TOP > 軽自動車の購入ガイド(目次) > 軽自動車のエコカー減税

軽自動車のエコカー減税

軽自動車のエコカー減税
〜 免税適用車になると予算は大幅に変わる 〜

軽自動車でも100%免税ならかなりお得に

自動車を購入する際、車両価格だけを予算と考えると著しくオーバーします。車には自動車重量税自動車税自動車取得税が車の価格に応じて徴収されるので、必ずこれらの税金も予算に入れておく必要があります。

ただ、環境性能の高い車はこれらの税制が免除されるシステムエコカー減税がありますので、予算を低く抑えたい人はできるだけエコカー減税が適用されている車を購入した方がいいですね。

軽自動車の場合、軽自動車税だけは免除対象にならず、エコカー減税適用車でもこの軽自動車税7,200円だけは納めなければなりません。

それ以外、自動車取得税と重量税は免除対象になります。軽自動車のエコカー減税の計算式は以下です。※ 普通車とは異なります。

  • 自動車取得税は税抜き車両価格の90%に対して3%
  • 重量税は1年毎に一律3,800円 ※ 車検の年数に応じて一括納税

たとえばダイハツ・ムーヴの場合、Xグレードはエコカー減税100%対象なので、自動車取得税32,100円、自動車重量税(エコカー減税対象車は一律7,500円)7,500円が免除、合計39,600円安くなります。

同じダイハツでもミラはグレードによってエコカー減税が75%と50%適用車があり、XグレードでもFFは75%適用のため取得税22,100円が5,500円、重量税7,500円が1,800円となり軽減額の合計は22,300円、Xグレードの4WDは50%適用で軽減合計額は16,600円になります。

エコカー減税の計算式は大変ややこしいので、各メーカーがエコカー減税対象車の減税額を一覧にしてご紹介していますので、それを参考にするとよいでしょう!

軽自動車の免税適用は環境配慮と燃費効率で決まる

エコカー減税の基準は、環境配慮燃費によって決められています。

ひとつは平成17年度排出ガス基準レベルをクリアした車種で、楕円型に☆が表示されたステッカーが貼られている車で、☆4つならば免除対象車となります。

燃費は平成27年度燃費基準達成車が対象で、緑色の楕円形ステッカーがその証です。+20%達成車が免除の対象で、この2つの基準をクリアしている車がエコカー減税100%免除対象になるのです。

現在、販売されている軽自動車のほとんどの車種は、ほとんどがエコカー減税対象車となっていますが、やはりターボを装着したハイパワー車、悪路や雪道に強い4WD車は若干、燃費が悪くなることから減税率が下がります。

ちなみに悪路走行で圧倒的な力を誇るスズキのジムニーはエコカー減税非対象車になっています。

軽自動車は元々の車両価格がけっして高くはないうえ、現在、販売が好調なので新車購入の段階でほとんど値引がありません。エコカー減税は家計に大きな影響を与えるので、購入の際は減税率をしっかり確認するとよいでしょう!

中古車見積もりは外せない!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.