軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 荷物がたくさん積める軽自動車比較人気ランキング!

荷物がたくさん積める軽自動車比較人気ランキング!(乗用)

こちらのページでは、荷物がたくさん積める軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 軽自動車でもたくさん荷物を積みたい方
  • ボディサイズを軽自動車規格いっぱいに広げている
  • スーパーハイトワゴンタイプ、1BOXタイプの軽自動車が有利
  • 室内空間が広く、人が乗っても快適
  • 商用車としても使える
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

荷物がたくさん積める軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  ウェイク ピクシスメガ N BOX タント スペーシア デイズルークス N BOXカスタム タントカスタム eKスペース フレアワゴン
車名 ウェイク ピクシスメガ N BOX タント スペーシア デイズルークス N BOXカスタム タントカスタム eKスペース フレアワゴン
メーカー ダイハツ トヨタ ホンダ ダイハツ スズキ 日産 ホンダ ダイハツ 三菱 マツダ
室内長(mm) 2215 2215 2180 2200 2215 2235 2180 2200 2235 2215
室内幅(mm) 1345 1345 1350 1350 1320 1320 1350 1350 1320 1320
室内高(mm) 1455 1455 1400 1365 1375 1400 1400 1365 1450 1375
最高出力 64ps 64ps 58ps 64ps 64ps 64ps 58ps 64ps 64ps 52ps
最大トルク 9.4kg・m 9.4kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 9.7kg・m 10.0kg・m 6.6kg・m 9.4kg・m 10.0kg・m 6.4kg・m
車両重量 990kg 990kg 950kg 920kg 840kg 920kg 960kg 940kg 950kg 840kg
最小回転半径 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m 4.5m 4.4m 4.4m 4.4m
JC08モード燃費 25.4km/L 25.4km/L 25.6km/L 28.0km/L 32.0km/L 26.2km/L 25.6km/L 28.0km/L 22.2km/L 32.0km/L
エコカー減税 60%減税 60%減税 60%減税 80%減税 100%減税 80%減税 60%減税 80%減税 25%減税 100%減税
車体価格帯 135万円

189.5万円
135万円

170.6万円
119.8万円

185.9万円
122万円

165.7万円
127.4万円

193.6万円
133.7万円

209.3万円
148万円

185.9万円
152.8万円

187.3万円
123.9万円

169.0万円
136.0万円

158.9万円
評価・レビュー ウェイクの評価・レビュー ピクシスメガの評価・レビュー N BOXの評価・レビュー タントの評価・レビュー スペーシアの評価・レビュー デイズルークスの評価・レビュー NBOXカスタムの評価・レビュー タントカスタムの評価・レビュー eKスペースの評価・レビュー フレアワゴンの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

荷物が積めてアレンジも可能な多目的SUV!

サイズの小さい軽自動車に取って、車内空間を広く取ることは永続的なテーマとなります。スーパーハイトワゴンの登場によって格段に車内空間は広くなりましたが、各軽自動車メーカーはそれだけで満足せず、さらに積載能力を高める工夫をしています。

荷物がたくさん積める軽自動車人気ランキングでは上位をスーパーハイトワゴンが占めていますが、その中から荷物を積めることに工夫を凝らした多目的SUVを中心に紹介します。

ホンダのN-BOX+は外観上、N-BOXとほとんど変わりありませんが、N-BOXが居住性重視であることに対してユーティリティ性を高めることを目的に開発された車種です。最大の特徴はラゲッジルームを荷物に合わせて自在に区切れる大小のマルチボードとエンドボード、さらに後部ドア開口部に向かって傾斜しているラゲッジルームの床面です。

通常はエンドボードを乗せることによってラゲッジルームをフラットにすることができますが、重い荷物、とくに電動自転車やバイクを乗せる時はフラットボードを外すことによって後部ドア開口部の高さが33cmまで下がるので、前輪をラゲッジルームに乗せやすくなります。

さらにオプションのアルミスロープを装着すれば車椅子に乗車したまま後部席へ収まることができ、福祉車両としても活用できます。またマルチボードの使い方次第では車内空間をフラットにできるので車中泊でも無理なく快適な睡眠が取れます。

高さを活かした積載方法や荷室の掃除が簡単な車種も!

ダイハツのウェイクも高い積載量を誇ります。全高1835mmを活かしたラゲッジルームで嬉しいのはゴルフバッグを立てたまま積めることです。ゴルフバッグは横にしたり重ねたりすると型崩れするだけでなく擦れて傷つく可能性が大きくなりますが、立てて積むことができればその心配もありません。

ウェイクはアウトドア派を訴求対象としていることから各種アウトドア用品を積載できるオプションを用意しています。キャンプや登山、サイクリングなど趣味に合わせたオプションとその利用方法をやさしく解説している点も総合的な魅力のひとつです。

スズキのハスラーも多目的SUV仕様となっており、ラゲッジルームには前述した2車に引けを取らない工夫が施されています。大きな特徴はラゲッジフロアが防水加工となっているので、アウトドアで汚れた荷物を乗せても清掃を簡単に行えることです。また車内にはユーティリティナットが随所に配備されているので、オプションのラゲッジネットを取り付ければ荷物の積載を自由にアレンジできます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 ガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車ニーズ別比較人気ランキング! > 荷物がたくさん積める軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2000-2017 Freeb Inc.