TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > スズキ ワゴンRスティングレーとムーヴカスタム徹底比較!

スズキ ワゴンRスティングレーとムーヴカスタム徹底比較!

ワゴンRスティングレー ムーヴカスタム

軽自動車のトールワゴンやスーパーハイトワゴンは小さな子供のいる家庭が主な訴求対象となっていることから若年層男性を取り込むことができません。

軽自動車は小型車や普通車に比べて価格が低く設定されているので、本来は若年層男性のエントリーカーに最適なのですが、若年層男性が好みそうなモデルを最初から開発するのはコストが高くかかってしまいます。

そこでメーカー側は既存のモデルにエアロパーツを取り付け、ビビッドなボディカラーを用意、若年層男性向けの派生モデルを作り出しました。それがカスタム系です。

こちらのページではトールワゴンで人気のあるワゴンRスティングレームーヴカスタムのカスタム系をエクステリアやインテリア、走行性能について徹底比較を行いました。

フロントバンパーを巨大化してアグレッシブな顔にしたムーヴカスタム!

ワゴンRスティングレー ムーヴカスタム
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1660mm
ホイールベース:2425mm
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1630mm
ホイールベース:2455mm

ワゴンRのカスタム系であるスティングレーは元車のワゴンRがシャープなフォルムを持っており、若年層男性でも違和感なく乗れるデザインだったことからエクステリアに大きな違いはなく、フロントマスクだけをアグレッシブに変更しています。

ヘッドライトの面積を小さくしてアッパーグリルと一体化、バンパー下部のロアグリル面積を大きく取り、その両サイドにフォグランプとバンパーラインを際立たせるLEDが設置されています。

その他では、細かい点ですがエアロパーツとしてサイドスカートやリアエンドにスポイラーが装着され、シルバーメタルのメタルガーニッシュをハッチバック下部に装飾しています。

ボディカラーも基本的にワゴンRを踏襲しており、新たに追加されたのはフェニックスレッドパールだけです。

ワゴンRに設定されていたムーンライトバイオレットメタリックパールなどはむしろスティングレー向きの色調であり、中古車市場では確実に高値で売却できるカラーリングといえます。

ムーヴのカスタムも基本的なボディフォルムに変更はありませんが、前後のバンパーとフロントマスクを大幅に変えることによって大胆なイメージチェンジを行いました。

ワゴンRに比べるとムーヴはボディ形状にエッジが少なく女性的なフォルムをしていましたが、一気に押し出しの強いトールワゴンとなり、若年層男性が好みそうなスタイリングとなっています。

ムーヴはタイヤハウスを張り出させてブリスターフェンダー風にしていましたが、ムーヴカスタムはその張り出したフェンダーとバンパーを一体化させました。

フロントはバンパーコーナーを直角にしているので前面投影面積が大きくなり、軽自動車とは思えないほどの迫力を醸し出しています。

さらにアッパーグリルをシルバーメッキで装飾、ロアグリルをブラック塗装して面積を大きく取り、釣り上がったヘッドライトカバーはランプ周囲にLEDライトを配備して攻撃的なフロントマスクに仕上がっています。

インパネ回りはどちらもブラックとシルバーで統一!

やや立体感に欠けるワゴンRスティングレーのインパネ回り 立体的で高級感のあるムーヴカスタムのインパネ回り
車内長:2165mm
車内幅:1295mm
車内高:1265mm
車内長:2080mm
車内幅:1320mm
車内高:1280mm

インテリアはどちらも元車のパーツを流用、ブラックで統一しただけに留まっており、ユーティリティ性能も元車と変わるところがありません。

ただし、ワゴンRのインパネ回りは元々、シルバーグレイ1色でまとめられ、しかも平面的だったのでブラックにシルバーモールで加飾しても違いが明確に出ていませんが、ムーヴはアイボリーとブラックのツートーンだったため、アイボリー部分をブラックにしてシルバーモールを追加すると高級感が強まり、立体感のあるヨーロッパ車並のハイセンスなデザインに生まれ変わっています。

パドルシフトで7速マニュアルモードを楽しめるワゴンRスティングレー!

ワゴンRスティングレー ムーヴカスタム
ワゴンRスティングレーのパドルシフト。CVTの回転域を7速に分割、任意の回転域でシフトチェンジが楽しめる。 ムーヴカスタムはステアリングのスイッチで回転域を上げ、スロットルを高開放して加速力を上げる。またサスペンションも強化。

カスタム系は派生車種なので元車と走行性能が大きく変わるわけではありませんが、トランスミッションの一部を変更したりサスペンションのチューニングをしたりして差異化を図ることができます。

ワゴンRスティングレーは無段変速機CVTに回転域を限定させる7速マニュアルモードを設定、シフトレバーをMレンジに入れると任意で回転域を変更できるシステムを装備しています。回転域を変更させるのはステアリングに設置されたパドルシフトなので、レーシングカーの雰囲気が味わえます。

ムーヴカスタムはよりスポーティな改良を行っています。ステアリングに装備されているパワーモードスイッチをオンにすると、エンジンの回転数を上げると同時にスロットルを高開度に制御、加速感を増大させるアシスト切替ステアリングスイッチを設けた他、コイルスプリングやショックアブソーバー、ロアアームブッシュなどサスペンションをカスタム専用にチューニング、スポーティな走行でも安定した挙動を持たせる工夫が施されています。

まとめ

元車との差異化を図り、よりアグレッシブなタイプを求めるならムーヴカスタムがお勧めです。

ボディカラーもナイトパシャドーパープルクリスタルメタリックやファイアークォーツレッドメタリックなど(まるでアニメに登場する必殺技のようなネーミングですが)カスタム系専用色もあり、アクの強さをアピールできます。しかし、それほど派手な男性向け車種は必要ない、という人も多くいるはずです。

そういった人たちにとってワゴンRスティングレーはカスタム系として貴重な1台となります。

中古車見積もりは外せない!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.