軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > 日産の軽自動車比較人気ランキング!

日産の軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

こちらのページでは、日産軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 日産は2002年から、三菱からのOEM供給により軽自動車部門に参入
  • 日産オリジナルブランド、「ハイウェイスター」のネーミング
  • 日産らしいフロントグリルを採用
  • 代表車種は、デイズ (DAYZ)・ルークス・オッティ・など
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

日産の軽自動車比較人気ランキング!1位~7位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7
  DAYZ(デイズ) デイズルークス NV100クリッパーリオ NT100クリッパー モコ NVクリッパーリオ ルークス
車名 デイズ デイズルークス NV100クリッパー NT100クリッパー モコ NVクリッパーリオ ルークス
メーカー 日産 日産 日産 日産 日産 日産 日産
室内長(mm) 2085 2235 2240 1940
※荷室長
2135 2240 2085
室内幅(mm) 1295 1320 1300 1415
※荷室幅
1285 1355 1280
室内高(mm) 1280 1400 1420 290
※荷室高
1260 1420 1365
最高出力 64ps 64ps 64ps 48ps 64ps 64ps 54ps
最大トルク 10.0kg・m 10.0kg・m 9.7kg・m 6.3kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m 6.4kg・m
車両重量 840kg 1010kg 950kg 780kg 820kg 940kg 940kg
最小回転半径 4.4m 4.7m 4.5m 4.0m 4.2m 4.5m 4.5m
JC08モード燃費 30.4km/l  26.2km/L 16.2km/L 16.8km/L 30.0km/L 16.2km/L 22.2km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 50%減税 - 100%減税 - 50%減税
車体価格帯 115万円

170.4万円
133.7万円

197.2万円
160.5万円

169.2万円
71.2万円

107.9万円
119.3万円

149万円
160.5万円

182.1万円
124.4万円

171万円
評価・レビュー DAYZ(デイズ)の評価・レビュー DAYZ(デイズ)の評価・レビュー NV100クリッパーリオの評価・レビュー NT100クリッパーの評価・レビュー モコの評価・レビュー NVクリッパーリオの評価・レビュー ルークスの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

2000年には軽の電気自動車も作っていた日産!

日産はトヨタに比べて軽自動車販売に積極的で、2000年には自社生産の軽規格電気自動車、ハイパーミニを販売した経緯があります。実験的な車種だったことからわずか200台の生産に留まりましたが、その後もスズキや三菱からOEM供給を受け、現在でも日産の軽自動車人気ランキングに入っているモコやルークスを販売しました。

現在、日産が販売している軽自動車はスーパーハイトワゴンのデイズ、スーパーハイトワゴンのデイズルークス、2BOXハッチバックスタイルのモコ、1BOXタイプのNV100クリッパーリオとその商用車NV100クリッパーの5車種で、このうちモコはスズキMRワゴン、NV100系は同じくスズキ・エブリイのOEM供給を受けています。

デイズとデイズルークスは三菱との共同開発車です。三菱とはオッティやミニキャブのOEM供給を受けていたことから業務提携が進み、2011年に共同出資で軽自動車開発を目的にした合弁会社NMKVを設立、その第1号がデイズです。

合弁会社NMKVのメリットは両社が巨額を投資して軽自動車を開発する必要がなく、日産はオリジナルの軽自動車販売のラインナップを増やすことができ、製造を担当する三菱は工場稼働率を上げることができるというWIN-WINの関係を築けることです。

ホンダとダイハツに次ぐ販売実績を残したデイズ!

NMKVは三菱の上質な車内空間や日産の高い走行性能技術を取り入れ、ダイハツやスズキとはタイプが異なる大人的雰囲気の軽自動車を開発、日産から販売されたデイズは2015年4~9月の軽自動車新車販売台数においてN-BOX、タントに次ぐ第3位を獲得、およそ63,000台を販売して軽自動車販売台数全体の底上げにも貢献しています。

スーパーハイトワゴンのデイズルークスもデイズの特性を引き継いて高い品質を維持していますが、加えて若年層にアピールするため14色のボディカラーを用意、さらにルーフの色が変えられるツートーンも設定されています。日産のミニバンに共通する走行性能を高めたグレード、ハイウェイスターやカスタム系のライダーもバリエーションに含まれており、しっかりと日産らしい「やんちゃ系」ブランドイメージを保っています。

2014年、日産のCEOカルロス・ゴーンが株主総会で日産が販売する軽自動車の生産を一部行う、と発言したことから三菱側が生産台数の減少を懸念、両社の歩調が合わないことからNMKVより新しい軽自動車開発の話が聞こえてきませんが、新型車を発売すれば日産側の増産も三菱側の製造台数確保も解決できることは両社も想定内のはずです。NMKVによる新型軽自動車の開発が待たれるところです。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > 日産の軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.