軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > 軽自動車の総合比較人気ランキング!

軽自動車の総合比較人気ランキング!【2017年版】

  • 総合ランキングでは、すべての車種の中でどのような車種が人気があるのかわかります!
  • セミトールワゴンタイプ・スーパーハイトワゴンタイプなど、広い室内空間を持った車種が人気!
  • ご自分の主な使用目的に応じて車種を選ぼう!
  • 室内空間の広さ・荷室容量・小物入れの位置等、ご自分の車の使い方をイメージしながら最適な車種を選ぼう!
  • 高速道路や坂道でのパワーが欲しい方は、ターボ付きを検討しよう!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

軽自動車総合比較人気ランキング!【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント DAYZ(デイズ) ムーヴ(新型) アルト(新型) N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR ハイゼットトラック
車名 N BOX タント デイズ ムーヴ アルト N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR ハイゼットトラック
メーカー ホンダ ダイハツ 日産 ダイハツ スズキ ホンダ スズキ スズキ スズキ ダイハツ
室内長(mm) 2180 2200 2085 2080 2040 2055 2160 2215 2450 1940
室内幅(mm) 1350 1350 1295 1320 1255 1355 1295 1320 1355 1410
室内高(mm) 1400 1365 1280 1280 1215 1300 1250 1375 1265 285
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 64ps 64ps 52ps 53ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 6.4kg・m 10.6kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m 6.1kg・m 6.1kg・m
車両重量 950kg 920kg 830kg 820kg 610kg 830kg 750kg 840kg 770kg 740kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.2m 4.5m 4.6m 4.4m 4.4m 3.6m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 30.4km/L 31.0km/L 37.0km/L 29.4km/L 32.0km/L 32.0km/L 33.4km/L 21.0km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 -
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
115万円

182.5万円
113.4万円

150.6万円
84.7万円

126.6万円
109万円

147万円
107.8万円

178.3万円
127.4万円

193.6万円
107.8万円

153万円
65.3万円

132.8万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー デイズの評価・レビュー ムーヴの評価・レビュー アルト(新型)の評価・レビュー N-WGNの評価・レビュー ハスラーの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー ワゴンRの評価・レビュー ハイゼットトラックの評価・レビュー
中古車検索
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

軽自動車の総合スペック比較表の見方

こちらのページでは、軽自動車すべてのタイプのスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

高い人気を誇る三車種

近年、日本では軽自動車の人気が高まっています。軽自動車の人気の理由として最も大きなものは、なんといっても経済面です。普通車を新車で購入するとほとんどの場合は200万円を越えますが、軽自動車ならば安いものは100万円ちょっと、高いものでも200万円を越えることがありません。燃費も非常によく、燃費を売りにしているものでは35km/L以上であり、そうではないものでも30km/L前後が標準的です。

また、軽自動車といえば小さな車というのが一般的な認識でしたが、最近では軽自動車とは思えないほど広い軽自動車が開発されています。タントやN BOXなどが良い例であり、広さがウケて高い人気を獲得しています。タントやN BOXの広さはクラス最大級であり、「スーパーハイトボディ」と言われていますが、それ以外の軽自動車においても広さを重視した「ハイトボディ」の軽自動車が多数登場しています。

人気が高い軽自動車のうち、不動の人気を獲得している軽自動車といえばワゴンRでしょう。ワゴンRは1993年のデビュー以来根強い人気を誇っており、なおかつたえず進化を続けることで人気をゆるぎないものにしています。

色々な車があるのも人気の秘訣

軽自動車は、それ以外のクラスと比べて多種多彩な車が販売されています。そのため、軽自動車を買おうと思ったときにはたくさんの選択肢の中から選ぶことができます。これも、軽自動車が人気である理由のひとつになっているでしょう。これは日本の自動車業界だけで見られる傾向であり、国土が狭く人口密度が高い日本でのみ軽自動車が進化してきました。

以前の軽自動車市場では、ダイハツとスズキが席捲していました。しかし、最近では他のメーカーも軽自動車開発に力を入れています。例えば、ホンダのN BOXが急激に売り上げを伸ばしていますし、日産と三菱が共同出資して作った合弁会社NMKVが開発したデイズとeKワゴンも人気を集めています。

NMKVはそれまでの軽自動車では軽視されがちであった内装の質感を高めることによって、高い評価を得ています。もっとも、スバルは軽自動車市場から撤退しているため、すべてのメーカーが等しく軽自動車に力を入れているわけではありません。

とはいえ、ダイハツとスズキは未だに大きなシェアを獲得しており、ダイハツのタント・ミラ・ムーヴ、スズキのワゴンR・スペーシア・アルト・ハスラーなどもよく売れています。軽自動車の人気の高まりによって、中古車市場でも中古車がよく売れています。そのため、軽自動車は下取りや買取に出したときも高値が付きやすくなっています。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

【TOPページ】 > 軽自動車タイプ別比較ランキング! > 軽自動車の総合比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.