TOP > 軽自動車の値引き交渉術!(目次) > 本命は最後に周る!

本命は最後に周る! - 軽自動車値引き交渉

軽自動車を安く購入するには、複数店舗周って値引き幅を確認する!ことが大切だとご紹介しました。

もう1つ大切なことが、”本命は最後に周る!”ということです!

新車で軽自動車を購入する場合、ホンダ・ダイハツ・スズキなどのディーラーを周ることでしょう!いろんなメーカーの軽自動車を置いてある販売店に、足を運ぶこともあると思います。

例えばダイハツ ムーヴが欲しかった場合、ダイハツのディーラーとダイハツ車を置いてある販売店は、最後に周ることにします!

まずはダイハツ ムーブの競合車である、ホンダ ライフやスズキ ワゴンRなどを先に見に行きます。

そして本命のダイハツ ムーブとの違いを実際に確認することで、本当にムーブが本命なのか再確認することができます!

次に競合車の見積もりをとってもらいます。その際、どのくらい値引きできるのかも確認しておきましょう!

こうすることで後でムーブの値引き交渉の際、「安い方で買う。」ということが言えます。

また、他のお店をいろいろ周ってきたことを、本命のお店で言うことで、本気で車を買う意思表示もできます。セールスマンも真剣になるでしょう。

こういった理由から、本命は最後に周る!というのが、自動車をお得に購入する秘訣です(^v^)

ディーラーへ行くならキャンペーン期間に!

軽自動車の各ディーラーを巡る時はディーラーのキャンペーン期間を狙うのも車を安く買うための方法のひとつです。

各ディーラーは週末になれば、必ずどこかのディーラーがキャンペーンをやっており、大抵は新聞のチラシで告知したりDMで顧客に通達したりしています。キャンペーン中に来訪するメリットは目玉車種の購入です。

キャンペーン期間になると、ディーラーは期間中のみ販売する目玉車種を用意します。

集客のための商品なので車両本体価格を大幅に値引き、またはフルオプションで価格を安くしたりローン金利を下げたりして魅力的な車種に仕上げます。

ただし集客用といっても必ず売却できるわけではありませんし、逆に限定1台と告知しても売れる場合は何台でも用意することもあります。

この目玉車種はさすがに値引き交渉することは難しくなりますが、面倒な値引き交渉を行なわなくても安い車が手に入ると思えば高いメリットと感じることができるはずです。

ディーラーのキャンペーン中に売り出された目玉車種を購入しなくても、下取り用の車があればディーラー側は査定を希望するので、その査定を受ければディーラー側の顧客として登録され、次のキャンペーンのDM配送対象者となります。

またキャンペーン中はオイル交換などの費用も安くなっていることもあれば提携しているタイヤショップが安い商品を提供するなど、何かとユーザーに得となるサービスを行っている他、ノベルティグッズの抽選もあります。

キャンペーン中は営業マンがべったり張り付くということもないので、気軽な気持ちで欲しい1台をじっくりと見ることができます。

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.