軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > スライドドアの軽自動車比較人気ランキング!

スライドドアの軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、スライドドア軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 隣の車にドアが当たることがない!
  • お子さんの乗り降りがしやすい!
  • スーパーハイトワゴンタイプや1BOXタイプの軽自動車に多い
  • スライドドアは電動か手動か
  • お子さんのいるファミリーに便利
  • 室内空間が広い軽自動車に多い
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

スライドドアの軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント スペーシア デイズルークス ウェイク eKスペース エブリィワゴン N BOXカスタム タントカスタム N BOX+
車名 N BOX タント スペーシア デイズルークス ウェイク eKスペース エブリィワゴン N BOXカスタム タントカスタム N BOX+
メーカー ホンダ ダイハツ スズキ 日産 ダイハツ 三菱 スズキ ホンダ ダイハツ ホンダ
スライド性能 手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
手動:両側
電動:両側
スライド開口幅 640mm 運)595mm
助)605mm
【1490mm】
640mm 580mm 595mm 580mm 775mm 640mm 運)595mm
助)605mm
【1490mm】
580mm
室内長(mm) 2180 2200 2215 2235 2215 2235 2040 2180 2200 1885
室内幅(mm) 1350 1350 1320 1320 1345 1320 1355 1350 1350 1350
室内高(mm) 1400 1365 1375 1400 1455 1450 1420 1400 1365 1400
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 58ps 64ps 58ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.7kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 6.6kg・m
車両重量 950kg 920kg 840kg 920kg 990kg 950kg 940kg 960kg 940kg 990kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.5m 4.4m 4.5m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 32.0km/L 26.2km/L 25.4km/L 22.2km/L 16.2km/L 25.6km/L 28.0km/L 24.4km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 80%減税 60%減税 25%減税 - 60%減税 80%減税 60%減税
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
127.4万円

193.6万円
133.7万円

209.3万円
135万円

189.5万円
123.9万円

169.0万円
142.5万

181.4万円
148万円

185.9万円
152.8万円

187.3万円
134万円

172.9万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー eKスペースの評価・レビュー エブリィワゴンの評価・レビュー NBOXカスタムの評価・レビュー タントカスタムの評価・レビュー N BOX+の評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

2016年スライドドアの軽自動車人気ランキングは大きな変動なし!

2016年はスライドドアに関する改良を行なった車種、あるいはスライドドアを採用したニューモデルはムーヴキャンパス以外にないのでスライドドアの軽自動車比較人気ランキングの順位に大きな変動はありません。ここではスライドドアが活躍する小さな子供のいる家族向けのスーパーハイトワゴン、N-BOXとタント、スペーシアの操縦性能とニューモデルのムーヴキャンパスにスポットを当てて解説します。

2016年スライドドア軽自動車人気ランキング上位の操縦性を比較

女性が運転しやすい車種に人気が集まるスーパーハイトワゴン

スーパーハイトワゴンは日中、買い物や子供の送り迎えなど女性が運転する機会の多い車種です。どの車種もスライドドアは電動で作動するので小さな子供が勢いよくドアを開けて隣のクルマにキズをつける心配がなく、赤ちゃんを抱いた時でも無理をせずにチャイルドシートに乗せることができ、またベビーカーや大きな荷物を乗せる際にも便利です。

これらの利便性と同時に、運転の不慣れな女性でも安全に走行できる操縦性もスーパーハイトワゴンに求められる資質といえます。軽自動車全タイプの人気ランキングで第1位を獲得したホンダのN-BOXは予防安全装置は他車に比べて劣っているものの、女性でも運転しやすい設計と装備が随所に見られます。

ピタ駐ミラーでスライドドア後方の視界も確保

運転席のアイポイントはミニバンと同等の高さに設計されており、フロントガラスの傾斜角を立ててAピラーを2重にしているため前方視界が見やすく、ボンネット形状がボックス型なので車幅感覚を把握しやすいデザインになっています。またライバル車にない機能としてはピタ駐ミラーがあります。

これはスーパーハイトワゴンに生じやすい死角をミラーによって軽減する装備で、サイドビューサポートミラーと広角ドアミラー、さらに車内後部のハイマウント・ストップランプに取り付けた後方視角支援ミラーによって構成されています。縦列駐車やバック駐車が苦手な女性でも車体周囲の状況が分かりやすいので比較的簡単に操作できる仕組みになっています。

スライドドアのユーティリティ性は人気断トツのタント

スライドドアの使いやすさ、ユーティリティ性ではNO.1のミラクルオープンドアを持つタントも女性が運転しやすい装備を持っています。タントに設定されている予防安全装置スマアシⅢには死角になりやすい後部左右の障害物をソナーセンサーで検知する機能がついています。後方誤発進抑制が本来の目的ですが、低速でバックしている際は駐車のサポート役も行います。

障害物が約60~45cmまで近づくとピッピッという断続音を出し、約45~30cmになるとピ・ピ・ピと断続間隔が短い音になり、約30cm以下になるとピーという連続音に変わります。N-BOXと同じようにハイマウント・ストップランプにはリアアンダーミラーが取り付けられているので後方真下の視界も確保できます。最小回転半径が4.4mと短いことも運転しやすいポイントのひとつです。

小さな子供でも余裕を持って乗降できるリアステップが人気のスペーシア

スペーシアのスライドドア開口部はN-BOXと並ぶスーパーハイトワゴン最大の640mmで振り出し量はわずか150mm、リアステップの地上高は340mmに抑えられているので狭い駐車場でも隣のクルマに気を使うことなく、小さな子供が余裕を持って乗降できる設計になっています。振り出し量とリアステップ地上高は軽自動車でトップクラスの値です。

運転のしやすさではオプション設定で全方位モニターが用意されました。これは日産のアラウンドビューと同じシステムで、フロント中央と左右のサイドミラー、バックドアに設置された小型カメラが周囲の状況を撮影、クルマを俯瞰で見たような映像を作り出す機能です。

またそれぞれのカメラを単独で作動させることもでき、ディスプレイはセンタークラスターの7インチ大画面を使用するので小さな障害物でもしっかりと見分けることができます。運転席と助手席にシートヒーター、後部席用にリアヒーターダクトが標準装備されているのも冷え性の女性には嬉しいポイントといえます。

2016年に発売されたムーヴキャンパスはトールワゴン初のスライドドア採用

ダイハツのムーヴキャンパスは2016年に発売された軽自動車唯一のニューモデルです。ネーミングからも分かるようにムーヴの派生車種となるトールワゴンで、このカテゴリーでは初めて後部両側スライドドアを採用しました。

大人の女性を訴求対象にしており、エクステリアはフロントにセミボンネットを設けていますが全体のシルエットはフォルクスワーゲンのタイプⅡ、通称ワーゲンバスに似たクラシカルな雰囲気が特徴となっています。両側スライドドアは電子カードキーを携帯していればドアハンドルのスイッチを押すだけで開閉する電動式で、小さな子供への利便性を考えた装備の代わりに荷物を置きやすい工夫が施されています。

後部席の座面下には「置きラクボックス」とネーミングされた引き出し式の収納ボックスが設置されており、座面やフロアに直接置きたくない荷物を乗せることができます。中敷きがあり、これを立ち上げるとボックス底が深くなるので倒れやすい手提げ荷物も安定して積めます。オシャレ感覚と大人の女性のためのユーティリティ性を備えた車種に仕上がっています。

スーパーハイトワゴンのボディ剛性を支えるスライドドア!

2BOXハッチバック以外の軽自動車、スーパーハイトワゴンやスーパーハイトワゴンになると、多くの車種がスライドドアを採用しています。軽自動車はボディサイズが規格で定められているため、どうしても規格を目一杯使うために全高を上げる傾向にありますが、車体が高くなるほどドア面積も増えてしまいます。

一般的な開閉式ドアは後部席側がセンターピラーへヒンジで止める形状となっていますが、ドア面積が大きくなるほど重くなり、センターピラーに負荷がかかってモノコックを歪めやすくなってしまいます。

しかしスライドドアを採用すればドアの上下部にレールを設置することで開閉が行え、しかもセンターピラーへの負荷も減るので強いボディ剛性を保つことができます。全高が上がった軽自動車のスライドドア採用は必然と言っても過言ではありません。

スライドドアによってボディ剛性が上がるため、軽自動車特有のボディサイズが小さいという欠点に対して側面を大きく開放できるというメリットを発生させました。このメリットを最大限に活かしているのが、スライドドア軽自動車人気ランキングで、つねにトップグループに位置するダイハツのタントです。

多目的SUVでスライドドアを採用しているのはウェイク!

スーパーハイトワゴンのタントは車高が1750mmもあり、日産の小型ミニバン、セレナと約100mmしか変わりありません。当然、スライドドアの重量も重くなりますが、タントは助手席側センターピラーを取り除き、助手席側ドアを90度開放すれば全長1490mmという広い開口部を確保しました。

運転席側後部もスライドドア(こちらはセンターピラーあり)なので、両方を開放すると小さな子供が立ったままウォークスルーできるほどの広さを持っています。またセンターピラーを取り除くとボディ剛性に不安を感じる人もいますが、タントは助手席側ドアとスライドドア内側に超高張力鋼板ピラーを取り付けているので、強いボディ剛性を確保しています。

その他、日産と三菱の合弁会社、NMKVが開発したデイズルークスやスズキのスペーシアなどもランキングのトップグループを形成していますが、注目したいのはダイハツのウェイクです。

多目的SUVは走行性能やスタイリングから車高をやや低く設定しがちですが、ウェイクはあえてスーパーハイトワゴンの中でもトップクラスの全高、1835mmを確保、小さな子供のためではなくアウトドアのギアを乗せやすくして、ユーティリティ性を高める目的でスライドドアを採用しています。ラゲージパネルや後部シート背面を防水加工している点もアウトドア派には嬉しいポイントです。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > スライドドアの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.