TOP > 軽自動車のメーカーによる特徴(目次) > スバル

スバル - 軽自動車メーカーの特徴

スバル

かつて、テントウ虫の愛称でベストセラーになったスバル360を販売、その後も独自の技術で軽自動車業界にその存在感を示していた富士重工のブランド、スバルも現在は残念ながら軽自動車を生産しておらず、ダイハツからのOEM供給を受けて販売しています。

ラインナップは豊富で、燃費重視のエコカー、プレオ+を始め、エントリーカーのプレオ、スーパーハイトワゴンのステラ、キャブオーバータイプのディアスワゴンなどが揃っています。

ダイハツ車を購入する際、ネームバリューが低いスバル車を競合、比較検討することでコストパフォーマンスの優れた車種を手に入れられる可能性が高くなります。

スバルの代表的な軽自動車

ステラ ステラカスタム ルクラ プレオ
ステラ ステラカスタム ルクラ プレオ

スバルはR1R2に代表されるように、
軽自動車でもスポーティーな走りを追求していました。

しかし、現在のスバルはダイハツからのOEM供給を受けており、今後スバル製の軽自動車は製造しないそうです。

上表にあるステラはダイハツ ムーブのOEM、ルクラはダイハツ タントエグゼのOEM、プレオはダイハツ ミラのOEMです。なんとも寂しい限りです...。

しかしスバルは走行性能に力を入れているメーカーですので、フロントスタビライザーを全モデル標準装備するなど、OEM供給を受けたとしても独自のポリシーは貫いています。

スバルは現在軽自動車部門としては低迷してしまいましたが、普通車部門ではマツダに次販売が好調ですので、もしかしたら今後軽自動車の方でも再活躍してくれるかもしれません!

中古車市場で人気を集めるスバルの軽!

日本初の国民車となった軽自動車、スバル360を販売した富士重工業のブランド、スバルは現在、軽自動車の製造を終了しており、販売している車種はすべてOEMとなります。

現在、スバルの筆頭株主はトヨタです。

トヨタはダイハツを完全子会社としており、スバルが軽自動車製造を続けるとダイハツの軽自動車シェアを奪う可能性があるという大人の事情もありますが、一方、軽自動車撤退以前はスバルの技術力を結集させたR-1とR-2が市場の需要に合わず経営を圧迫する赤字車種となったのも事実です。

その証拠に軽自動車から撤退後、小型車と普通車に技術力を集中させたことが功を奏し、日本でもっとも弱小自動車メーカーでありながら、純利益率ではトップに立つことができました。

2シーターのR-1、4シーターのR-2は軽自動車市場がスーパーハイトワゴンを中心とした家族向けが主流であったことに対し、車高こそスーパーハイトワゴンに匹敵させたものの、2BOXハッチバックスタイルに固執したことが赤字車種になった原因と言われています。

しかしバランスの良い直列4気筒を搭載、サスペンションには4輪独立懸架を採用するなど、軽自動車の中でも突出した技術力は一部のファンから圧倒的な支持を得ており、販売終了後から脚光を浴びるようになりました。

中古車市場では人気車種として比較的高値で取引されています。ただし車数が少ないので、購入の際は ガリバー のように全国に店舗を持つ大手から探す方法をお勧めします。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

同カテゴリ「メーカーによる特徴」でよく読まれているページ

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.