TOP > 軽自動車と自動車保険(目次)

軽自動車と自動車保険(目次)

こちらのページでは、自動車保険の基礎知識や自賠責保険・任意保険の概要、軽自動車と普通車の任意保険料の比較などをわかりやすく解説しております(^^)

自動車保険解説記事一覧

私はこちらのサイトを利用して年間保険料を10,7380円⇒70,990円とたった5分の手間で36,390円も安くしました。

FPが選ぶ自動車保険はこちら ⇒ 自動車保険人気ランキング

代理店型とダイレクト型の違いとは?

車を所有する際、必ず入らなければならない自動車保険、自賠責保険の加入料は普通自家用24ヶ月で27,840円、軽自動車24ヶ月で26,370円となっており、普通車と軽自動車の差額はわずかでしかありません。

これは軽自動車でも事故が起きた時の損害は普通車と変わりないことから設定されていますが、任意保険も自賠責保険同様、普通車と加入料が大きく異なることはありません。

したがって加入する前は各損保会社が販売している任意保険を見比べ、加入する保険の検討をお勧めします。

任意保険には損保会社の代理店と直接、対面して保険の内容を確認する代理店型とインターネットや電話、FAXを利用して加入するダイレクト型があります。どちらも対人、対物、搭乗者など重要な保険の内容は変わりません。

また付帯サービスとなっている24時間365日事故対応やレッカーサービス、キー閉じ込めやバッテリー上がりなどの内容も大差ありません。

では、どこが違うのかというと、代理店型は担当者と加入者が対面で保険を作成していくことに対してダイレクト型はすべて加入者本人の意思に任されます。

つまりダイレクト型に加入するならば、ある程度の任意保険知識が必要になるのです。

自動車免許歴が浅く、任意保険の等級が低い人はどの任意保険に入るか迷ってしまうところですが、最初は任意保険の知識をしっかり覚えておくためにも代理店保険に加入した方が無難です。

逆に等級が上がり、無事故無違反の経歴も長く任意保険に詳しい知識を持っている人はダイレクト型の方が向いているといえます。

私はこちらのサイトを利用して年間保険料を10,7380円⇒70,990円とたった5分の手間で36,390円も安くしました。

FPが選ぶ自動車保険はこちら ⇒ 自動車保険人気ランキング

中古車見積もりは外せない!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.