TOP > 軽自動車の値引き交渉術!(目次) > 値引き交渉の基本は、理論的に冷酷に!

軽自動車の値引き交渉の基本は、理論的に冷酷に!

車が欲しいと思ったとき、誰しもができるだけ安く買いたいと思うものです。

できるだけ安く買うためには、価格設定が安かったり、値引きキャンペーンを行っているお店を探して購入することのほか、値引き交渉によってどこまで値引きしてもらえるかという事がとても重要になります。

ここでは、値引きを行う際の基本的な姿勢と、値引き交渉を成功しやすくするために気を付けるべきこと、特に値引き交渉を行うタイミングについて解説していきます。

軽自動車は値引きをして購入するものです!

はっきり言って軽自動車は値引きをして購入するものです。

よく値引きはお店のご好意だと思っている方がいますが、少なくとも自動車業界はそういうものではありません。

見積書も値引き交渉をされても大丈夫なように、あらかじめ値引き額を見込んで、少し高く見積もりをだします。だから恥ずかしがって値引きをしてこないお客さんなんて、いいカモなんですね(^^;)

値引き交渉は、「お願い!もうちょっと負けて〜。」とセールスマンに 泣きつくようなイメージがありますが、これは何も知らない素人のやり方ですし、少しは負けてもらえるでしょうが、結局それほど値引きはしてもらえません。

セールスマンも商売ですから、何か理論的な理由がないとむやみに値引きをすることはできないのです。

わかりやすい例えは、「あそこのお店はこの額にしてくれるって言ったけど、
このお店で買いたいから負けてくれない?」と、セールスマンに言うような場合です。

【他のお店の方が安い→でも気に入ったこのお店で買いたい→だから値引きして】と、きちんと理論的に説明しているし、筋が通っているでしょ?こういう風に理論的に交渉していくと、セールスマンも値引きしやすいんです。

値引き交渉は時に冷酷さも必要!

もう1つ重要な姿勢が、冷酷に!です。

何もセールスマンを罵倒するのではないですよ(笑)

セールスマンにはいろんなタイプがいますが、仲良くフレンドリーにしてくる人が多いと思います。

しかしこのタイプに多いのが、値引き交渉をしても、「ちょっとこれで限界ですね〜。」と申し訳なさそうに言ってきます。

あなたの心の中では、「今まで親切にしてくれたし、ウソは言わないだろうから、本当にこれで限界なんだろう。これで買ってもいいかな。」という心理状態になると思います。

でもひねくれものの私は、「ウソつき。」なんて思ってしまいます(笑)本当に限界の場合もあるでしょうが、私が他で交渉してみると、もっと値引きできたりした経験が何度もあります。

だからこういう風に対応してきても、他の方が安ければ他で契約しますよという、毅然とした姿勢を示さなくてはなりません。そうすれば、セールスマンも「こいつ泣き落としは通用しないな。」と思うわけです。

まとめると、軽自動車の値引き交渉の基本は、理論的に冷酷に!ということになります(^v^)

値引き交渉を成功させるタイミング!

値引き交渉を成功させるためには、業者視点で値引き交渉をすることが大切です。第一に考えられるのは、ディーラーがいつなら安くしてくれるかを考えることです。

ディーラーが安くしてくれるタイミングには、以下のタイミングが考えられます。

値引きのベストタイミング!

  • 決算大売り出しセールがある2〜3月
  • 夏期ボーナスセールがある6〜7月
  • 中間決済セールがある9月
  • 年末大売り出しセールがある11〜12月

この中でも特に決算大売り出しセールはよいタイミングです。なぜならば、会社の業績に大きくかかわるタイミングだからです。業績がよければ株主にも良い印象を与えることができるため、値引き交渉にも応じてくれやすくなります。

同様の理由から中間決済である9月も値引きしやすくなりますが、決算大売り出しセールよりは影響が小さいです。このほか、四半期決算セールが行われることもあります。

ボーナスセールは、ボーナスをもらって財布のひもが緩んでいる客を購入に結び付けようとするセールです。そのため、いつも以上に値引きを行って買って貰おうとする場合が珍しくありません。

このように、セールのタイミングで値引き交渉をして購入すれば、いつもよりも安く買える可能性が高くなります。車が壊れてどうしようもないという場合を除けば、できるだけこのようなタイミングを見計らった方が賢明です。

値引き交渉においてはタイミングが大切であり、ディーラーに足を運ぶ前から値引き交渉は始まっているのです。

これ以外のタイミングで購入すると、値引き交渉の土台が整っていないため、業者の販売員から「もうこれが限界です」と言われてなかなか値引きしてくれないことが多くなります。そういわれると、買う側としてもこれが限界であると思って値引き交渉がしにくくなります。

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.