軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 室内が広い軽自動車比較人気ランキング!

室内が広い軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、室内が広い軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 室内が広いので、4名乗車時でも快適!
  • 軽自動車とは思えない広々空間
  • 子供のいるファミリーに最適
  • 荷物もたくさん積める
  • スライドドア搭載車もある
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

室内が広い軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  ウェイク ピクシスメガ N BOX タント デイズルークス スペーシア N BOXカスタム タントカスタム eKスペース フレアワゴン
車名 ウェイク ピクシスメガ N BOX タント デイズルークス スペーシア N BOXカスタム タントカスタム eKスペース フレアワゴン
メーカー ダイハツ トヨタ ホンダ ダイハツ 日産 スズキ ホンダ ダイハツ 三菱 マツダ
室内長(mm) 2215 2215 2180 2200 2235 2215 2180 2200 2235 2215
室内幅(mm) 1345 1345 1350 1350 1320 1320 1350 1350 1320 1320
室内高(mm) 1455 1455 1400 1365 1400 1375 1400 1365 1450 1375
最高出力 64ps 64ps 58ps 64ps 64ps 64ps 58ps 64ps 64ps 52ps
最大トルク 9.4kg・m 9.4kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.7kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 6.4kg・m
車両重量 990kg 990kg 950kg 920kg 920kg 840kg 960kg 940kg 950kg 840kg
最小回転半径 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m
JC08モード燃費 25.4km/L 25.4km/L 25.6km/L 28.0km/L 26.2km/L 32.0km/L 25.6km/L 28.0km/L 22.2km/L 32.0km/L
エコカー減税 60%減税 60%減税 60%減税 80%減税 80%減税 100%減税 60%減税 80%減税 25%減税 100%減税
車体価格帯 135万円

189.5万円
135万円

170.6万円
119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
133.7万円

209.3万円
127.4万円

193.6万円
148万円

185.9万円
152.8万円

187.3万円
123.9万円

169.0万円
136.0万円

158.9万円
評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー ピクシスメガの評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー NBOXカスタムの評価・レビュー タントカスタムの評価・レビュー eKスペースの評価・レビュー フレアワゴンの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

2016年の車内が広い軽自動車人気ランキングは大きな変動なし!

車内が広い軽自動車比較人気ランキングは2016年に車内空間拡大やユーティリティ性で優れた新車種が出てこなかったため、昨年と変動がありません。車高を約1.8mまで上げ、ホイールベースを2.5m近くまで延長したダイハツのウェイクを始め、ランキングはすべて全高1.7mを超す各メーカーのスーパーハイトワゴンで占められています。

2016年も車内の広さで人気を集めたのはダイハツのウェイク

荷室デッキボードで車内の広さを有効的に使う

現在、軽自動車の乗用ワゴンでもっとも車高が高いダイハツのウェイクは都市部の近距離使用からアウトドアレジャーまで幅広いニーズを満たすために開発された車種です。車内高1455mmは軽自動車トップとなる空間を作り出していますが、広さだけでなくレジャーを考えたユーティリティ性能を備えていることも特徴のひとつです。

ラゲージルームの床には撥水加工してあるデッキボードが備えられており、これを引き上げて固定すると容量90Lのアンダートランクが出現、ラゲージルームの高さは1485mmまで拡大されるので背の高い観葉植物でもそのまま積載できます。アルミ製の脚を立てればアンダートランクとデッキボード上に2段積みが可能、さらに後部席背もたれを前倒させるとデッキボードと段差のないフラットな空間となり、大きな荷物の積載を無理なく行えます。

また前部席のヘッドレストを外して背もたれを後倒させれば車内にフルフラットな空間を作ることができたり、助手席背もたれの背面はテーブル仕様であったり、とアウトドアレジャーで便利な機能が多く揃っています。

マルチボードを使って車内の広さをフルフラットにするN-BOX+

全軽自動車の中で新車販売台数第1位を獲得したホンダのN-BOXはユーティリティ性に優れた派生車種、N-BOX+(プラス)を販売しています。ちなみにこの車種はN-BOXの別グレード扱いであるため、カスタムやスタイリングを変えたN-BOX/(スラッシュ)などと同様にN-BOXの新車販売台数に含まれています。

エクステリアとインテリア装備、車内空間の広さはN-BOXとまったく同じですが、ラゲッジルームが大きく異なっています。床面はリアエンドに向かって傾斜角がつけられており、その上にラゲッジルームをフラットにするためのエンドボード、マルチボードの大小2枚、合計3枚のボードでラゲッジルームを構成しています。これらのパネルを組み合わせると車内にフルフラットな空間を作り出せることがN-BOX+の大きな魅力となっています。

斜めになった床面は開口部高さを33cmまで下げたため、バッテリーが付いた重い電動アシスト自転車でも女性が無理なく積載できるようになり、さらにディーラーオプションの車いす仕様キットを取り付ければアルミスロープと電動ウインチ、車いす固定セットなどが装備されて車いすでも安全な移動が可能となります。なお、ディーラーオプションはアルミスロープ単体も用意されています。

2016年の車内が広い軽自動車人気ランキング中位の車種は利便性以外で差異化

上質な車内装備で広さを快適に演出するデイズルークス

車内高ではN-BOX+と同じ1400mmを確保している日産のデイズルークスは車内空間においてユーティリティ性よりも乗員の快適性を優先している車種です。スーパーハイトワゴンは初めて購入するクルマ、ファーストカーとしての資質を備えていることがひとつの条件となっています。車内装備を上質にして小型車や普通車と変わらない雰囲気を与えていることがデイズルークスの大きな魅力です。

センタークラスターに設置されたオートエアコン操作パネルはピアノブラック調のタッチ方式で操作性に優れており、車内に取り入れる空気は高性能エアコンフィルターによって花粉だけでなく黄砂やPM2.5といった超微粒子までカットします。

また前席上部には後部席まで届くリアシーリングファンが取り付けられているので後部席でも快適な車内温度を保つことができます。このシーリングファンには車内の空気を清浄にする「ナノイー」発生機能を軽自動車として初めて装備しました。アレルギーを持つ小さな子供がいる家庭には嬉しい装備です。

車内長に限っていえば広さはキャブオーバー型がベスト

スズキのスペーシアは多彩なシートアレンジやオートエアコンに「ナノイー」機能を装備するなど、スーパーハイトワゴンとしての利便性を一応揃えていますが、車内空間に関しては独自性が薄いため、ライバル車の後塵を拝しているといえます。

ただし燃費性能に関してはスーパーハイトワゴンの中ではトップとなるJC08モード32.0km/Lを記録しています。車内空間よりも燃費効率が大事というユーザーにとっては選択肢に入れる価値を十分に備えている車種です。

ちなみにスペック表の車内長とは運転席ダッシュボードから後部席ヘッドレストまでの長さを示しており、荷室分は含まれていません。荷室分を含めるとエンジンを座席の下に配置するキャブオーバー型の方が車内長に限れば断然有利となります。

ダイハツのアトレーやスズキのエブリイワゴンはスーパーハイトワゴンでは実現できないシートだけのフルフラット化も可能で、ユーティリティ性でもけっして引けを取っていません。ただし快適性の装備はスーパーハイトワゴンより劣っているので小さな子供のいる家族には向いているとは言えませんが、荷物を積む機会が多いユーザー、あるいは車中泊も考えている人には購入選択肢に入れておきたい車種です。

自動車規格の中で最大限に拡大された室内!

軽自動車は道路運送車両法でボディサイズが決められており、全長は3400mm以下、全幅は1480mm以下、全高は2000mm以下に収めなければなりません。この規格は1998年に改正され、以前よりも大きなサイズとなりましたが、その分、安全基準が厳しくなり、普通車並の強度が要求されています。

軽自動車メーカーはこの規格内で安全性能を高めながら車内空間を拡大していかねばならず、その工夫には並々ならぬ努力の跡が随所に見られます。軽自動車の中で広い車内空間を確保しているのはスーパーハイトワゴンですが、ボディサイズを規格ギリギリにしているだけではなく、隅々まで広くするための開発設計が見られます。

室内が広い軽自動車ランキングは新車のスーパーハイトワゴンが登場する度に上位が変動します。最近では2014年12月に発売されたダイハツのウェイクがトップランクに浮上しています。

ウェイクの特徴は数あるスーパーハイトワゴンの中でも群を抜く1835mmの全高、ボディの四隅についたタイヤによる2455mmのロングホイールベースです。この設計によって室内高は1455mm、室内長は2215mmという軽自動車トップクラスの車内空間を実現しました。

ミニバンからダウンサイジングを考える人に最適な車種!

全幅がわずか1475mmしかないのにこれだけ車高を上げ、しかも車内幅を拡大させるためにボディ側面をフラットにしたエクステリアを見ると走行性能(とくにカーブやトンネル出口、端の上などで横風を受けた時)に不安を覚える人もいますが、ダイハツはサスペンションの高剛性化で安定性を高めると同時にルーフパネルの板厚最適化や外板の樹脂化によって重心位置を下げ、走行性能を高めています。ロングホイールベースですが最小回転半径を4.4mに抑えていることも特徴のひとつです。

ホンダのN-BOXやスズキのスペーシアもウェイクに追従していますが、ランキング上位に食い込んできているのが日産と三菱が共同出資した合弁会社、NMKVが開発したデイズルークス(日産による販売名で、三菱ではeKスペースのネーミングで販売)です。

スーパーハイトワゴンでは後発というデメリットを持ちますが、その分、競合車に引けを取らない設計が施されており、車内長はウェイクを凌ぐ2235mmを実現しました。車内装備が上質であることを特徴としており、競合車にはない魅力を持っているだけに注目株となっています。

軽自動車は規格のため車幅が狭いという欠点を持っていますが、逆に小型車や普通車のミニバンは普段乗りの使い勝手が悪いし無駄が多い、と感じている人に取って、車内空間の広いスーパーハイトワゴンはダウンサイジングにちょうど良い大きさといえます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 室内が広い軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.