TOP > 軽自動車の値引き交渉術!(目次) > 値引きの条件として、その場で契約を迫られた場合の対処法!

その場で契約を迫られた場合の対処法!

契約

軽自動車の値引き幅は車両本体価格が小型車や普通車に比べて低く設定してあるため、けっして大きくありません。

ディーラー系では各セールスマンの持つ値引き幅があり、いくら交渉しても一定以上の値引きはできません。

しかしセールスマンは値引き幅の限界を明かすことはしないので、ユーザーとしてはどのくらいまで値引きできるのか手探り状態となります。

そんな時、セールスマンの常套句となるのが「この場で契約してくれたらこの値引き額で決めさせていただきます」というセールストークです。

果たして、本当にこの常套句が出た時は値引き幅が限界なのか、こちらのページでは常套句が出た時の対処法を紹介します。

その場で即決は罠!

どこのお店のセールスマンもよく使う常套手段として、「今この契約を決めていただけたら、この値引きでさせていただきます!」という文句があります。

「その値引き額を飲むから、今契約してくれ!」という交換条件です。

しか〜し!だまされてはいけません!

この場で決めてしまうと、後で後悔する可能性が高いです!

なぜなら、口では値引き限界額だと言っても、ただ言っているだけで、本当はまだ値引きできる余地がある場合が多いからです!

私の経験談をお話いたしますと、ある本命にしていたお店で、「今決めていただけたら、この値引きでさせていただきます。」と言われました。

しかしその場は断って、別のお店で見積もりをとってもらうと、本命のお店よりも安い値段になりました。

その後本命のお店に行き、別のお店の見積もり額を知らせると、結局さらに値引きしてもらえました(笑)

そのとき私は心の中で、「前より安くなってんじゃん!」と、思わず叫んでしまいました(笑)

このとき痛感したのが、セールスマンの「今決めてくれなきゃ、この値引きはできない。」は、やっぱりウソなんだなと思いました。

世の中汚いですね〜(^^;)

こういった理由から、値引きの条件として、その場で契約を迫られた場合でも、絶対に即答は避けましょう!

その際のこちらの言い分としては、自分以外の人を引き合いにだすと効果的です。

例えば、「家族と相談してからまた来ます。」や「妻が別の車の方がいいと言っていたので、そっちも検討してみる。」という風に、自分以外の人のせいにしてしまいます(笑)

こう言ってしまえば、セールスマンも何もいえなくなってしまいます。その場に家族や妻はいませんから(笑)

以上が、値引きの条件として、その場で契約を迫られた場合の対処法! になります(^v^)

特選車はスピード勝負の時がある!

「今、この契約を決めていただけたら、この値引きでさせていただきます!」とは、確かにディーラーのセールスマンが使う常套句ではありますが、状況によっては、その場で本当に決めた方がいいケースもあります。

その一例がディーラーのイベントによる「特選車」です。ディーラーは期末やボーナス月になると販売促進としてイベントを開催、その客寄せとして目玉商品となる特選車を限定販売します。

車両本体価格を予め低めに設定したり、金利を通常よりも下げたりしてユーザーの興味を引くわけですが、その特選車に関してはすでに値引きをした価格設定になっているので、その価格よりも下げることは難しくなります。

しかし、せっかく目玉商品となった特選車が販売できなければディーラーとしてもイベントを行った意味がなくなってしまうので、セールスマンとしてはなんとか販売したいのが実情です。そこで若干の値引きを加え、イベント中に売却できるように常套句を使うわけです。

こういった特選車の場合、セールスマンも興味を持ったユーザーにセールスをかけるので、交渉にあまり時間をかけると他のユーザーに先を越されてしまい、せっかくの好条件を逃すことにもなりかねません。特選車を購入する時は早めの決断が必要です。

ただし、セールスマンの常套句をそのまま鵜呑みにするのは特選車といっても賢い選択ではありません。値引き額はかなり限界に近いのでそれ以上は無理だとしても、物理的な実質値引き、ディーラーオプションの装着やオイル交換といったサービスを付帯させることにより、特選車をさらに好条件で購入することができます。

またローンで購入する場合は金利を少しでも下げる交渉も忘れないようにしてください。

1位の中古車検索サービス

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

1位の車査定サービス

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売るためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2018 Freeb Inc.