TOP > 軽自動車の種類(目次)

軽自動車の種類(目次)

一口に軽自動車といってもボディ形状やデザインによって、さまざまな特色があります。こちらのページでは現在販売されている軽自動車を6タイプに分け、それぞれのいいところ、悪いところ、どのような人におすすめなのかわかりやすい解説しております!

軽自動車の種類

見た目・ボディ形状による分類
アルト セダンタイプ
セミトールワゴンタイプ
スーパーハイトワゴンタイプ
SUV・クロカンタイプ
1BOXタイプ
スポーツタイプ

軽自動車の種類別に特化した記事

小型車や普通車と変わらぬ豊富な種類!

現在、販売されている軽自動車の車種は高級乗車に見られるセダン(トランクが独立して設計されている車種)を除き、小型車や普通車と同じ車種はすべて揃っています。

ボディや排気量が規格制限されている中で、ほとんどの車種を揃えているのは性能を特化させることで軽自動車のデメリットを解消させることが目的です。

軽自動車はできるだけ車内を広く設計したいので、エンジンを前方に置いて前輪を駆動させるFFが主流となっています。

このレイアウトを流用することによってボディデザインの幅が広がり、操縦性と視認性に優れているスーパーハイトワゴン、車内高を高くできるスーパーハイトワゴン、燃費効率を向上させる1BOXハッチバックなど多彩な車種が製造できるようになりました。

スーパーハイトワゴンと比較的似ているのが1BOXタイプです。外見上はスーパーハイトワゴンと大差ありませんが、1BOXはエンジンを座席の下にレイアウト、後輪を駆動させる方式を取っており、他のFF車と構造が大きく異なっています。

かつて軽自動車の商用車はすべてこの方式を取っており、後輪駆動の安定性を好むユーザーも多いことから根強い人気を持っています。

一部のファンから安定した人気を集める車種

軽自動車の中でも異彩を放っているのがスポーツカーとクロスカントリーです。小型車や普通車の本格的スポーツカーはどうしても価格が高くなり、ユーザーが限られてしまいますが、軽自動車であれば本格的なスポーツカーの設計であってもユーザーが買い求めやすい価格設定ができることから、安定した人気を集めています。

またクロスカントリーは現在、スズキのジムニーしか存在していませんが、発売当初から変わらぬ強固なラダーフレームを継続して使用、進化させた4WDとの組み合わせは日本のほとんどの悪路を走破できる実力があること、その実力を持ちながら安価で購入できることからスポーツカー同様、変わらぬ高評価が与えられ続けています。

車種別特徴を知ることによって購入の選別方法も変わってきます。このページでは種類の特徴を詳しく解説しているので参考にしてください。

中古車見積もりは外せない!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.