TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > スズキ スペーシアとホンダ N BOX徹底比較!

スズキ スペーシアとホンダ N BOX徹底比較!

スペーシア N-BOX

全高1.7mを超す軽自動車をスーパーハイトワゴンと呼びますが、このジャンルで圧倒的な人気を誇っているのがダイハツのタントで、猛追しているのがこちらのページで紹介するスズキのスペーシアとホンダのN-BOXです。

スーパーハイトワゴンのメリットはファミリー層のファーストカーとしての装備を十分に備えていることです。スペーシアとN-BOXの車内空間、ユーティリティ性能、燃費効率について徹底比較を行います。

両車ともタントを追従すべく開発されたトールワゴン!

スペーシアの車内空間 N-BOXの車内空間
車内長:2215mm
車内幅:1320mm
車内高:1375mm
車内長:2180mm
車内幅:1350mm
車内高:1400mm

トールワゴンではワゴンRを開発、現在でも他車のベンチマークとなるほど完成された車種を販売しているスズキですが、スーパーハイトワゴンではダイハツのタントに大きく遅れを取りました。そのハンディを跳ね返すべく開発されたのがスペーシアです。

ホンダは会社設立当初から軽自動車を製造販売していましたが、小型車や普通車に開発の主眼を置いたため、軽自動車の新型に関する開発が遅れ、販売台数が落ち込みました。その逆境を跳ね返すべく、いきなり軽自動車でもっとも売れているジャンルであるスーパーハイトワゴンにN-BOXを投入しました。

どちらもダイハツ・タントの牙城を崩し、スーパーハイトワゴンのユーザーを引き込むことを目的としているだけに、車内空間やユーティリティ性能、走行性能は軽自動車の中でもトップクラスの特徴を持っています。

まずは車内空間の広さを比較します。家族4人が乗車しても狭さを感じない空間がスーパーハイトワゴンの条件だけに両車とも広さをアピールしています。

スペーシアの車内長は2215mm、車内高は1375mm、さらに後部席を左右独立とし、スライド幅をたっぷり170mmに設定しているので大人が後部席に座っても足元に大きな余裕ができます。

N-BOXは車内長が2180mm、車内高が1400mmとスペーシアを上回っており、現在の軽自動車でトップクラスの広さを持っています。とくに車内高は小型車のミニバンクラスで、慎重125cm以下の子供であれば立ったまま着替えができます。

また前部席との間隔も広く、身長175cmの大人が座って足を組んでも、まだ足元に余裕があります。

両車とも積載能力とユーティリティに工夫!

スペーシアのバックドア開口部 N-BOXのスライドドア開口部
開口高:1110mm
最大開口幅:1130mm
開口地上高:535mm
幅は640mmと広く、後部席座面が跳ね上がるのでサイドから大きい荷物を積める。

スーパーハイトワゴンはファーストカーなので乗員の快適性だけでなく積載能力も重要なポイントです。

軽自動車はボディサイズが規格で決まっているので、車内のユーティリティ性能を高め、車内空間を乗員だけでなく荷物も積めるようにアレンジできることが求められます。言ってみれば日本の昔、居間が食堂になったり寝室になったり、というような工夫です。

シートアレンジは両車とも互角です。前部席を後倒させてフルフラットな空間を作ることもできれば後部席片側だけを前倒させ、3人乗車で長い荷物も積載可能です。

このシートアレンジはトールワゴン、またはスーパーハイトワゴンで完成された領域にあり、各メーカーとも現在以上のシートアレンジは開発されていません。

各社ともユーティリティ性能と積載性能に関しては、いかに簡単に、安全に積載できるかを焦点としており、スライドドアの開閉幅やバックドア開口部の大きさで差異化を図っています。

スペーシアはバックドアの開口部を広げ、後方から27インチの自転車を無理なく積める設計にしています。荷室開口部は1110mm、荷室開口幅は最大部分で1130mmあり、荷室開口高はわずか535mmしかないので、自転車の前輪をわずかに持ち上げるだけで荷室に収納できます。

N-BOXは後部席のスライド幅をスペーシアよりも大きい190mmに設定、さらに後部席背もたれを前倒させて荷室床とのフラットスペースを作るだけでなく、座面を跳ね上げ式にしたことで640mm開くスライドドア側から大きな荷物、背の高い荷物を積める設計にしています。

また荷室床にはラゲッジアンダートレイを設置、深さは100mmしかありませんが、雨の日に備え、傘を常備として収納するなど、いろいろな使い道が考えられます。

燃費効率はスペーシア、走行性能はN-BOX!

スペーシアのエンジン特性 N-BOXのエンジン特性
最高出力:38kW(52PS)/6500rpm
最大トルク63N・m/4000rpm
JC08モード32.0km/L(ただしモーターの出力とトルクを除く)
最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
最大トルク65N・m/4700rpm
JC08モード25.6km/L

燃費効率に関してはスペーシアがリードしています。

N-BOXはホンダがF-1レースで培った技術をフィードバックした直列3気筒DOHCを搭載、JC08モードで25.6km/Lをマーク、アイドリングストップや車全体の動きを燃費優先にするECONスイッチ、エコな運転をするとメーターの照明がグリーンに変わるエコインジケーターなどを装備していますが、スペーシアは軽自動車で初となるハイブリッドシステム、Sエネチャージを搭載、JC08モード32.0km/Lを記録しています。

これはダイハツのタントをしのぐ燃費効率で、スーパーハイトワゴンではトップとなっています。

まとめ

両車とも車内空間やユーティリティ性能では甲乙つけがたい存在ですが、決め手とするならば走行性能です。燃費効率では差をつけられたN-BOXですが、自然吸気エンジンでは軽自動車でトップクラスの最高出力43kW(58PS)/7300rpm、最大トルク65N・m/4700rpmを発揮します。

しかも回転域がいずれも高いので、エンジンの吹け上がりを楽しむこともできます。燃費効率ならばスペーシアですが、運転の楽しさで選ぶならN-BOXです。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.