軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車比較人気ランキング!

軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 軽キャンパーは維持費が安いからセカンドカーとして所有しやすい
  • 軽自動車がベースとなっているので、小回りが効き燃費も良い
  • メーカーからの販売ではなく、カスタム会社が市販車をキャンピングカーに改造して販売している
  • スーパーハイトワゴンタイプや1BOXタイプがベースとなる
  • キャンピングカーを安く手に入れることができる
  • キャンピングカーとしてよく販売されている軽自動車をランキングしています
  • 狭いスペースでも駐車可能!
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX+ N BOX ウェイク エブリィ ハイゼットカーゴ NV100クリッパー エブリィワゴン アクティバン(商用) スクラムバン サンバーバン
車名 N BOX+ N BOX ウェイク エブリィ ハイゼットカーゴ NV100クリッパー エブリィワゴン アクティバン スクラムバン サンバーバン
メーカー ホンダ ホンダ ダイハツ スズキ ダイハツ 日産 スズキ ホンダ マツダ スバル
室内長(mm) 1885 2180 2215 1910
*荷室長
1860
*荷室長
1910
*荷室長
2040 1725
*荷室長
1910
*荷室長
1860
*荷室長
室内幅(mm) 1350 1350 1345 1320
*荷室幅
1315
*荷室幅
1320
*荷室幅
1355 1240
*荷室幅
1320
*荷室幅
1315
*荷室幅
室内高(mm) 1400 1400 1455 1240
*荷室高
1235
*荷室高
1240
*荷室高
1420 1200
*荷室高
1240
*荷室高
1235
*荷室高
最高出力 58ps 58ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 52ps 49ps 64ps
最大トルク 6.6kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 9.3kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m 6.3kg・m 6.3kg・m 9.3kg・m
車両重量 990kg 950kg 990kg 840kg 880kg 920kg 940kg 940kg 840kg 880kg
最小回転半径 4.5m 4.5m 4.4m 4.1m 4.2m 4.1m 4.5m 4.5m 4.1m 4.2m
JC08モード燃費 24.4km/L 25.6km/L 25.4km/L 20.2km/L 17.2km/L 20.2km/L 16.2km/L 17.6km/L 20.2km/L 17.2km/L
エコカー減税 60%減税 60%減税 60%減税 100%減税 25%減税 100%減税 - - 100%減税 25%減税
車体価格帯 134万円

172.9万円
119.8万円

185.9万円
135万円

189.5万円
92.3万円

146.6万円
92.5万円

146.7万円
95.1万円

136.8万円
142.5万

181.4万円
111.5万円

135.5万円
92.3万円

126.6万円
93.6万円

144.0万円
評価・レビュー N BOX+の評価・レビュー N BOXの評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー エブリィの評価・レビュー ハイゼットカーゴの評価・レビュー NV100クリッパーの評価・レビュー エブリィワゴンの評価・レビュー アクティバン(商用)の評価・レビュー スクラムバンの評価・レビュー サンバーバンの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

キャブオーバー型の商用車を自分好みに改造する!

キャンパーとはキャンプをするための自動車という意味です。キャンピング用品を積む、あるいは必要に応じて車内で寝ることができるための車内空間と装備がキャンパーの条件となります。

軽自動車はボディサイズが小さいので本来はキャンパーに向いていないのですが、日本はアメリカやニュージーランドなどと違ってカーキャンプ場の施設の数や設備が整っておらず、また道路事情も悪いので本格的なトレーラーや大型キャンピングカーより高速道路のSAでも気軽に駐車できる軽自動車に人気が集まっています。

軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車の人気ランキングを見ると、キャブオーバー型の商用車が多くランクインしています。キャブオーバー型はエンジンを座席の下に配置するので運転席を前方にレイアウトでき、荷室空間を長く取れることに加えて荷物を積みやすいように床面をフラットにしていることが大きな特徴です。

この商用車荷室のスペースに着目したのが軽キャンパー・ファンです。本格的なキャンピングカーになるとシャワールームやトイレまで設備されますが、当然、価格も高くなります。トイレやシャワーといった生理的な用事はSAやキャンプ場で済ませ、車内は寝るだけの空間と割り切れば軽商用車ほど最適な車種はありません。軽商用車を利用して自分好みの改造を行い、キャンパーとして楽しむ人が増えています。

無改造のキャンパーならこの2車種!

ただし商用車をキャンパーにするのであれば安全性の確保を行い、道路運送車両法に適合する改造を行ってください。違法改造が認められると道交法違反になるだけでなく、事故が起きた時、任意保険が下りない可能性もあります。また軽商用車を改造するならば新車よりもむしろ中古車の方が向いています。 ガリバー などの大手中古車販売店で購入、残った資金を改造費に当てればコストダウンを図れます。

市販車でも車中泊ができるキャンパー向けの車種が増えてきました。ランキング上位のホンダN-BOX+は外観こそN-BOXと同じですが、車内装備はキャンパー向けになっており、カーゴルームに設置されている荷物仕分け用のマルチボードを2枚使うと身長190cmの人でも足を伸ばして寝転べるほどのフラットスペースを作ることができます。

ダイハツのウェイクも車内をフルフラットにすることができますが、加えてオプションにはコンパクトに折りたためるジョイントクッションや車中泊の時に外から覗かれる心配のないプレイバシーシェード、さらにリアのバックドアと連携してプレイベート空間を作るバックドアターブが揃っているので、改造しないまま快適なキャンピングライフを送ることができます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 軽キャンパー・軽キャンピングカーに最適な軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.