軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > ターボ搭載の軽自動車比較人気ランキング!

ターボ搭載の軽自動車比較人気ランキング!

こちらのページでは、ターボ搭載軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • ターボ搭載だから軽自動車でも抜群の走行性能
  • 坂道や多人数乗車でもグイグイ進む
  • 高速道路の走行でも安心感がある
  • ターボ設定車は高グレードモデル
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

ターボ搭載の軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  N BOX タント DAYZ(デイズ) ムーヴ(新型) アルト(新型) N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR デイズルークス
車名 N BOX タント デイズ ムーヴ アルト N-WGN ハスラー スペーシア ワゴンR デイズルークス
メーカー ホンダ ダイハツ 日産 ダイハツ スズキ ホンダ スズキ スズキ スズキ 日産
ターボ搭載
グレード
Gターボ Xターボ Gターボ Xターボ ターボRS ターボパッケージ Xターボ T FZグレード ハイウェイスター ターボ
室内長(mm) 2180 2200 2085 2080 2040 2055 2160 2215 2450 2235
室内幅(mm) 1350 1350 1295 1320 1255 1355 1295 1320 1355 1320
室内高(mm) 1400 1365 1280 1280 1215 1300 1250 1375 1265 1400
最高出力 58ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps 64ps 64ps 52ps 64ps
最大トルク 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 9.4kg・m 6.4kg・m 10.6kg・m 9.7kg・m 9.7kg・m 6.1kg・m 10.0kg・m
車両重量 950kg 920kg 830kg 820kg 610kg 830kg 750kg 840kg 770kg 920kg
最小回転半径 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.2m 4.5m 4.6m 4.4m 4.4m 4.4m
JC08モード燃費 25.6km/L 28.0km/L 30.4km/L 31.0km/L 37.0km/L 29.4km/L 32.0km/L 32.0km/L 33.4km/L 26.2km/L
エコカー減税 60%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 80%減税
車体価格帯 119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
115万円

182.5万円
113.4万円

150.6万円
84.7万円

126.6万円
109万円

147万円
107.8万円

178.3万円
127.4万円

193.6万円
107.8万円

153万円
133.7万円

209.3万円
評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー デイズの評価・レビュー ムーヴの評価・レビュー アルト(新型)の評価・レビュー N-WGNの評価・レビュー ハスラーの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー ワゴンRの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

現在のターボモデルは燃費効率も良い!

ターボチャージャーとは、エンジンの排気ガスを利用してタービンを回し、空気を圧縮してエンジンへ強制的に送り込む過給器のことです。空気量が多くなるのでシリンダー内の爆発力が増すため、少ない排気量でも高出力を得られるというメリットを持っています。軽自動車のように660ccという小排気量を高出力モデルにするためには不可欠な部品です。

ターボチャージャーを装着すると高出力になる反面、燃費効率が悪くなると思われがちですが、確かに初期のターボチャージャーはノッキング解消のためにガソリン混合比が高めに設定されていました。しかし現在はガソリンの直噴化で、圧縮された空気量に合わせて混合させる燃料が増えるわけではないので、実質的な燃費効率が悪くなることはありません。

むしろ中低速を頻発に使う運転の場合、中低速でターボが効く車種であれば燃費効率が良くなる可能性もあります。ターボチャージャー装着車は急加速を得ようとしたり、低トルクで回転数を高めたりする運転を頻繁に繰り返すことで燃費効率が悪くなるのです。

ターボチャージャーは排気量の小さなエンジンに向いているので、各軽自動車メーカーはターボチャージャー装着車を多くの車種に設定しています。2BOXハッチバックからスーパーハイトワゴン、さらにスーパーハイトワゴンにも用意されているので、坂道の多い市街地を走行する人や荷物の運搬機会が多い人などはターボチャージャー装着モデルを購入した方がストレスのない運転を送ることができます。

用途や車両重量を考慮してターボ搭載車の選択を!

ターボチャージャー装着車を比較検討する場合、出力やトルクだけでなく車両重量との関係もチェックする必要があります。軽自動車は最高出力を自主規制で64PSに制限しているので、どのターボチャージャー装着車も最高出力に変わりありません。同じ出力であれば車重の軽い方がよりパワフルに走行できます。

たとえばターボ搭載の軽自動車人気ランキングを見ると同じ上位でもダイハツのタントとスズキのワゴンRでは170kgの差があります。タントの方が体重60kgの人を3人余分に乗せて走っているようなものなので、同じ走行性能を求めればタントの方が当然、燃費効率が悪くなります。

また同一車種でも比較検討することをお勧めします。ホンダのN-BOXはノンターボ車でも58PSを7300回転で引き出すことができます。その差はわずか6PSしかなく6000回転と低い回転域がピークとなるため、運転して楽しいのは明らかにノンターボ車となります。またタービン軸はエンジンオイルで潤滑させるのでオイル交換時期が早まるなど、ノンターボ車よりもメンテナンスがかかるということも忘れないでください。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > ターボ搭載の軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.