TOP > 軽自動車の値引き交渉術!(目次) > 10月〜12月の値引き交渉術!

10月〜12月の軽自動車値引き交渉

10月〜12月の値引きは比較的シビア!

10月から12月の時期は、値引きに対してとてもシビアな時期だと言えます。ちょうど決算キャンペーンが終わり、年末年始が近づいて財布の紐が締まってしまいます。

ただし、12月になると冬のボーナスキャンペーン年末キャンペーンが近づいてくることもあり、値引き額は大きくなる可能性が高くなります。

ここで重要なのは、販売店は12月末までの登録を条件に値引きを仕掛けてくるということです。販売店によっては12月末で成績を集計しているところもあります。

また一番の理由としては12月(年内)と1月(翌年)の契約では、将来新しい車を購入する際に下取り価格が大きく変わってくるということもあり、たった1ヶ月の差ですがお客様は査定額に数万円の差額が出るのであれば、1ヶ月間購入を伸ばして翌年に購入しようと考えます。

しかし、言い変えるのであれば12月は車が売れない時期なので、12月に契約してくれるのであれば大幅値引きをするということです。ただし、ここで注意しないといけない点が、車を登録するまでには時間がかかるということです。

車種や在庫状況によって納車にかかる時間が異なりますので、担当営業マンにしっかりと確認をすることが大事です。

このような年末のキャンペーンは11月から展開している場合も多くありますので、同じボーナスキャンペーンや年末キャンペーンをしているのであれば、12月同様値引き額が大きくなることは確実です。

10月はちょうど決算キャンペーンが終わり、ボーナスキャンペーンや年末キャンペーンが始まる前になりますので、キャンペーン時期より大幅な値引きを期待することはできませんが、営業マンには毎月ノルマがありますので週末や月末の商談は値引きを引き出すには有効と言えるでしょう。

また週末は普段出払っている営業マンもショールームにいる可能性がありますので、自分に合った営業マンと出会える可能性も高くなります。

特に第3週目や第4週目の土日は、どの営業マンもノルマ達成のために躍起になる時期ですので、多少値引き額が大きくなったとしても売りたい気持ちが強くなります。

またキーマンである上司も営業マン同様土日は店舗にいる可能性が高いので、営業マンとの話の流れでキーマンと直接値引き交渉をすることも可能です。

交渉する際は漠然としたイメージで値引き交渉をせず、車を購入する目的や用途などを明確にした上で、なぜ値引きをしてもらわないといけないのかなど理由を明確にしておくことで、購入意欲も伝わり値引きもして貰いやすくなります。

値引き交渉はしっかりとした意思を持って挑むことが大切です!

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.