TOP > 軽自動車の維持費(目次) > 軽自動車にかかる維持費を極限まで安くする5つの方法

軽自動車にかかる維持費を極限まで安くする5つの方法

軽自動車にかかる維持費は、税金関係や保険代などさまざまあります。

いくら軽自動車の維持費が安いといっても車を所有するわけですから、軽自動車税・重量税などの税金関係や、自賠責保険・任意保険などの保険関係の出費。

また、2年に1回は必ず訪れる車検や、車ですからオイルやタイヤ、ブレーキパッドなどの消耗品・メンテナンス費用、日々のガソリン代などさまざまな出費があります。

維持費ではなく購入時の総額を安くするためには こちらから お買い得な中古車を探してもらうとよいでしょう。

それぞれの項目については以下の記事で詳しく見てきました。

上記の維持費をまとめますと軽自動車の維持費は結果的に、年間300,000円〜400,000円かかるということがわかりました。(参照→軽自動車の1年間にかかる維持費)

月に直すと、25,000円〜34,000円程度かかるということです。

毎月のお給料から上記金額が毎月でていくわけですから、この金額は安ければ安いほどいいですよね!

というわけで、、、

軽自動車にかかる維持費を極限まで安くする5つの方法をご紹介いたします!(^^)

軽自動車の維持費を安くするためにすること

基本的な考え方

まず軽自動車にかかる維持費の中で、自賠責保険料や軽自動車税・重量税などは、一定の金額が決まっていますので安くすることはできません。

しかし自動車保険(任意保険)ガソリン代車検代高速代などは自分の努力で安くすることができますので、この辺りを改善することによって、維持費をどんどん安くしていきたいと思います!(^^)

その1.自動車保険(任意保険)を見直そう!

自動車保険(任意保険)は軽自動車の維持費を考えるうえで、非常に大きな部分を占めます。

保険内容にもよりますが、年間50,000円〜100,000円はかかりますので、かかる保険料を安くすれば、金額が大きいのでそれだけ節約効果も大きいのです!しかも毎年(^^)

任意保険料を安くするためには、同じ条件で複数の保険会社に見積もりをとり、最も安いところで契約することが大切です!

私はこちらのサイトを利用して年間保険料を10,7380円⇒70,990円とたった5分の手間で36,390円も安くしました。

FPが選ぶ自動車保険はこちら ⇒ 自動車保険人気ランキング

こちらのサイトでは大手20社から一気に同じ条件で見積もりをとれますので、数分の手間で大きな節約効果が期待できます!

その2.ガソリン代を安くしよう!

ガソリン代

最近は中東情勢の悪化や円相場の影響で、ガソリン代がほんと高いですよね〜(^^;)給油の度にため息がでるのは私だけでしょうか?(笑)

でも実はガソリンカードなるものを使えば、毎回の給油で"リッターあたり○円引き!"といった具合に、普通にガソリンを入れるよりも毎回お得に給油することができます!

今、一押しのガソリンカードをご紹介しておきます(^^)

ENEOSカード

大手のENEOS(エネオス)もガソリンカードを出しています。全国のエネオスで給油すると、ガソリン代が1Lあたり最大7円引きになります。

いつもエネオスで給油している方は絶対にお得ですし、エネオスでも給油できる方はエネオスカード+エネオス給油に変更しましょう!

その3.ETCカードで高速代を安くしよう!

高速道路

軽自動車はもともと普通車よりも高速代が安く設定されていますが、ETCカードを使えば、ETC割引が適用されますので高速代をさらに安くすることが可能です!

すでにお持ちの方も多いと思いますが、まだの方は絶対に作っておいたほうがいいカードです!

その4.車検代を節約しよう!

軽自動車車検

車検は2年毎に必ずやってきます。新車購入時は初回3年後です。しかし車検の度に思うのは、「どうせどこも壊れていないのにまたお金かかるな〜。」です...(^^;)

軽自動車は日本車ですので非常に壊れにくく構造も単純なので、結局どこの整備工場で車検を受けても内容はほとんど同じです。後は価格だけです。

あまり知られていませんが、車検も自動車保険と同じで複数の車検業者に見積もりをとることで、最大限安くすることができるのです!

適正な車検費用はいくらなのか?複数の車検業者の料金を比較すると安い車検を見つけることができます!

1位.EPARK車検
最近急成長をしているのがEPARK車検です。全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!というオリジナル特典があります。
2位.ホリデー車検
車検といえばホリデー車検が有名です!ガソリンスタンド車検は整備面で不安な方も多いはずです。きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、ホリデー車検は安心かつ車検費用がとてもリーズナブルコスパのいい車検方法です。
3位.カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!
参考:車種別車検費用の目安車検費用の内訳と相場車検が受けられる期間

こちらの車検業者検索サイトは住所を入力すれば、ご自宅の近くの車検業者からの見積もりを一括表示できますのでとても便利です(^^)

その5.バッテリーぐらいは自分で交換しよう!

バッテリー交換

「ここまできたらもう維持費を安くする方法はないだろ〜?」と思ったそこのあなた!私は極限まで安くしますよ〜(笑)

車の消耗品の中でもちょくちょく交換の必要があって、かつけっこう高いのがバッテリーです。

軽自動車のバッテリーは日本製のしっかりしたやつでだいたい5,000円〜10,000円です。破格に安いものもありますが、はっきりいって怪しいし発火すると怖いのでやめておきましょう(^^;)

実際はバッテリー本体代+工賃がかかってきますので、カー用品店などでバッテリー本体を購入して自分で取り付ければ、工賃分節約できます。

バッテリーはドライバー1本で交換でき非常に簡単なので、ぜひ自分で交換して維持費を少しでも安くしましょう!

バッテリーの購入は信頼性の高いメーカーの製品で、かつ送料無料で、かつ車種別に適合バッテリーが検索できるこちらが便利です→バッテリー


以上が軽自動車にかかる維持費を極限まで安くする5つの方法のご紹介です!

その1〜その5まで実行することで、だれでも年間数万円は軽く節約できますし、中には10万円以上安くなる方もいらっしゃると思います。私の場合は年間約8万円安くなりました!

軽自動車は維持費が安いことが最大の魅力ですので、ぜひこの機会に5つの方法を実践してみましょう!

ちなみに今回ご紹介した便利サイトを以下にまとめておきましたのでご活用くださいm(_ _)m

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2019 Freeb Inc.