軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 4WDオフロード仕様の軽自動車比較人気ランキング

4WDオフロード仕様の軽自動車比較人気ランキング

こちらのページでは、4WDオフロード仕様軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 軽自動車でも本格4WD!
  • 悪路走破性が高くオフロードでも使える
  • オフロードテイストのボディデザイン
  • ホイールやマフラーなどのカスタマイズにも向いている
  • 軽自動車の小さなボディサイズで普通車のSUVにはない走行感覚!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

4WDオフロード仕様の軽自動車比較人気ランキング1位~7位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7
  ハスラー ジムニー キャスト パジェロミニ テリオスキッド AZ-OFFROAD キックス
車名 ハスラー ジムニー キャスト(アクティバ) パジェロミニ テリオスキッド AZ-OFFROAD キックス
メーカー スズキ スズキ ダイハツ 三菱 ダイハツ マツダ 日産
4WD設定 あり あり あり あり あり あり あり
室内長(mm) 2160 1685 2005 1665 1655 1660 1665
室内幅(mm) 1295 1220 1320 1220 1220 1220 1220
室内高(mm) 1250 1210 1245 1210 1155 1210 1210
最高出力 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps
最大トルク 9.7kg・m 10.5kg・m 9.4kg・m 9.0kg・m 10.9kg・m 10.5kg・m 9.0kg・m
車両重量 750kg 980kg 840kg 900kg 960kg 990kg 970kg
最小回転半径 4.6m 4.8m 4.7m 4.8m 4.7m 4.8m 4.8m
JC08モード燃費 32.0km/L 14.8km/L 30.0km/L 14.6km/L
* 10.15モード
16.8km/L
* 10.15モード
16.4km/L
* 10.15モード
14.6km/L
* 10.15モード
エコカー減税 100%減税 - 100%減税 - - - -
車体価格帯 107.8万円

178.3万円
129.6万円

162.5万円
122.0万円

174.4万円
124.1万円

169.6万円
130.5万円

143.1万円
147.2万円

158.0万円
1404900円

1593900円
評価・レビュー ハスラーの評価・レビュー ジムニーの評価・レビュー キャストの評価・レビュー パジェロミニの評価・レビュー テリオスキッドの評価・レビュー AZ-OFFROADの評価・レビュー キックスの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

軽自動車のオフローダーはスズキが圧倒的な強さ!

オフロードを走破できる性能を持つ軽自動車といえば、かつて三菱のパジェロミニが人気を集めたこともありましたが、現在、4WDオフロード仕様の軽自動車人気ランキングを見るとスズキの独壇場となっています。

軽自動車でもっともオフロード走行を得意としているのがスズキのジムニーです。初代は1970年に発売されましたが、当時は空冷2気筒の2サイクル360ccとバイクのようなエンジンを搭載していました。登場からすでに45年が経過していますが、排気量やボディサイズこそ大きくなったものの、ボディの骨格となるラダーフレームやリジットサスペンションなど登場からまったく変わっていない基本構造が大きな特徴です。

ボディの骨格はモノコックが主流となっており、ハシゴのようなフレームにエンジンやサスペンションを装着する方法は乗り心地が悪くなることから一般車にはほとんど採用されていませんが、悪路を走行する場合、モノコックはゆがみやすくラダーフレームの方が強度を確保できるため、ヘビーデューティーなオフロード車には現在も多くの車種が採用しており。トヨタのランドクルーザーもラダーフレームを使っています。

ただし3回のフルモデルチェンジとその間のマイナーチェンジでジムニーも進化しており、エンジンはハイパワーの直列3気筒DOHCインタークーラー付きターボチャージャー、4WDシステムは2WDと切り替えるだけでなく、さらに低速トルクを発揮できる4WD-Lまで切り替えられるようになっています。トランスミッションは5速マニュアルだけでなく4速オートマチックが用意されているのも現代に即した装備といえます。

ダイハツは新登場のキャストでスズキの独走を止める!

スズキにはジムニーの他にオフロードの走破性を高めた多目的SUV、ハスラーもあり、軽自動車オフローダーの人気を独占していましたが、その人気に歯止めをかけようとしてダイハツはキャストを開発しました。

ハスラーの対抗馬として登場したキャストは外観もハスラーを強く意識した多目的SUV仕様で、足回りを守るアンダーカバーまで装着されています。

走行性能は4WDを強調しており、フロントのマクファーソンストラット式コイルスプリングやリアの3リンク式コイルスプリングを4WD専用にチューニング、悪路でもフラットな乗り心地を味わえる設定になっています。また雪道や険しい下り坂では運転者がブレーキを踏まなくても自動ブレーキをかけることで前進時4~15kmの速度をキープできるDAC制御スイッチがついている点も魅力のひとつといえます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.