軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 衝突防止装置が付いている軽自動車比較人気ランキング!

衝突防止装置が付いている軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、衝突防止装置が付いている軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 衝突防止装置があることで、万一の事故の際の被害が軽減できる
  • 衝突防止・衝突回避・追突防止装置などを標準又はオプションで装備できる
  • 軽自動車は安全性に劣る場面が多いので、衝突防止装置がある安心
  • ファミリーや定年後の方にもおすすめ
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

衝突防止装置が付いている軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント DAYZ(デイズ) ムーヴ(新型) アルト(新型) N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR デイズルークス
車名 N BOX タント デイズ ムーヴ アルト N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR デイズルークス
メーカー ホンダ ダイハツ 日産 ダイハツ スズキ ホンダ スズキ スズキ スズキ 日産
衝突防止
装置名
シティブレーキアクティブシステム スマートアシスト エマージェンシーブレーキ スマートアシスト レーダーブレーキサポート シティブレーキアクティブシステム レーダーブレーキサポート レーダーブレーキサポート レーダーブレーキサポート エマージェンシーブレーキ」
搭載グレード オプション SA系 +SafetyⅡ SA系 オプション オプション オプション オプション オプション +SafetyⅡ
室内長(mm) 2180 2200 2085 2080 2040 2055 2160 2215 2450 2235
室内幅(mm) 1350 1350 1295 1320 1255 1355 1295 1320 1355 1320
室内高(mm) 1400 1365 1280 1280 1215 1300 1250 1375 1265 1400
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 6.4kg・m 10.6kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m 6.1kg・m 10.0kg・m
車両重量 950kg 920kg 830kg 820kg 610kg 830kg 750kg 840kg 770kg 920kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.2m 4.5m 4.6m 4.4m 4.4m 4.4m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 30.4km/L 31.0km/L 37.0km/L 29.4km/L 32.0km/L 32.0km/L 33.4km/L 26.2km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 80%減税
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
115万円

182.5万円
113.4万円

150.6万円
84.7万円

126.6万円
109万円

147万円
107.8万円

178.3万円
127.4万円

193.6万円
107.8万円

153万円
133.7万円

209.3万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー デイズの評価・レビュー ムーヴの評価・レビュー アルト(新型)の評価・レビュー N-WGNの評価・レビュー ハスラーの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー ワゴンRの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

事故を回避支援する予防安全装置の進化モデルが2016年人気ランキング上位に進出!

衝突回避支援システムを含む予防安全装置の進歩はめざましく、2016年は軽自動車にも従来の進化型を取り付けた車種が登場しています。これまで一線化していた機能は2016年に入ってメーカー間の差が著しくついているので、予防安全装置がついているからといって安心せず、購入の際はどのような機能が作動するのか、また標準装備やグレード設定、フルオプションなどの装着条件も確認しましょう。

ステレオカメラの装備が2016年予防安全装置人気ランキング上位の条件

衝突軽減・予防安全装置にステレオカメラを採用したダイハツ

軽自動車の予防安全装置にもっとも早くから取り組んできたのがダイハツです。2012年には軽自動車で初の衝突回避・被害軽減システムのスマートアシスト、通称スマアシをトールワゴンのムーヴに搭載しました。

初代スマアシはフロントに設置したレーザーレーダーで前方の走行車や障害物を検知して自動ブレーキを働かせるシンプルな機能でしたが、2015年には単眼カメラや後方に赤外線センサーを装着したスマアシⅡを発表、さらに2016年11月になるとフロント上部のステレオカメラで検知するスマアシⅢが登場しました。

スマアシⅢが最初に搭載された車種はスーパーハイトワゴンのタントです。フロントカメラ上部に左右2個をセットするステレオカメラのメリットは、人間の目と同じように前方に対して遠近感を測ることができ、対象物の形状を三次元で認識できるので前方走行車や障害物だけでなく歩行者や自転車まで検知できることです。スバルがEyeSightで初めて採用、以後、ステレオカメラを使う予防安全装置が増えています。

タントに搭載されているステレオカメラは現在世界最小となっており、前方視界や頭上空間を妨げない設計になっています。衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能に加え、前方や後方の誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、対向車のヘッドランプや周囲の明るさを検知してライトの高さを自動調整するオートハイビーム、車線逸脱警報機能などが備わっています。

とくに後方をソナーセンサーで障害物を検知する誤発進抑制制御機能はダイハツの車種だけに備わった予防安全装置です。

作動速度領域まで拡大させたスズキの衝突軽減・予防安全装置

ステレオカメラを軽自動車で初採用したのはスズキで、2015年5月にはスペーシアに「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載しました。それまで採用したレーダーブレーキサポートシステムの作動速度域は約5〜30km/hと低い範囲でしたが、新システムは約5〜100km/hまで拡大されているので高速道路走行中でも危険を察知すれば作動することになります。

基本的な機能は後方の誤発進抑制制御機能を除いてほとんど同じで、これらにスズキ独自の予防安全システム「ふらつき警報機能」が加わります。軽自動車初搭載となるこのシステムはステレオカメラが道路上の車線を検知、直前までの走行データを記憶計測し、眠気などでふらついた運転をした場合、電子制御が計測値と違う運転と判断してメーター内の警告灯と警告音でドライバーに注意を喚起する機能です。

スペーシアはディアルカメラブレーキサポート装着によって国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構が行うJNCAP予防安全性能アセスメントで46満点中45.8点を獲得しました。これはスーパーハイトワゴンの中で最高点となります。

2016年の予防安全装置人気ランキング下位のメーカーは次期モデルに期待

日産はアラウンドビューで事故防止を高める

ダイハツやスズキに比べると日産の軽自動車における予防安全装置はやや古く、トールワゴンのデイズやスーパーハイトワゴンのデイズルークスに搭載されているシステムはレーザーレーダーで前方を検知し、衝突の危険性が高まると自動的にブレーキを作動させるエマージェンシーブレーキと踏み間違い防止アシストだけです。ただし、この予防安全装置を全グレードに標準装備していることは評価できるポイントといえます。

日産の軽車種にはオプションとしてアラウンドビューモニターが用意されています。これはシフトレバーをR(リバース:後退)に入れるとボディ四方のカメラが作動してクルマを俯瞰で見るような映像を作成、バックミラーのモニターに映し出すシステムです。周囲の状況を直感的に把握でき、駐車を簡単にするだけでなく死角の障害物や歩行者との接触回避にも役立ちます。

衝突回避支援システムがオプション設定になっているホンダ軽自動車

ホンダに至っては予防安全装置の遅れが目立ちます。N-BOXなどに装備されているシティブレーキアクティブシステムは赤外線レーダーで前方の走行車を検知し、衝突の危険性が発生した場合は自動ブレーキをかけるだけの機能で、障害物がある時の誤発進抑制機能も付加しているものの、これを装着するためには前席用i-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグシステムがセットになったあんしんパッケージというオプションを選ばなければなりません。作動速度域が約30km/hまでというのも現在ではマイナスポイントといえるでしょう。

ホンダは予防安全装置の技術が劣っているというわけではなく、小型車や普通車にはミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたHonda SENSINGという安全運転支援システムを搭載しています。これは衝突の回避支援だけでなく、歩行者との衝突を回避支援する歩行者事故軽減ステアリングや標識の見落としを防止する標識認識機能など多彩な安全支援機能が備わっています。

早期に軽自動車への搭載を望みたいところですが、N-BOXのフルモデルチェンジが近いことから、Honda SENSINGの搭載は次期モデルと予想されています。

軽自動車メーカーによって衝突防止装置は異なる!

自動車の自動運転が盛んに研究され、2020年代には実現化が見込まれていますが、その要となる機能が衝突軽減システムです。ここでは衝突防止装置が付いている軽自動車の人気ランキングを紹介していますが、衝突までの状況次第では完全に衝突を防止できる装置はひとつもないので、あくまでも衝突の損傷を軽減させる機能であることを認識してください。

軽自動車メーカー4社はそれぞれ独自の衝突軽減システムを開発していますが、ダイハツと日産三菱共同開発車はグレード指定、ホンダとスズキは全車にオプション設定となっています。ダイハツと日産三菱共同開発者は設定のないグレードでもオプションで装着が可能です。

軽自動車では他のメーカーに先駆けて衝突軽減システムを搭載したのがダイハツです。そのシステムは進化して「スマートアシストⅡ」と呼ばれ、自動車アセスメントでは軽初となる予防安全性能評価で最高ランク「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しています。

カメラやレーザーレーダーを使って接近や障害物を認識する!

スマートアシストⅡはフロントガラス上部の単眼カメラとフロントグリルに装備されたレーザーレーダー、後部バンパー両側のソナーセンサーで構成されており、前方では単眼カメラが歩行者を認識、レーザーレーダーが車両を認識して衝突回避支援ブレーキを作動させます。

また後部ソナーセンサーは後部に障害物を検知した時はシフトポジションをRにしたままアクセルを強く踏むと、警告音と表示でドライバーに喚起を促すと同時にエンジン出力を抑え、発進を緩やかにします。

スズキの衝突軽減システムはフロントガラス上部に2つのカメラを接地、前方障害物を3次元的に捉える「デュアルカメラブレーキサポート」です。ステレオカメラ方式によって対象物との距離やサイズをコンピューターが分析し、歩行者や自動車を認識し、警告音を発生させたり強制的にブレーキを作動させたりします。

スズキはデュアルカメラの持つ機能を細かくオプション設定しており、衝突被害軽減システムの他に、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能を追加することができます。

ホンダはフロントガラスの上部センサーとミリ波レーダーで、日産三菱共同開発のデイズやeKワゴンはフロントの赤外線レーザーレーダーで、それぞれ低速度における衝突を回避するためのシステムが備わっています。ただし事故を起こした時の損傷軽減はエアバッグの種類やボディ構造なども関わってきます。安全運転は衝突軽減システムを1度も作動させないことが理想です。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > > 衝突防止装置が付いている軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.