豊田市で超小型EV「COMS」の実験運用を始めました。

スズキはインドに巨大マーケットを抱えている影響から東芝やDENSOとバッテリー製造の合弁会社を設立、2020年までにEVの開発を目標にしています。

これまで軽自動車でエポックメイキングな車種を作ってきただけに、EVでも軽自動車のマーケット開発を期待したいところです。

1位 三菱 iMiEV(アイミーブ)

ニーズ

コンパクトサイズのEV乗用車に乗りたい

概要
メーカー 三菱 車名 iMiEV
一充電走行距離 164km エコカー減税 75〜100%
主要スペック
全長 全幅 全高 最小回転半径
3480mm 1475mm 1610mm 4.6m
室内長 室内幅 室内高 車両重量
1790mm 1270mm 1250mm 1100kg
新車価格 中古車相場価格
294.8万円 39.8〜129.8万円

軽自動車サイズで唯一、乗用タイプのEVだった三菱のiMiEVはフロントバンパーの形状変更を行い、2018年4月から登録車(小型車)サイズになってしまいました。

三菱から公式なコメントは出ていませんが、2018年2月移行の生産車に適用される歩行者頭部および脚部保護基準に対して、iMiEVの従来バンパー形状が適合しなかった可能性があります。

この一部改良に合わせて廉価版だったMを廃止、上級グレードのXだけになりました。販売台数は依然として少なく、2018年は4月までの段階で53台止まりです。

室内空間は変わらないのに登録車になって税金が高くなること、廉価版がなくなったことなどのデメリットが増えたので苦戦はさらに続きそうな気配です。

iMiEVの駆動用バッテリーは座席の下

iMiEVは2006年から2015年まで販売していた軽自動車、i(アイ)の骨格構造やボディを流用しています。i はエンジンを後部席後方にエンジンを置くミッドシップだったことから、その部分にモーターを含めたパワーユニットを移植、駆動用バッテリーは座席の下にレイアウトしました。車内空間をバッテリーで圧迫していないことが特徴のひとつです。

最高出力は軽自動車自主規制上限の47kW(64PS)、最大トルクは軽自動車ターボ仕様をはるかにしのぐ160N・m(16.3kgf・m)です。爽快な加速感を味わえますが、トルクを頻繁に引き出していると電力消費も激しくなって航続距離が落ちます。

iMiEVはできるだけ航続距離を伸ばせるように回生エネルギーを蓄電できるBポジションをセレクターレバーに設けました。これを利用してエコな運転をするほど航続距離を伸ばすことができます。

iMiEVのフル充電には約7時間が必要

AC200V/15Aでフル充電に必要な時間は約7時間、この一充電で可能な走行距離は約164kmです。シティコミューターとして利用する分には十分な航続距離といえます。

ただしエアコンなど電装部品を多用したり急加速を頻繁に繰り返していると航続距離は著しく変化します。航続距離には余裕を持っていた方が無難です。

遠出をする場合は事前に充電ステーションのポイントを調べておくことが大切です。iMiEVの急速充電機能はCHAdeMO(チャデモ)規格に準拠しており、現在、国内で利用できる充電スポットは急速充電器が約6000基、普通充電器は約14400基あります。

80%の急速充電でも約30分が必要なので、充電スポットに他の車が利用していた時はそれだけで時間を多く消費してしまいます。三菱のカーディーラーであればほとんどが充電設備があるので、それを利用するのがベストです。

iMiEVは中古車で購入した方がお得!

現行モデルは登録車サイズでも中古車市場に出回っているiMiEVはすべて軽自動車サイズです。中古車市場でも不人気車種なので販売価格も安く設定されています。

現行モデルよりも税金を節約できるため、コストパフォーマンスを考えるなら中古車を購入した方がお得感があります。

販売台数が少ないので必然的に中古車市場に出回っている車数も少ない状況ですが、それでも状態の良い車種が多いので選択できる余地があります。

2014年式走行距離1〜2万kmの上級グレードXは115〜135万円、2011〜2012年式走行距離4〜5万kmのMであれば40〜50万円の範囲内で購入できます。なお、購入の際は必ず充電ケーブルの有無を確認してください。

2位 ミニキャブ ミーブ

ニーズ

近距離配達をEVに変えたい

概要
メーカー 三菱 車名 ミニキャブ ミーブ
一充電走行距離 100〜150km エコカー減税 75〜100%
主要スペック
全長 全幅 全高 最小回転半径
3395mm 1475mm 1915mm 4.3m
荷室長 荷室幅 荷室高 車両重量
935〜1830mm 1360〜1370mm 1210〜1230mm 1090〜1100kg
新車価格 中古車相場価格
176.9〜215.0万円 49.8〜125.0万円

現在、国内で販売されている唯一の軽自動車サイズEVが商用バンのミニキャブミーブです。1999年から2014年まで販売していたミニキャブのシャーシやボディを流用し、iMiEVのパワーユニットを移植して2011年に発売しました。

一充電距離が異なる10.5kWhと16.0kWhの2タイプを用意、16.0kWhには2シーターと4シーターが設定されています。

EVの商用バンには多くのメリットがあります。近距離配達であればEVの航続距離に問題がないこと、商用に使わない深夜に充電できること、花や食品など環境を清潔にしたい店舗への配達に適していることなどです。

パワーユニットはキャブオーバー、つまり座席の下にレイアウトしているので荷室容積が変わらないことも魅力のひとつです。

近距離配達業者から評価を受けている荷室容積

一般的にEVはバッテリーサイズが大きいのでキャビンや荷室が狭くなります。しかしキャブオーバー型はパワーユニットを床下にレイアウトするので、EVになってもキャビンや荷室に影響がありません。

しかも重いバッテリーは重心位置を下げて車体を安定させるため、商用車には好都合となります。

ミニキャブ ミーブの荷室はビールケース36個、パンケース72個が積載可能で、テールゲートの開口部は高さ1145mm、幅1285mmと広く、しかも荷室床面地上高は675mmと低く設計されているので荷物の積み下ろしを比較的ラクに行えます。

またテールゲートの開閉ができない場所でも両サイドにスライドドアがあるのでスムーズな作業が可能です。

ミニキャブ ミーブの航続距離を選ぶ時は充電時間も考慮する

10.6kWhタイプの航続距離は約100km、16.0kWhタイプは約150kmです。航続距離は長いほどいいのですが、充電時間は10.6kWhの方が短く、200V/15Aでフル充電する場合は約4.5時間、16.0kWhは約7時間かかります。充電時間を多く取れない近距離配達業者はむしろ10.6kWhの方が利用しやすいといえます。

インテリアは商用車なのでシンプルに徹していますが、電力消費のメーターパネルは充実しています。デジタル表示のスピードメーター周囲にはパワーメーターがあり、グリーンのEcoゾーンとグリーンのPowerゾーンに針が振れている時は放電中、ブルーのChargeゾーンに入っている時は充電中を表します。

その他、駆動用バッテリー残量計と航続可能距離表示の2つのメーターをチェックしながら運転すれば航続距離を伸ばすことができます。

ミニキャブ ミーブの中古車は比較的安値傾向

近距離配達の商用に向いているミニキャブ ミーブですが、残念ながら販売成績は振るわず2018年は4月までの段階でわずか108台しか売れていません。

この販売成績に比例して中古車市場の車数は極端に少ない状況となっています。ただし販売価格は比較的安値傾向であることに加え、商用バン特有の荒っぽい使われ方が見られる車種は少ないので中古車で購入する価値は十分にあります。

安値側では2012〜2013年式走行距離5〜6万kmの場合、50〜60万円が相場です。高値側でも2014〜2015年式走行距離1〜2万kmで16.0kWhタイプが90〜110万円の範囲内で購入可能です。

なお、気に入った車種を見つけても遠距離の場合は運送費がかかることを想定しておく必要があります。

ミニキャブMiEVの評価

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

車のランキング参考サイト

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.