TOP > 軽自動車のOEM車【相関図・軽自動車OEM供給一覧】

軽自動車のOEM車【相関図・軽自動車OEM供給一覧】

ワゴンRとフレア

自動車業界には、OEMモデルという車種が存在します。

軽自動車業界では特に盛んで、スズキの有名な軽自動車といえばワゴンRですが、中身はほとんど同じで、メーカーエンブレムだけ変えたものが、マツダからフレアという車名で販売されています。

OEMモデルをなぜ作るかというと、いろいろな理由がありますが、マツダ(供給先)としては、莫大な開発費用をかけなくても、自社ブランドの軽自動車が手に入るというメリットがあります。

逆にスズキからすれば、自社で製造する軽自動車の販売ルートが増えることと、マツダからのロイヤリティ(契約料)も入るなど、お互いにメリットがあります。

以上のような理由から、特に軽自動車では盛んにOEMモデルが販売されています!OEMモデルはたくさんありすぎますので、わかりやすいように、下記の表でまとめてみました!

軽自動車のOEM供給元・供給先・メーカー名・車名

供給元 車名   供給先 車名
スズキ アルト マツダ キャロル
ハスラー マツダ フレアクロスオーバー
エブリィ マツダ スクラムバン
三菱 ミニキャブバン
日産 NV100クリッパー
エブリィワゴン マツダ スクラムワゴン
三菱 タウンボックス
日産 NT100クリッパーリオ
MRワゴン 日産 モコ
キャリィ 三菱 ミニキャブトラック
マツダ スクラムトラック
ジムニー マツダ AZ-OFFROAD
パレット 日産 ルークス
マツダ フレアワゴン
スペーシア マツダ フレアワゴン
ワゴンR マツダ フレア(旧AZワゴン)
ダイハツ アトレーワゴン スバル ディアスワゴン
タント スバル シフォン
タントカスタム スバル シフォンカスタム
タントエグゼ スバル ルクラ
ウェイク トヨタ ピクシスメガ
ハイゼットカーゴ トヨタ ピクシスバン
ハイゼットトラック トヨタ ピクシストラック
スバル サンバートラック
ミラ スバル プレオ
ミラ イース トヨタ ピクシスエポック
ミラバン スバル プレオバン
ムーヴ スバル ステラ
ムーブコンテ トヨタ ピクシススペース
ハイゼットカーゴ トヨタ ピクシスバン
ハイゼットトラック トヨタ ピクシストラック
ミライース トヨタ ピクシスエポック
ムーヴコンテ トヨタ ピクシススペース
三菱 ekワゴン 日産 デイズ
ekスペース 日産 デイズルークス
ミニキャブトラック 日産 NT100クリッパー
ミニキャブバン 日産 NT100クリッパー
eKワゴン 日産 オッティ

以上のように、各メーカーさまざまなOEMモデルが存在します。

特に、軽自動車の2大メーカーである、スズキダイハツは、ダントツのOEM供給元となっています。ワゴンRやムーヴは売れまくっている軽自動車ですので、そりゃあ他メーカーも欲しいはずです。

逆に、ホンダだけは、どこにも供給していませんし、どこからも供給されていないので、OEMモデルを持っていません!OEMはメーカーによって独自の考え方を持っています。

ちなみに、トヨタ・日産・スバルでは、現在自社で製造している軽自動車は1台もありません!

つまり、この3社の軽自動車は、すべて他メーカーが製造しているOEMモデルとなります。

OEMは中古車になるとかなりお得になる!

上表の通り、軽自動車は各メーカーでOEMが非常に盛んです。

現在、3台に1台は軽自動車というほど軽自動車が普及している中、自社で軽自動車を製造しているメーカーは他メーカーにOEM供給して利益を増やそうとしますし、自社で軽自動車を製造していないメーカーは、OEM車をラインナップとして持つことで、ユーザーのニーズに答えようとします。

ここで重要なことは、OEMは一般の方にあまり知られていない!ということです。

ダイハツのタントっていう軽自動車をご存知でしょうか。

タント

室内空間が広く使い勝手が良いので、若者、ファミリーなど幅広いユーザーに受け入れられ、大変良く売れています。有名ですね。

タントのOEM車というと、スバルのシフォンです。

シフォン

どなたかこの車種ご存知ですか?私は知っていますが、スバルユーザーでも知っている方は少ないと思います。

テレビCMなんかでもタントはよく目にしますが、シフォンのCMは見た記憶がありません。

OEM車はメーカーとしては積極的に売りたい車種として持っているのではなく、お店に来たユーザーに、「軽自動車も欲しいな〜。」と言われたときに、自社にもありますと言いたいがために持っているものです。

ですので、積極的に売るものではないんです。だからCMでもあまり見ないということです。

あまり知られていないということは知名度が低いということなので、中古車になった場合に、あまり欲しい人がいないということを意味します。そもそも知らない車種なので探さないんです。

あまり欲しい人がいない中古車は価格がどんどん下がっていきます。同じ価格であればみんな有名なタント買いますもん。だから、シフォンはお得になります。

新車の場合はOEM車も若干安いか同じくらいの値段なのですが、中古車になったとたん、OEM車というのは非常に値段が下がりやすいのです。

OMEはいわばメーカーバッジを変えただけのものですから、性能や機能的には全く同じものが安く買えるということなのです。

知名度が低いということさえ気にしないのであれば、OEM車は中古車市場でとても良い選択肢になるということを覚えておきましょう!

中古車見積もりは外せない!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.