軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > スバルの軽自動車比較人気ランキング!

スバルの軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

こちらのページでは、スバル軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • スバルは軽自動車にも走行性能の高い車種がある
  • 軽自動車としては珍しい4気筒エンジン搭載車がある
  • トヨタの傘下。自社での軽自動車の製造は中止中。
  • 現在、軽自動車の新車の販売は終了しており、今後はダイハツからのOEM供給のみ
  • 代表車種は、ステラ・サンバー・R1など
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

スバルの軽自動車比較人気ランキング!1位~10位

販売台数 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  ステラ ステラカスタム サンバートラック プレオ サンバーバン プレオバン ディアスワゴン シフォン ルクラ プレオプラス
車名 ステラ ステラカスタム サンバートラック プレオ サンバーバン プレオバン ディアスワゴン シフォン ルクラ プレオプラス
メーカー スバル スバル スバル スバル スバル スバル スバル スバル スバル スバル
室内長(mm) 2080 2080 1940
※荷室長
2000 1860
※荷室長
1260
※荷室長
1970 2215 2070 2000
室内幅(mm) 1320 1320 1410
※荷室幅
1350 1315
※荷室幅
1255
※荷室幅
1310 1345 1340 1350
室内高(mm) 1280 1280 285
※荷室高
1265 1235
※荷室高
930
※荷室高
1350 1455 1385 1240
最高出力 64ps 64ps 53ps 58ps 64ps 58ps 64ps 64ps 52ps 52ps
最大トルク 9.4kg・m 9.4kg・m 6.1kg・m 6.6kg・m 9.3kg・m 6.6kg・m 9.3kg・m 9.4kg・m 6.1kg・m 5.8kg・m
車両重量 880kg 890kg 790kg 750kg 900kg 710kg 980kg 920kg 870kg 950kg
最小回転半径 4.4m 4.7m 3.6m 4.2m 4.2m 4.2m 4.6m 4.4m 4.5m 4.4m
JC08モード燃費 31.0km/L 31.0km/L 19.0km/L 24.0km/L 17.2km/L 24.2km/L 14.8km/L 28.0km/L 25km/L 35.2km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 - 100%減税 - - - 80%減税 100%減税 100%減税
車体価格帯 113.4万円

150.6万円
140.4万円

172.8万円
65.3万円

137.4万円
88.4万円

102.5万円
93.6万円

135.7万円
74万円

94.8万円
140.9万円

153.9万円
128.5万円

155.4万円
126.8万円

138.9万円
76.6万円

131.6万円
評価・レビュー ステラの評価・レビュー ステラカスタムの評価・レビュー サンバートラックの評価・レビュー プレオの評価・レビュー サンバーバンの評価・レビュー プレオバンの評価・レビュー ディアスワゴンの評価・レビュー シフォンの評価・レビュー ルクラの評価・レビュー プレオプラスの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

商用車の自社製サンバーは今でも中古車市場で人気!

富士重工業のブランド、スバルは最初に販売した車が軽自動車のスバル360で、以後、深く軽自動車産業に関わっていましたが、2012年2月に軽自動車生産を終了、現在はダイハツからのOEM供給車を販売しています。

スバルの軽自動車人気ランキングに入っているサンバーのバンやトラックはダイハツからのハイゼットOEMですが、サンバーはスバルが長く使っている商用車のネーミングであり、2012年に販売を終了した現在でもスバルの自社製サンバーは中古車市場で人気があります。

自社製サンバーが高い人気を集めていたのは直列4気筒エンジンを床下に横置きし、後輪を駆動させるリアエンジン・リアドライブ方式と、商用車でありながら普通車にもあまり採用されなかった4輪独立懸架を採用していたことです。高スペックの走行性能から「農道のポルシェ」とアダ名がつけられていました。

もちろんスバルは商用車に無駄な技術を投入していたわけではなく、リアの床下にエンジンをレイアウトしたのは後輪に荷重をかけるためで、空荷の際でも十分なトラクションを得ることが目的でした。

また4輪独立懸架は4輪のうち、どの車輪が伸長しても荷台は水平に保てるので荷物の安定性が高められるという役目を果たしています。また直列4気筒エンジンは3気筒よりもスムーズな回転が得られる反面、トルク不足が指摘されましたが、スバルはスーパーチャージャーを装着することによってトルク不足を解消しています。

OEM元車との差別化を図るステラ!

直列3気筒のデメリットは震動ですが、これは主にアイドリング状態の時に強く感じられます。しかし現在の3気筒エンジンはアイドリング時に停止させる機能がついているため、デメリットはほとんど解消されました。これもスバルの直列4気筒エンジンが姿を消す理由のひとつになっています。

直列4気筒エンジンと4輪独立懸架はスバル軽自動車の特徴でもありましたが、その高い技術は評価されながらも販売台数という実績に結びつかず、トヨタグループの傘下に収まることが決まると同時に軽自動車業界からの撤退が発表されました。

現在、スバルの人気自動車ランキングの車種はOEMですが、それらの車種には自社製軽自動車のネーミングがつけられており、エクステリアに関しては小技ですが変化をつけています。

ステラの元車はスーパーハイトワゴンのムーヴですが、フロングリルをレガシィB4などと同じくヘキサゴングリルに変更、またステラカスタムには専用デザインのバンパーだけでなくブラック塗装の大型フォグランプカバーを装着するなどOEM元車との差別化を図っています。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > スバルの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >