TOP > 軽自動車徹底比較(目次) > 日産 デイズとダイハツ ムーヴ徹底比較!

日産 デイズとダイハツ ムーヴ徹底比較!

日産・デイズ ダイハツ・ムーヴ

全高1.6〜1.7mの軽自動車をトールワゴンと称しますが、このジャンルで激しく上位を競っているのが日産のデイズとダイハツのムーヴです。

2015年4〜9月の通称別新車販売台数を見ると、デイズが総合で3位、ムーヴが4位という結果になっています(一般財団法人全国軽自動車協会連合会調べ)。

こちらのページでは上位を争うデイズとムーヴのエクステリア、インテリア、操縦性について徹底比較を行います。

エクステリアのキャラクターラインで差をつけるデイズ!

デイズのエクステリア ムーヴのエクステリア
彫りの深いキャラクターラインがボディサイドのアクセント。
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1620mm
キャラクターラインは入っているものの彫りが浅く平坦なイメージ。
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1630mm

トールワゴンのジャンルはスズキのワゴンRが切り拓き、ダイハツがムーヴで追従してから一気に市場拡大しました。

それまでの軽自動車のスタンダードだった2BOXハッチバックに比べて、車内空間、ユーティリティ性、操縦性のすべてで上回った機能を持っていることから2BOXハッチバックに代わってスタンダードな存在になり、その基本設計は小型車や普通車のミニバンにも取り入れられるようになりました。

トールワゴンの魅力はオールラウンドな用途に対応できる性能を持っていることですが、軽自動車のボディサイズと排気量の規格に合わせて設計すると、どの車種も似たようなデザインになってしまい、コストを下げる目的もあって実用性が優先されます。

日産のデイズはトールワゴンの中で最後発であったため、ライバル車との差異化が必要だったことから、あえて実用性優先ではなくデザイン性を重視して開発を行いました。

それが実用性優先モデルを敬遠していたユーザー層にぴったりとマッチ、2013年の販売開始と同時に予約が殺到し、わずか8ヶ月半で月販目標台数の1年分を消化しました。このハイペースは、歴代の日産車の中でもトップの受注ベースといわれています。

デイズのエクステリアで目を引くのはボディサイドの3本のキャラクターラインです。

フロントフェンダー下部からリアフェンダー上部に向かって1本、フロントフェンダー上部からリアのコンビネーションランプに向かって1本、さらにヘッドライトカバーからサイドミラーまで小さく1本入っており、平坦になりがちなボディ側面に大きな躍動感を与えています。

キャラクターラインは見た目美しいのですが、本数を増やすほど製造工程が難しくなり、コストが上がります。

外国の高級車では、必ずといっていいほど個性的なキャラクターラインが入れられていますが、国産の高級車はもちろん、軽自動車でキャラクターラインを入れられないのは製造工程の難しさとコストによるものです。

デイズに比べるとムーヴのボディサイドは、前後のフェンダー回りとサイド下部にキャラクターラインが入っていますが、彫りが浅く、やや平坦なイメージは否めません。

ただし、ムーヴは万人受けする総合性能を意図しているので、デザインの方向性の違いという一面もあります。

快適性では優るもののユーティリティ性はムーヴが上回る!

デイズのインテリア ムーヴのインテリア
シックなツートーンでまとめられたシートも選べる。
車内長:2085mm
車内幅:1295mm
車内高:1280mm
シートアレンジではデイズよりも高いユーティリティを持つ。
車内長:2080mm
車内幅:1320mm
車内高:1280mm

デイズは日産と三菱が共同出資して立ち上げた合弁会社、NMKVによって開発されました。両社のノウハウを軽自動車に活かすことを目的としており、インテリアは普通車の上質感をたっぷりと取り入れています。

特にシートのすわり心地といった数値的に表れない部分にきちんと力を注いでおり、後部席も含めて長時間の運転でも疲れにくいシート形状と厚さに設計されています。

しかしシートの乗り心地を重視したためか、シートアレンジは一般的なトールワゴンと違い、前部席のヘッドレストを外して後倒させてもフルフラットの空間を作ることができず、後部席は左右一体化のベンチシートです。

背もたれは分割式で前倒できるので、ラゲッジルームの使い勝手は他車と変わりありませんが、4人乗車の際、後部席2人が好みのポジションを取れないというデメリットがあります。

ムーヴは後部席が左右独立であることに加え、ラゲッジルームには床下に大容量深底のアンダーボックスを設置しているので、背の高い荷物を積載することも可能です。車内の快適性はデイズが優勢ですが、ユーティリティ性に関してはムーヴが上回っているといえます。

運転が苦手な人でもラクに縦列駐車ができるアラウンドビューモニター!

デイズのアラウンドビューモニター ムーヴのスマートアシストU
車体四隅のカメラで4つのアングルをディスプレイに映し出す。 合計3つの検出装置で障害物や歩行者との衝突回避を支援する。

女性が乗る機会も多いデイズは、駐車の苦手な人のためにアラウンドビューモニターを設定しました。

これはシフトレバーをリバース(後退)に入れると、自動的に車の四隅に配置した高性能カメラが周囲の状況を撮影、ルームミラーのモニターに上空から車を見るようなアングルで映し出す機能です。車の前後左右をすべて見渡せるので、難しいと感じられる縦列駐車の安全性をサポートします。

ムーヴは衝突回避支援システムで、軽自動車の中ではもっとも進歩的といわれるスマートアシストUを設定しています。

フロントガラス上部に単体カメラ、フェンダー内にレーザーレーダー、後部にソナーセンサーと3つの検知装置を備え、障害物だけでなく歩行者との衝突回避も支援するシステムです。

このスマートアシストUは、JNCAP予防安全アセスメントで予防安全評価最高ランクとなる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しました。

まとめ

デイズの魅力は、なんといってもエクステリアのデザインにあります。日常的に軽自動車を使いたいけれどスタイリッシュに乗りたいという人であればデイズは最適の1台です。

そこまでスタイルにこだわるわけではなく、むしろ実用性を優先したいという人であれば、ムーヴはその期待に十分応えてくれる車種であることは間違いありません。

軽自動車選びで外せないのが
中古車見積もり!

最近の軽自動車は車体価格が普通車並みに高くなっていますので、保証付きの優良中古車を選ぶ方が増えています。

新車を検討している方も、比較のために1度は中古車見積もりをとっておくことをお勧めいたします(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

⇒ 中古車見積もりは3分!すぐにガリバー が条件に合う軽自動車を探してくれます!

車は買う時だけでなく
売るときも大事!

車を購入するお店でそのまま車を「下取り」にだすと、下取り価格を高くする代わりに値引額を下げられますので結局をします。

軽自動車を最も高く売って最も安く買うためには、複数の買取業者に見積もりをとって買取価格比較することが大切です!

⇒ 一括査定は3分で終わります。軽自動車・普通車・人気車・不人気車・古い車・不動車など、すべての車に価値があります。

ページの1番上へ戻る

© 2009-2017 Freeb Inc.