軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > セダンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

セダンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

  • セダンタイプの軽自動車は、使い勝手の良さと燃費の良さ・経済性が魅力!
  • 燃費がいい車種が多いので、デザインや価格で決めるとよいでしょう!
  • 軽自動車ならではの小さめの車体なので、普段1人か2人で乗る方におすすめ!
  • 燃費が非常によく車体価格も安いので、通勤用や日常の足として割り切った使い方もできる!
  • ボディーカラーやオプション設定が豊富で、女性向けのかわいいデザインの車種もたくさんある!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

セダンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  アルト(新型) ラパン ミラ イース N-ONE アルトバン キャロル プレオ ミラ モコ ピクシスエポック
車名 アルト ラパン ミラ イース N-ONE アルトバン キャロル プレオ ミラ モコ ピクシスエポック
メーカー スズキ スズキ ダイハツ ホンダ スズキ マツダ スバル ダイハツ 日産 トヨタ
室内長(mm) 2040 2020 2000 2045 2040 2040 2000 2000 2135 2000
室内幅(mm) 1255 1295 1350 1300 1255 1255 1350 1350 1285 1350
室内高(mm) 1215 1240 1240 1240 1215 1215 1265 1290 1260 1240
最高出力 52ps 52ps 49ps 64ps 52ps 52ps 58ps 58ps 64ps 49ps
最大トルク 6.4kg・m 6.4kg・m 5.8kg・m 10.6kg・m 6.4kg・m 6.4kg・m 6.6kg・m 6.6kg・m 9.7kg・m 5.8kg・m
車両重量 610kg 650kg 730kg 840kg 610kg 610kg 750kg 750kg 800kg 730kg
最小回転半径 4.2m 4.4m 4.4m 4.5m 4.2m 4.2m 4.2m 4.2m 4.2m 4.4m
JC08モード燃費 37.0km/L 35.6km/L 35.2km/L 28.4km/L 37.0km/L 37.0km/L 24.0km/L 24.2km/L 30.0km/L 35.2km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 100%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 40%減税 100%減税 100%減税
車体価格帯 84.7万円

126.6万円
107.7万円

165.4万円
76.6万円

135.4万円
118.5万円

172.8万円
84.7万円

126.6万円
84.7万円

112.3万円
88.4万円

102.5万円
88.4万円

102.5万円
119.3万円

165.6万円
76.6万円

131.6万円
評価・レビュー アルト(新型)の評価・レビュー ラパンの評価・レビュー ミラ イースの評価・レビュー N-ONEの評価・レビュー アルトバンの評価・レビュー キャロルの評価・レビュー プレオの評価・レビュー ミラの評価・レビュー モコの評価・レビュー ピクシスエポックの評価・レビュー
中古車検索
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

セダンタイプの軽自動車のスペック比較表の見方

こちらのページでは、セダンタイプ軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

燃費で選ぶ軽セダン

かつて軽セダンといえば、リアデッキを持つ3ボックス型が定番でしたが、利便性を追求した結果3ボックス型は衰退し、今ではリアデッキを持たない2ボックス型が主流となっています。軽自動車の規格が大きくなった1990年代以降にできた流れです。

軽セダンで人気が高いのがダイハツのミラです。法人車両の代表格ともいえる車種であり、高い人気を誇っています。価格が安く、燃費が良いことが法人から人気になっている理由です。現行モデルはX Special 5MTしかなく、MTの燃費の良さがウケています。

ミラでATに乗りたい場合には、ミライースやミラココアが選択肢となりますが、これらミラシリーズは全て軽セダンにおいて高い人気を得ています。ちなみに、ミライースはガソリン車で初めて燃費30km/Lを突破したことで話題になりました。

スズキのアルトも人気です。この人気の理由は、何といっても25.2~37km/Lという驚異的な低燃費によるものです。徹底的な軽量化によって車両重量を610㎏まで削減したことによって、低燃費を実現しました。デザインは新しさを取り入れつつも伝統的なスタイルを守っており、これがロングセラーの理由となっています。

また、アルトをベースとしてより低燃費を追求したアルトエコも人気の軽セダンです。車高を15mm落として空気低層を抑える、アイドリングストップを取り入れる、CVTエンジンの改良などにより、32~35km/Lというガソリン車No.1の燃費をアピールしています。

このほか、スズキのモコも見逃せません。モコはスズキMRワゴンのOME車ですが、日産独自のパーツを採用するなどのこだわりがあり、本家のスズキMRワゴンよりも売り上げがあります。

その他の軽セダン

もちろん、燃費以外の要素から人気に火がついている軽セダンもあります。例えば、ホンダのN-ONEですが、これは一般的な軽自動車よりも少し背が高いセミトールワゴンです。セミトールワゴンとしてはやや天井は低めであり、室内空間もやや狭い部類に入りますが、小回りが効く、駐車がしやすいなどの軽自動車本来の利便性を十分に備えており、ちょっとした日常の運転に適しています。

このほか、スズキのラパンや、ラパンから派生したラパンショコラも人気です。ラパンは2002年に若い女性向けのかわいらしいデザインとして登場してから、ロングセラーとなっています。内装には女性が好む演出が随所に施されています。現在は3代目が最新であり、2016年に発売されています。ラパンショコラは女性向けの要素をより強調した車種であり、軽自動車のなかにおいて女性から大きな人気を獲得しています。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > セダンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.