TOP > 車種別評価・レビュー一覧 > ミラの評価・レビュー

ミラの評価・レビュー

写真 概要 詳細
ミラ メーカー ダイハツ
車名 ミラ
JC08モード燃費 21.6〜24.2km/L
エコカー減税 75%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 最小回転半径
3395mm 1475mm 1530mm 4.2m
室内長 室内幅 室内高 車両重量
2000mm 1350mm 1265mm 780kg
新車価格 中古車相場価格
88.4〜102.5万円 34.8〜83万円

ミラの評価・特徴

ミラ外観

ミラは、日本を代表する軽自動車のロングセラーブランドです。ミラの名を冠した数多くの派生車種を生み出しているほか、ワゴンタイプのムーヴタントに人気車種の座を譲っている昨今の販売状況の中においても、地味ながらも質実剛健な車種として、ミラは引き続きリリースされています。

ダイハツ発展の祖

ミラ室内

ミラは、1980年にミラ・クオーレとしてデビューしました。1989年に物品税が廃止されるまでは、ライバルのアルトと同様、リーズナブルな貨客両用車(4ナンバー)が人気を集めました。

それと並行して、装備のグレードアップが急速に進み、パワステやパワーウインドウ、エアコンやサンルーフなど、従来の経済性重視の質素な軽自動車からすると贅沢とも思える装備が盛り込まれていき、好調にセールスを伸ばしました。

たとえば、1985年に登場したL70V型ミラでは、インタークーラーターボやフルエアロを採用したTR-XXがラインナップし、スポーティな走りで大人気を博しました。

また、1990年のフルモデルチェンジで登場したL200S型においては、エンジンやミッションはもとより、内外装や装備のさらなるグレードアップを追求したアヴァンツァート(先進という意味)が1991年に追加され、「軽自動車もついにここまで来たか!」と驚嘆したものです。

このように、ミラは、ダイハツにおける最多量販車種として常に軽自動車の世界をリードしてきました。その先進のスピリッツは、1995年に登場したムーヴや、2003年に登場したタントにもしっかりと受け継がれています。

本家としての現行モデルはワングレード

さて、「本家」としての現行のミラは、2006年12月のフルモデルチェンジで登場した7代目です。1540ミリという天井高がもたらすゆとりある室内空間や、優れた燃費性能といった特徴を持っています。

一方で、ムーヴやタントの台頭によるミラブランドの販売台数の減少や、2009年のミラココアの登場、さらに、ガソリン車トップの燃費性能を狙ったミライースが2011年にデビューしたりといった状況の変化に対応し、ラインナップの見直しに着手。

ミラがこれまで担ってきた一般ユーザー向け乗用車のニーズは、2013年からはミライースに移管し、「本家」のミラはXスペシャルのみのシンプルな設定となっています。

駆動方式は2WDと4WDが選べるものの、トランスミッションは5MTのみの設定となっており、オートマ車が欲しいユーザーには、ミライースやミラココアを買ってもらうという割りきった仕様となっています。

そのシンプルさゆえ、現行ミラのメインターゲットは、主に法人ユースに絞られていると言えます。加えて、ミライースやミラココアにはMT車の設定が無いため、「MT車でなければダメ」というユーザーには、現行ミラは貴重な存在となっています。

なお、乗用車版(5ナンバー)のミラとは別に、貨客両用版(4ナンバー)としてミラバンも販売されており、ミラバンは3ドア車、ミラは5ドア車という差別化がなされています。

シンプルながらも堅実な基本性能

ミラボディ

シンプルなラインナップとなった現行ミラですが、ターゲットユーザーを絞りコストパフォーマンスを重視したベーシックな車種ゆえに、装着車種が拡大している衝突被害軽減ブレーキや電力回生システムといった最新鋭の装備は搭載していません。

また、アイドリングストップ機構を搭載したモデルが一時期ラインナップしたものの、前述したミライースへの移管により、現在は廃止されています。

それでも、現行ミラの燃費性能は、2WDモデルで24.2km/L、4WDモデルで21.6km/L(いずれもJC08モード測定値)という優秀な成績を収めています。

これは、可変バルブタイミング機構(VVT)を採用し燃焼効率をアップさせたDOHCエンジンの搭載、エンジンやトランスミッションにおけるフリクションロス低減の徹底、そして軽量化を図りつつも衝突時にキャビンを堅固に守り、クラッシャブル構造により衝突エネルギーを効果的に逃がす衝突安全ボディ(TAF)の採用といった、ダイハツがこれまで蓄積してきた基本技術の熟成がもたらしたものです。

また、運転席・助手席エアバッグやABS、プリテンショナー付シートベルトといった安全装備や、アンサーバック機能付キーレスエントリーなどの便利装備もしっかりと標準搭載しています。

購入について

現在新車で購入できるミラのラインナップは、前述したとおり、グレードについてはXスペシャルの一択で、トランスミッションも5MTのみの設定となっています。駆動方式ごとの価格は、2WDは88.4万円、4WDは102.5万円となっています。

一方、中古車については、現行ミラと同等のものだけではなく、ミライースに移管されるよりも前に販売されたCVT車や、アイドリングストップ機構などの装備が充実した個体もたくさん流通しています。

加えて、タントやムーヴと比べて、中古車相場は値ごろ感がありますので、じっくりと選んでみるとよいでしょう。

ミラは中古車も比較検討してみよう!

7代目の現行車は2006年に発売され、その後、細かなマイナーチェンジを繰り返していますが、フルモデルチェンジは行われていません。

ミラには派生車種にミラ イースがあり、低燃費化のための新技術はミライースに投入されています。このためミラに新技術を投入するとミライースとの差異化がなくなってしまうため、ミラをフルモデルチェンジできないというダイハツの事情があります。

ミラのフルモデルチェンジに関する情報は乏しく、むしろミライースと一本化されるのではないかという予想が多いので、ミラの新車購入を検討するならば型落ちとなる心配が少ない中古車も購入対象とする方が賢明です。

とくに現行車は5速マニュアルしかないので、オートマ限定免許を所持している人は2010年まで登録されたAT車か、2013年まで登録されたCVT車がお勧めです。

ミラは中古車市場にも豊富な車数が出回っており、走行距離の少ないデモカーや展示車両も販売されています。

2013年登録モデルで走行距離が100km以内、CVTミッション搭載車は85〜90万円が相場となっており、2010年登録モデルで走行距離1〜2万kmのATミッション搭載車は60〜70万円で購入することが可能です。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

他の軽自動車の車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)

【英数字】
AZ-1 AZ-1 AZワゴン AZワゴン
AZ-OFFROAD AZ-OFFROAD eKスペース eKスペース
ekスポーツ ekスポーツ eKワゴン eKワゴン
i(アイ) i(アイ) Kei
MRワゴン N BOX N BOX
N BOXカスタム N BOXカスタム N-BOXスラッシュ N−BOXスラッシュ
N BOX+ N BOX+ N-ONE N-ONE
N-WGN N-WGN N-WGNカスタム
NT100クリッパー NT100クリッパー NV100クリッパー NV100クリッパー
NV100クリッパーリオ R1 R1
R2 R2 S660 S660
ア行
アイミーブ アイミーブ アクティトラック アクティトラック
アクティバン(商用) アクティバン(商用) アトレーワゴン アトレーワゴン
アルト(新型) アルト アルトエコ アルトエコ
アルトターボRS アルトバン アルトバン
アルトワークス アルトワークス WAKE ウェイク
エッセ(Esse) エッセ(Esse) エブリィ エブリィ
エブリィワゴン エブリィワゴン オッティ
カ行
カプチーノ カプチーノ キックス キックス
キャスト キャリィ キャリィ
キャロル キャロル キャロルエコ キャロルエコ
コペン(新型) コペン(新型) コペン コペン(旧型)
サ行
サンバートラック サンバートラック サンバーバン サンバーバン
ジムニー ジムニー スクラムバン スクラムバン
スクラムトラック スクラムトラック スクラムワゴン スクラムワゴン
ステラ ステラ ステラカスタム ステラカスタム
スペーシア スペーシア スペーシアカスタム
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セルボ セルボ
ゼスト(zest) ゼスト(zest) ソニカ ソニカ
タ行
タウンボックス タウンボックス タント タント
タントエグゼ タントエグゼ タントカスタム タントカスタム
テリオスキッド テリオスキッド DAYZ(デイズ) DAYZ(デイズ)
デイズライダー DAYZ ROOX DAYZ ROOX(デイズルークス)
ディアスワゴン ディアスワゴン トッポ(TOPPO) トッポ(TOPPO)
トッポBJ トッポBJ    
ナ行
       
ハ行
ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ ハイゼットトラック ハイゼットトラック
HUSTLER(ハスラー) ハスラー(HUSTLER) バモス(VAMOS) バモス(VAMOS)
バモスホビオ バモスホビオ バモスホビオプロ
パジェロミニ パジェロミニ パレット パレット
ビート(BEAT) ピクシスエポック ピクシスエポック
ピクシススペース ピクシススペース ピクシストラック ピクシストラック
ピクシスバン ピクシスバン ピクシスメガ
フレア フレア フレアクロスオーバー フレア クロスオーバー
フレアワゴン フレアワゴン プレオ プレオ
プレオバン プレオバン プレオプラス プレオプラス
マ行
ミニカ ミニカ ミニキャブトラック ミニキャブトラック
ミニキャブバン ミニキャブバン ミニキャブミーブ ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブトラック ミニキャブミーブトラック ミラ ミラ
ミラ イース ミラ イース ミラココア ミラココア
ミラジーノ ミラジーノ ミラバン ミラバン
ムーヴ(新型) ムーヴ(新型) ムーヴ ムーヴ(旧型)
ムーヴカスタム ムーヴカスタム ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス
ムーブコンテ ムーブコンテ モコ モコ
ヤ行
       
ラ行
ライフ ライフ ラパン ラパン
ラパンショコラ ラパンショコラ ルクラ ルクラ
ルークス ルークス    
ワ行
ワゴンR ワゴンR ワゴンRスティングレー ワゴンRスティングレー

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2009.10.29〜 軽自動車の選び方・購入ガイド! All Rights Reserved.