TOP > 車種別評価・レビュー一覧 > トッポ(TOPPO)の評価・レビュー

トッポ(TOPPO)の評価・レビュー

写真 概要 詳細
トッポ メーカー 三菱
車名 トッポ
JC08モード燃費 19.8km/L
エコカー減税 -%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 最小回転半径
3395mm 1475mm 1700mm 4.4m
室内長 室内幅 室内高 車両重量
1910mm 1275mm 1430mm 850kg
新車価格 中古車相場価格
-万円 34.8〜75.0万円

トッポは名前の通り全高1.7mのスーパーハイトワゴン!

トッポデザイン

三菱のトッポは、2008年から2013年まで販売されていた全高1.7mのスーパーハイトワゴンです。登場当時はスーパーハイトワゴンのジャンルが確立されておらず、スズキのワゴンRやダイハツのムーヴに対抗するトールワゴンとして発売されました。

開発と製造のコストを極端に抑え、既存車種の部品を多用していながら、最終的には優れたコンポーネントを実現、後継車となるekワゴン開発までの隙間を埋める役割を果たしました。

1990年に発売されたミニカトッポがルーツ!

トッポミニカトッポ
トッポBJ

三菱は、ボディサイズが決められている軽自動車において、古くから車内空間の拡大を高さに求めているメーカーでした。

トッポのルーツになっているのが1990年に発売されたミニカトッポで、全高わずか1465mmmの2BOXハッチバック、ミニカのキャビン部だけを1745mmまで上げたスタイルで登場しました。

サイドガラスの面積がベルトライン下の鋼板部分より広い奇異なデザインでしたが、それまでの軽自動車にはなかった広い車内に意外と人気が集まりました。

1998年の軽自動車規格改正のタイミングに合わせて、三菱はミニカから独立させ、トッポBJという後継車種を開発します。全高はさらに高くなり1790mmに達しました。

全体の約60%が既存車種の部品!

トッポBJは2004年に生産終了しましたが、軽自動車の潮流は2BOXハッチバックスタイルからトールワゴン系に移っていたため、三菱もラインナップにトールワゴンを加える必要が出てきたことから、トッポが再び発売されることになります。

当時の三菱にはトールワゴンを白紙状態から開発するだけの資金がないことから、2代目ekワゴンのプラットフォームや足回りを流用、全体の約60%が既存車種の部品となってしまいましたが、スプリングやダンパーは低重心設計にし、エンジンを最適化して燃費性能を向上させ、鋼板を厚くして安全性能を高めるなど各部の設計見直しをしたことにより、高い走行性と安全性、操縦性を実現しています。

室内高は他のスーパーハイトワゴンに引けを取らない1430mmを確保!

トッポインパネ

インテリアのほとんどがekワゴンと共有なので目新しさはありませんが、三菱らしく上質な車内に仕上がっています。インパネ回りは当時の流行だったセンターメーターを採用、センタークラスターはシルバーメッキパネルで加飾し、車内にアクセントを加えています。

室内高は1430mmと、現在のスーパーハイトワゴン以上の高さを実現しており、小さな子供であれば立ったまま着替えができるスペースを確保しています。

トッポシート

既存車種の部品を流用して大きなメリットを生み出したのが、シート骨格です。フロントシートはekワゴンから、リアシートはトッポBJから流用したことにより、運転席はヒップポイントが上がってドライビングポジションの視界性が高まり、後部席はヘッドクリアランスに余裕ができて車内の開放感が増しました。

パーツの寄せ集めというより、既存車種のいいとこ取りを結果に結びつけた車種といえます。

車内の広さで中古車を購入するなら迷わず選択肢に!

トッポは、ライバルの多いトールワゴンのジャンルで健闘した車種なので、中古車市場でも好みのグレードやボディカラーを選択できるほどの車数は出回っています。

ボリュームゾーンとなるのは60〜80万円の範囲内で、最終登録年度となる2013年式の走行距離2〜3万kmという状態の良い車種は80万円前後が相場となっています。

走行距離5万km前後になると販売価格は約20万円下落、2011年登録モデルで同走行距離の車種は40〜60万円が相場となっています。

ユーティリティ性は現在のスーパーハイトワゴンとあまり変わらないので、中古車購入の基準で車内の広さを優先するならお買い得の1台といえます。

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

他の軽自動車の車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)

【英数字】
AZ-1 AZ-1 AZワゴン AZワゴン
AZ-OFFROAD AZ-OFFROAD eKスペース eKスペース
ekスポーツ ekスポーツ eKワゴン eKワゴン
i(アイ) i(アイ) Kei
MRワゴン N BOX N BOX
N BOXカスタム N BOXカスタム N-BOXスラッシュ N−BOXスラッシュ
N BOX+ N BOX+ N-ONE N-ONE
N-WGN N-WGN N-WGNカスタム
NT100クリッパー NT100クリッパー NV100クリッパー NV100クリッパー
NV100クリッパーリオ R1 R1
R2 R2 S660 S660
ア行
アイミーブ アイミーブ アクティトラック アクティトラック
アクティバン(商用) アクティバン(商用) アトレーワゴン アトレーワゴン
アルト(新型) アルト アルトエコ アルトエコ
アルトターボRS アルトバン アルトバン
アルトワークス アルトワークス WAKE ウェイク
エッセ(Esse) エッセ(Esse) エブリィ エブリィ
エブリィワゴン エブリィワゴン オッティ
カ行
カプチーノ カプチーノ キックス キックス
キャスト キャリィ キャリィ
キャロル キャロル キャロルエコ キャロルエコ
コペン(新型) コペン(新型) コペン コペン(旧型)
サ行
サンバートラック サンバートラック サンバーバン サンバーバン
シフォン シフォン ジムニー ジムニー
スクラムバン スクラムバン スクラムトラック スクラムトラック
スクラムワゴン スクラムワゴン ステラ ステラ
ステラカスタム ステラカスタム スペーシア スペーシア
スペーシアカスタム スペーシアカスタム スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ
セルボ セルボ ゼスト(zest) ゼスト(zest)
ソニカ ソニカ    
タ行
タウンボックス タウンボックス タント タント
タントエグゼ タントエグゼ タントカスタム タントカスタム
テリオスキッド テリオスキッド DAYZ(デイズ) DAYZ(デイズ)
デイズライダー DAYZ ROOX DAYZ ROOX(デイズルークス)
ディアスワゴン ディアスワゴン トッポ(TOPPO) トッポ(TOPPO)
トッポBJ トッポBJ    
ナ行
       
ハ行
ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ ハイゼットトラック ハイゼットトラック
ハイゼットキャディー ハイゼットキャディー HUSTLER(ハスラー) ハスラー(HUSTLER)
バモス(VAMOS) バモス(VAMOS) バモスホビオ バモスホビオ
バモスホビオプロ バモスホビオプロ パジェロミニ パジェロミニ
パレット パレット ビート(BEAT) ビート(BEAT)
ピクシスエポック ピクシスエポック ピクシスジョイ ピクシスジョイ
ピクシススペース ピクシススペース ピクシストラック ピクシストラック
ピクシスバン ピクシスバン ピクシスメガ ピクシスメガ
フレア フレア フレアクロスオーバー フレア クロスオーバー
フレアワゴン フレアワゴン プレオ プレオ
プレオバン プレオバン プレオプラス プレオプラス
マ行
ミニカ ミニカ ミニキャブトラック ミニキャブトラック
ミニキャブバン ミニキャブバン ミニキャブミーブ ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブトラック ミニキャブミーブトラック ミラ ミラ
ミラ イース ミラ イース ミラココア ミラココア
ミラジーノ ミラジーノ ミラバン ミラバン
ムーヴ(新型) ムーヴ(新型) ムーヴ ムーヴ(旧型)
ムーヴカスタム ムーヴカスタム ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス
ムーブコンテ ムーブコンテ モコ モコ
ヤ行
       
ラ行
ライフ ライフ ラパン ラパン
ラパンショコラ ラパンショコラ ルクラ ルクラ
ルークス ルークス    
ワ行
ワゴンR ワゴンR ワゴンRスティングレー ワゴンRスティングレー

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.