軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

  • スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車は、軽自動車とは思えない広い室内空間が魅力!
  • 室内空間の広さ、シートの足元空間の広さをチェックしよう!
  • ファミリー世帯は、スライドドア付も検討しよう!
  • ボディが大きいため重量が重くなりがちなので、走行性能が欲しい方はターボ付きがおすすめ!
  • シートがフラットになるか、小物入れは適当な場所にあるかなど、ご自分の使い方をイメージしながら選ぼう!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

スーパーハイトワゴンタイプ軽自動車比較人気ランキング!【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント スペーシア ウェイク フレアワゴン デイズルークス ピクシスメガ シフォン N BOXカスタム タントカスタム
車名 N BOX タント スペーシア ウェイク フレアワゴン デイズルークス ピクシスメガ シフォン N BOXカスタム タントカスタム
メーカー ホンダ ダイハツ スズキ ダイハツ マツダ 日産 トヨタ スバル ホンダ ダイハツ
室内長(mm) 2180 2200 2215 2215 2215 2235 2215 2215 2180 2200
室内幅(mm) 1350 1350 1320 1345 1320 1320 1345 1345 1350 1350
室内高(mm) 1400 1365 1375 1455 1375 1400 1455 1455 1400 1365
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 64ps 64ps 58ps 64ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 9.4kg・m 6.4kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 9.4kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m
車両重量 950kg 920kg 840kg 990kg 840kg 920kg 990kg 920kg 960kg 940kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 32.0km/L 25.4km/L 32.0km/L 26.2km/L 25.4km/L 28.0km/L 25.6km/L 28.0km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 60%減税 100%減税 80%減税 60%減税 80%減税 60%減税 80%減税
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
127.4万円

193.6万円
135万円

189.5万円
136.0万円

158.9万円
133.7万円

209.3万円
135万円

170.6万円
128.5万円

155.4万円
148万円

185.9万円
152.8万円

187.3万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー フレアワゴンの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー ピクシスメガの評価・レビュー シフォンの評価・レビュー NBOXカスタムの評価・レビュー タントカスタムの評価・レビュー
中古車検索
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車のスペック比較表の見方

こちらのページでは、スーパーハイトワゴンタイプ軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

軽自動車なのに広いスーパーハイトワゴン

軽自動車は狭いというのがこれまでの一般的な認識でした。国土が狭く人口密度が高い日本の土地事情によって生まれた軽自動車は、小さいのが当たり前、だから狭くても当たり前、狭くて乗り心地は悪いけれども、その代わり安くて燃費も良いというのが一般的な認識だったのです。

しかし、最近では軽自動車とは思わせない広々とした空間の軽自動車が多数登場しており、その最たるものがスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車です。

スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車は、従来の軽自動車に比べてかなり車高が高くなっています。低いものでも1360mm程度、高いものになると1400mmもの車高があります。ただし、この車高を実現するためにはどうしても重量が大きくなり、また車高が高くなったことで空気抵抗もより大きく受けることになるため、他の軽自動車に比べると燃費が悪くなりがちです。

他の軽自動車では30km/L の燃費が当たり前になりつつある中で、それを超える燃費の車種はほとんどありません。ただし、それでも快適な車内環境には代えがたいと思う人は多く、人気は高くなっています。

人気のスーパーハイトワゴンタイプはこれ!

特に人気が高いのは、ダイハツのタントとホンダのN BOXでしょう。タントはダイハツのベストセラー車種であり、2003年の発売から常にランキング上位に君臨してきました。また、それまでは少し広めのセミトールワゴンが人気であったところに、より広いスーパーハイトボディのタントが参入したことによって、その後の各メーカーの開発戦略に大きく影響を与えた車種で、スーパーハイトワゴンを語る上では外せない車種と言えます。

ホンダのN BOXは、ホンダの軽自動車の中で最も売れている軽自動車です。2011年に登場した比較的新しい車種であり、タントと同じくスーパーハイトボディです。長さ2180mm、幅1350mm、高さ1400mmというトップクラスの車内空間を実現しています。このほか、ホンダのNシリーズではN BOX+やN BOXカスタムも人気が高く、これらはN BOXをベースとしてトランク性能を上昇させたり、シートアレンジを多彩にした車種です。

最近人気が上昇しているスーパーハイトワゴンとして、スズキのスペーシアも外せません。スぺーシアは2013年に発売した車種です。スズキはそれまでもスーパーハイトワゴンタイプとしてパレットを販売していましたが、タントやN BOXに比べると商品力の弱さが否めませんでした。しかし、軽自動車の規格枠をフルに使った新型車の開発に取り組むことで、スペーシアという人気商品が誕生したのです。

最近の軽自動車業界では車内空間の充実が重視される傾向が非常に強いため、スーパーハイトワゴンタイプは今後ますます人気が高まることが予想されます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.