軽自動車の選び方・購入ガイド!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > トヨタの軽自動車比較人気ランキング!

トヨタの軽自動車比較人気ランキング!【2017年版】

こちらのページでは、トヨタ軽自動車のスペックを、メーカーのラインナップを超えて比較・ランキングしています!

比較するために重要なスペックを表にしてランキングしていますので、皆様の軽自動車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)

※こちらのランキングは全国的な業界団体である「社団法人全国軽自動車協会連合会」の販売台数統計データを元に作成しております。

  • 普通車業界では最大手のトヨタが軽自動車部門に参入!
  • トヨタ傘下のダイハツからOEM供給を受けている
  • トヨタ車を所有している人が2台目として選びやすい
  • 代表車種は、ピクシスペース・ピクシスバンなど
軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう! 現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!

トヨタの軽自動車比較人気ランキング!1位~5位

販売台数 2 3 4 5
  ピクシスエポック ピクシススペース ピクシスメガ ピクシスバン ピクシストラック
車名 ピクシスエポック ピクシススペース ピクシスメガ ピクシスバン ピクシストラック
メーカー トヨタ トヨタ トヨタ トヨタ トヨタ
室内長(mm) 2000 2000 2215 1860
*荷室長
1940
*荷台長
室内幅(mm) 1350 1335 1345 1315
*荷室幅
1410
*荷台幅
室内高(mm) 1240 1350 1455 1235
*荷室高
285
*荷台高
最高出力 49ps 52ps 64ps 64ps 53ps
最大トルク 5.8kg・m 6.1kg・m 9.4kg・m 9.3kg・m 6.1kg・m
車両重量 730kg 830kg 990kg 890kg 740kg
最小回転半径 4.4m 4.5m 4.4m 4.2m 3.6m
JC08モード燃費 35.2km/L 27.6km/L 25.4km/L 17.2km/L 19.6km/L
エコカー減税 100%減税 80%減税 60%減税 - -
車体価格帯 76.6万円

131.6万円
115.7万円

138.4万円
135万円

170.6万円
93.6万円

143.4万円
65.3万円

119.8万円
評価・レビュー ピクシスエポックの評価・レビュー ピクシススペースの評価・レビュー ピクシスメガの評価・レビュー ピクシスバンの評価・レビュー ピクシストラックの評価・レビュー
中古車検索
  1. 室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
  2. 最高出力(ps)は「馬力」のことでエンジンを回転させる力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力のことです。
  3. 最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
  4. JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
  5. エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
  6. 車体価格帯では、新車購入時のグレード別の車体価格の幅がわかります。実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

トヨタが軽自動車を販売する理由とは?

トヨタは2011年に軽自動車のピクシススペースを販売開始、これによって国内の自動車メーカーすべてが軽自動車を販売していることになりました。それほど現在の日本のモータリゼーションで軽自動車の占める割合が大きいということになりますが、トヨタに限っては軽自動車販売において積極的ではありません。

スズキと軽自動車のシェアを競うダイハツがグループ子会社であることに加え、長く軽自動車業界に関わってきたスバルを傘下に収め、軽自動車開発を断念させた経緯があることから、本格的に軽自動車販売を進めていけば2つの子会社の経営を圧迫させる懸念がある、というのが積極的にならない理由です。

では、なぜ軽自動車販売を行っているのかというと、これはディーラーからの要望があるからです。トヨタの高級乗用車クラウンには根強い購買層がついていますが、その購買層から2台目の車として軽自動車購入の希望を受けてもディーラー側はダイハツ系ディーラーを紹介するしか方法がなく、売上台数を見逃してしまう歯痒さがありました。

ディーラー側の要望と企業側の方針の折衷案となったのがダイハツからの限定車種OEM供給です。トヨタの軽自動車人気ランキングを見ても分かるように、現在、商用車を入れても5車種しか販売していませんが、ピクシスエポックはミライース、ピクシススペースはムーヴコンテ、ピクシスメガはウェイク、商用車はハイゼットがOEMの元車となっています。

それでも売れるトヨタの軽自動車!

ダイハツには数多くの車種がありますが、トヨタとのOEMが5車種に限定しているのは子会社スバルとの軽自動車販売におけるバランスです。スバルはトヨタと同じく軽自動車のOEM供給を受けていますが、商用車とミライースは共通しているもののワゴン系はムーブをステラとして、アトレーをディアスとして販売しています。つまりできるだけ子会社とのバッティングを避ける方針で車種を選別しているわけです。

ディーラーや子会社に細かな配慮を行うのはいかにもトヨタらしいところですが、積極的販売を行っていないにも関わらずピクシスは2014年度に年間約1万台を販売、前年比136%を記録してホンダのN-ONEに迫る実績を残しています。

全国で約5,800店舗のディーラーを持つトヨタの底力を感じさせる数値ではありますが、ダイハツとスバルを傘下に収めている関係から今後、トヨタが軽自動車を独自に開発、販売することはありません。軽自動車販売は新規顧客獲得ではなく、いわば顧客に対するサービス戦略のひとつといえます。

スポンサードリンク

タイプ別軽自動車比較人気ランキング!

ニーズ別軽自動車比較人気ランキング!

メーカー別軽自動車比較人気ランキング!

軽自動車は中古車市場でも大人気です!新車をご検討の方も中古車をご検討の方も、一度は中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!現在の車を売る予定の方は「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!
【TOPページ】 > 軽自動車メーカー別比較人気ランキング! > トヨタの軽自動車比較人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >