TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > 三菱 eKスペースとダイハツ タント徹底比較!

三菱 eKスペースとダイハツ タント徹底比較!

三菱・ekスペース ダイハツ・タント

三菱のekスペースは日産との共同出資による合弁会社、NMKVがekワゴン(日産で販売されている同車種はデイズという名称)に次いで開発したスーパーハイトワゴンです。

ekワゴンの上質路線を引き継ぎながらも、購買層が小さい子供のいる家族なので、ユーティリティ性を高めていることが特徴です。

こちらのページではスーパーハイトワゴンで販売台数の首位を堅持しているダイハツのタントとエクステリア、インテリア、安全性について徹底比較を行います。

NMKVのスタイリッシュなデザインを継承するekスペース!

ekスペースのリアビュー タントのリアビュー
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1775mm
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1750mm

ekスペースは2014年2月に発売されました。ネーミングのekとは「いい軽」という日本語の語呂と「excellent K-car」という英語表記の頭文字を取ってつけられました。

やや強引なネーミングではありますが、エクステリアはフロントマスクをekワゴンと同じようなデザインにして統一感を持たせ、キャビン部はこれまでのスーパーハイトワゴンには見られない造形を巧みに取り入れて洗練されたフォルムとなっています。

ボディサイドにはフロントピラー近くまで回り込んだヘッドライトカバーから続くスリットと、フロントフェンダーのエンド部分からリアフェンダーに向かって伸びていくスリットが、ベルトラインから下をエレガントに演出、ピラーをすべてブラック塗装にしてルーフを浮かせたように見せ、開放感を高めています。

特にリアエンドのクォーターガラスはハッチバックのウィンドウと視覚的に一体化させており、バンパーのグラマラスな形状と合わせて後方から見た時のスタイリングにも気を配っています。

3代目となる現行車のタントは2015年12月にマイナーチェンジを行いましたが、主な変更点はタントカスタムに集中しており、タントのエクステリアに大きな違いはなく、ボディカラーの新色が追加されたこと、その新色に合わせたホイールキャップがつくことだけです。

タントは小さな子供のいる家族を訴求対象としていることからエクステリアのデザインは万人受けするスタンダードなフォルムとなっており、ekスペースに比べるとやや平凡な印象を受けます。

小さな子供がいる家族でもスタイリッシュに乗りたいのであればekスペースがお勧めです。

センターピラーレスのミラクルオープンドアは大きな魅力!

ekスペースのインテリア タントのインテリア
車内長:2235mm
車内幅:1320mm
車内高:1400mm
車内長:2200mm
車内幅:1350mm
車内高:1365mm

インテリアでもekスペースはekワゴンの上質さと快適性を引き継いでいます。特に後部席の背もたれは厚みを持たせて大人が長時間座っていても疲れを軽減させる設計であることに加え、座面前方を盛り上げてふくらはぎを包むデザインになっており、オットマンのような効果が得られます。

小さな子供や主に運転する主婦への装備も充実しています。リアシートのスライド幅は260mmあるので小さな子供をチャイルドシートに乗せた時、前方へスライドさせれば運転席や助手席から手の届く範囲に子供を寄せることができます。

その他の機能としては後部席に風を送って空気を循環させるリアサーキュレーター、高い遮光性能で日差しから乗員を守るサンシェード、子供が飲み物や食べ物をこぼした時でも掃除が簡単な撥水シートなどをグレードによって装備しています。

家族思いの装備ではタントもekワゴンに引けを取りません。センターピラーレスのミラクルオープンドアはサイドに大開口部を生み出すので乗降が容易になるだけでなく、荷物の積載も便利になります。

助手席の380mmスライド幅を利用して前方に動かせば、後部席との間に895mmのフロア長が生まれます。

ベビーカーを折りたたまずにそのまま積載することもできますし、27インチ自転車を大開口部から乗せることも可能になります。

また助手席で子供が寝てしまった時のために運転席から助手席をリクライニングできる助手席シートバックレバーを装備するなど、小さな子供に配慮した装備が充実しています。

タントのスマアシUは先進安全車プラスを獲得!

ekスペースのFCM-City タントのスマートアシストU
フロントウインドウ上部のレーザーレーダーで前方の障害物を検知して警告や自動ブレーキを働かせる。 単眼カメラとレーザーレーダー、さらに後部のセンサーで障害物と人物を検知する。

安全面では両車ともに衝突被害軽減システムが設定されていますが、ekスペースのFCM-Cityシステムは前方の障害物だけに反応することに対し、タントのスマートアシストUは前方の人物や後方の障害物にも反応する特徴を持っています。

軽自動車の衝突被害軽減システムの多くはフロントガラス上部に備え付けられたレーザーレーダーで障害物を検知しますが、タントはフロントガラス上部に単眼カメラを設置、これで前方の人物を検知し、フロントのラジエーターグリル内にレーザーレーダーを設置して障害物を検知します。

また後方にはソナーセンサーを設置しているので、シフトレバーを誤ってリバースに入れてアクセルを踏んだ時でも、障害物が後方にある場合は急発進を抑制します。

自動車事故対策機構が行う予防安全性能アセスメントでは、タントのスマートアシストUの優れた予防安全性能に対し、最高ランクの「先進安全車プラス(ASV+)」を与えています。

まとめ

タントのミラクルオープンドアと広いフロア長は、小さな子供のいる家庭のカーライフで、あらゆる面で活躍します。したがって子供を優先するカーライフであればタントに絶対的な優位性があります。

逆に子供がある程度大きくなって家族で移動することが多いという人であれば、車内の快適性を重視しているekスペースの方が最適な1台だといえます。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.