TOP > 車種別評価・レビュー一覧 > スペーシアの評価・レビュー

スペーシアの評価・レビュー

スペーシア
概要
メーカー スズキ 車名 スペーシア
JC08モード燃費 26.4〜30.0km/L エコカー減税 25〜75%
主要スペック
全長 全幅 全高 乗車定員
3395mm 1475mm 1785mm 4人
室内長 室内幅 室内高 最小回転半径
2155mm 1345mm 1410mm 4.4m
新車価格 中古車相場価格
133.3〜153.0万円 76.9〜139.8万円

新型プラットフォームの採用で生まれ変わったスペーシア

スペーシアの車体

スズキのスペーシアは全高1.7mを超えるスーパーハイトワゴンです。2017年12月にフルモデルチェンジを実施、現行モデルは2代目となります。

軽自動車のカテゴリーで激戦区となっているスーパーハイトワゴンはホンダのN-BOXが独走、ダイハツのタントが追従する形でシェアは二分化されており、初代スペーシアはライバル車に比べて特徴が少ないことから販売台数で差をつけられていました。

この差を挽回すべく開発されたのが2代目です。全グレードをマイルドハイブリッド専用車にするなどライバル車にない機能を備えていることが大きな特徴です。

車内の快適性を向上させた新型スペーシア

スペーシアの車体

2代目スペーシアにはスズキの新しいプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されています。

部品や構造の配置を全面刷新、屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで合理的かつシンプルな骨格構造を実現しました。

高張力鋼板の使用範囲を拡大して軽量化を図り、マイルドハイブリッドシステムを搭載しながらも車重の増加を最大20kgに抑えています。

HEARTECTのプラットフォーム採用で車内空間はさらに広がりました。

ホイールベースが35mm延長したことで前後の間隔に余裕ができ、大人が後部席に座っても足を組めるほどのスペースがあります。

また室内高は35mmアップして1410mmを確保、わずか10mmの差ですがN-BOXを超える室内高を実現しました。

スペーシアのインテリア

インテリアはレイアウトをシンプルにして上質感を高めました。

インパネ回りはアイボリーを配色、ダッシュボード面積を小さく設計したことにより開放感が生まれました。メーター左横にあるのはエアコンルーバーです。

運転席から手の届く位置にあり、つまみを回すだけで拡散モードとスポットモードを調整できます。また前部席ルーフにはスリムサーキュレーターが設置されています。

この2つを組み合わせて作動させれば車内の温度が偏らず、一定の快適空間を保つことができます。

スペーシア最大の特徴はハイブリッド搭載による燃費向上

スペーシアのハイブリッド

2代目のグレードはXとGの2タイプで、どちらもハイブリッド専用車となっています。

スペーシアに搭載されているハイブリッドシステムはスズキ独自の省エネシステム、S-エネチャージを進化させたタイプです。

モーター機能付発電機(ISG)が減速時の回生エネルギーを使って発電、専用リチウムイオンバッテリーに蓄電して電装部品などに供給すると同時に、その電力をモーターに使い、走行性能をアシストするマイルドハイブリッドシステムです。

このシステムや車体の軽量剛性化などによって燃費効率は向上し、JC08モードはスーパーハイトワゴンの中でもトップクラスとなる30.0km/Lを達成しました。

S-エネチャージよりもモーターパワーが強力なので、モーターだけのクリープ走行が可能になっています。渋滞時や排気ガスを出したくない車庫入れの時などに嬉しい機能です。

スペーシアのモーター走行

搭載しているエンジンはスズキの軽他車種と同じく自然吸気型のR06A型です。

ハイブリッド専用車に組み合わせることが多い高回転型のアトキンソンサイクルエンジンと違い、最大トルクは60N・m(6.1kgf・m)あるので低速から強いトルクを発揮します。

加速時にはモーターのアシストがありますが、さらにパワーを欲しい時はステアリングについているパワーモードスイッチをONにすることで、上り坂でもストレスのない走行を実現します。

流行りの迫力顔になったスペーシアカスタム

スペーシアカスタム

2代目に先駆けて2016年12月に発売されたスペーシアのカスタムZは今回のフルモデルチェンジで統合され、末尾のZが取れました。

ハイブリッド専用車であることは同じですが、カスタムのハイグレードXSにターボ装着モデルが設定されています。

最高出力は軽自動車自主規制枠の64PSとなっていますが、最大トルクは98N・m(10.0kgf・m)、これにモーターアシストのトルク50N・m(5.1kgf・m)が加わるので、スペック的にはスーパーハイトワゴン最強のパワーとなります。

スペーシアのインテリア

エクステリアはフロントマスクを大幅に変更してカスタム色を強めています。

小型のLEDヘッドライトを装備して逆台形にデザインしたアッパーグリルと一体化、フェンダーをフロントまで回り込ませてロアグリルをワイドにしました。

またインテリアはブラックとシルバーメッキモールの組み合わせでソリッドなイメージを打ち出しています。

シートやシフトノブ、ステアリングに赤いステッチを入れるなど高級感のある演出も施されており、男性好みの内装に仕上がっています。

中古車市場では格安で販売されている先代スペーシア

現行モデルのベーシックタイプは2017年12月の販売なので中古車市場に出回っていません。

したがってベーシックモデルを購入する場合は必然的に先代モデルとなります。

型落ちとなりますが、2017年12月に在庫処分として登録済未使用車が多く中古車市場に流れたことにより、販売価格の一時的な大幅下落の傾向が見られます。

2017年式後期モデルのハミドルレードGは登録済未使用車で115〜125万円が相場です。

新車販売価格は135万円前後なので、販売価格の安い登録済未使用車であれば20万円以上の差額が生まれます。

バックカメラなどのオプション装着車を探すことができたら差額をさらに広げることができます。現行モデルにこだわらなければ、先代モデルはかなりお得感のある中古車となります。

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

他の軽自動車の車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)

【英数字】
AZ-1 AZ-1 AZワゴン AZワゴン
AZ-OFFROAD AZ-OFFROAD eKスペース eKスペース
ekスポーツ ekスポーツ eKワゴン eKワゴン
i(アイ) i(アイ) Kei
MRワゴン N BOX N BOX
N BOXカスタム N BOXカスタム N-BOXスラッシュ N−BOXスラッシュ
N BOX+ N BOX+ N-ONE N-ONE
N-WGN N-WGN N-WGNカスタム
NT100クリッパー NT100クリッパー NV100クリッパー NV100クリッパー
NV100クリッパーリオ R1 R1
R2 R2 S660 S660
ア行
アイミーブ アイミーブ アクティトラック アクティトラック
アクティバン(商用) アクティバン(商用) アトレーワゴン アトレーワゴン
アルト(新型) アルト アルトエコ アルトエコ
アルトターボRS アルトバン アルトバン
アルトワークス アルトワークス WAKE ウェイク
エッセ(Esse) エッセ(Esse) エブリィ エブリィ
エブリィワゴン エブリィワゴン オッティ
カ行
カプチーノ カプチーノ キックス キックス
キャスト キャリィ キャリィ
キャロル キャロル キャロルエコ キャロルエコ
コペン(新型) コペン(新型) コペン コペン(旧型)
サ行
サンバートラック サンバートラック サンバーバン サンバーバン
シフォン シフォン ジムニー ジムニー
スクラムバン スクラムバン スクラムトラック スクラムトラック
スクラムワゴン スクラムワゴン ステラ ステラ
ステラカスタム ステラカスタム スペーシア スペーシア
スペーシアカスタム スペーシアカスタム スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ
セルボ セルボ ゼスト(zest) ゼスト(zest)
ソニカ ソニカ    
タ行
タウンボックス タウンボックス タント タント
タントエグゼ タントエグゼ タントカスタム タントカスタム
テリオスキッド テリオスキッド DAYZ(デイズ) DAYZ(デイズ)
デイズライダー DAYZ ROOX DAYZ ROOX(デイズルークス)
ディアスワゴン ディアスワゴン トッポ(TOPPO) トッポ(TOPPO)
トッポBJ トッポBJ    
ナ行
       
ハ行
ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ ハイゼットトラック ハイゼットトラック
ハイゼットキャディー ハイゼットキャディー HUSTLER(ハスラー) ハスラー(HUSTLER)
バモス(VAMOS) バモス(VAMOS) バモスホビオ バモスホビオ
バモスホビオプロ バモスホビオプロ パジェロミニ パジェロミニ
パレット パレット ビート(BEAT) ビート(BEAT)
ピクシスエポック ピクシスエポック ピクシスジョイ ピクシスジョイ
ピクシススペース ピクシススペース ピクシストラック ピクシストラック
ピクシスバン ピクシスバン ピクシスメガ ピクシスメガ
フレア フレア フレアクロスオーバー フレア クロスオーバー
フレアワゴン フレアワゴン プレオ プレオ
プレオバン プレオバン プレオプラス プレオプラス
マ行
ミニカ ミニカ ミニキャブトラック ミニキャブトラック
ミニキャブバン ミニキャブバン ミニキャブミーブ ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブトラック ミニキャブミーブトラック ミラ ミラ
ミラ イース ミラ イース ミラココア ミラココア
ミラジーノ ミラジーノ ミラバン ミラバン
ムーヴ(新型) ムーヴ(新型) ムーヴ ムーヴ(旧型)
ムーヴカスタム ムーヴカスタム ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス
ムーブコンテ ムーブコンテ モコ モコ
ヤ行
       
ラ行
ライフ ライフ ラパン ラパン
ラパンショコラ ラパンショコラ ルクラ ルクラ
ルークス ルークス    
ワ行
ワゴンR ワゴンR ワゴンRスティングレー ワゴンRスティングレー

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.